プロフィール

LAKEPOLICE

Author:LAKEPOLICE
京都発のオートキャンプと山登り、スキーや子育て遊び場などアウトドアの記録です。グッズの紹介も。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

ボクんちのすきなこと♪
山登りにキャンプにスキーに・・・季節のアウトドアを満喫しよう!
真っ青な空と新緑の竜ヶ岳
平成29年6月19日(月) 快晴

近畿地方が梅雨入りしてからかれこれ2週間・・・
初日に降って以来、全く雨の降らないカラっ梅雨が続いていましたが・・・

そんな、初夏の晴天の中、ヤマノボリに行ってきました!

子ども達を学校に送り出してからの出発で、日帰り登山ができるところということで、
今回は、コチラ。鈴鹿セブンマウンテンの一つ、竜ヶ岳です。

午前8時半過ぎに京都を出発。ところが、名神高速で事故渋滞の案内が・・・
いきなりのアクシデントに見舞われ、宇賀渓の登山口駐車場に到着したのは午前10時を過ぎていました。

それでもまぁ、気を取り直して・・・

駐車場は、普通車500円。これで乗車員の環境協力費を含むそうです。
170619-102218竜ヶ岳001 
案内所で登山届けを提出し、登山道のマップを頂いて、いざ、出発です!


しばらく、コンクリート舗装された林道を緩やかに登って行くと・・・
170619-104016竜ヶ岳002 
竜の雫と名付けられた水場がありました。
途中にあった永源寺ダムには殆ど水がありませんでしたが、ここの湧き出す水量は結構あります。
170619-104614竜ヶ岳003 
さらにしばらく進むと、遠足尾根登山口。
ここから、本格的なヤマノボリの始まりです。


延々と続く杉林の急登・・・
170619-112617竜ヶ岳004 
そこを超えると、岩の壁。

そして、現れたのは、ちょっとした岩山。
170619-112803竜ヶ岳005 
岩山頂上展望台からの見晴らしは、なかなかのモノでした。


さらに、尾根までの急登で、高度をどんどん稼ぎます。
170619-114920竜ヶ岳006 
視線をあげると、目指すべき竜ヶ岳の山頂が見えてきました♪


急登を制覇して稜線に出ると、一気に視界が開けます。
170619-120702竜ヶ岳007 
気持ちのいい空中散歩。
170619-121754竜ヶ岳008 
青空と新緑を楽しみながらの稜線歩きです。
170619-122429竜ヶ岳009 

竜ヶ岳に登る登山道はいくつかあるようで、稜線には分岐を示す案内板が所々に立っていました。
170619-124418竜ヶ岳010 

稜線のクラ部。標高1,030メートルです。
170619-124911竜ヶ岳011 
ここから、竜ヶ岳にかけて、笹の間、アン部と続きます。
クラとアンは馬の背に例えてあるんでしょうか?

見下ろすと、鹿の群れ!
170619-125149竜ヶ岳012 
全部で、50頭くらいはいるのかなぁ・・・
なんだか、好き勝手にのんびりやってるようです。


静ヶ岳につづく分岐を過ぎて・・・
170619-125227竜ヶ岳013 
竜ヶ岳山頂までの空中散歩。
振り返ると・・・
170619-130742竜ヶ岳014 
藤原岳がその全体像を見せてくれていました。


さぁ、山頂まであと少し・・・
170619-130749竜ヶ岳015 

竜ヶ岳登頂!
170619-130817竜ヶ岳016 
標高1,099.6メートル制覇です♪
かなり風が強いですが、見渡せば360度の大展望!

東の方には、乗鞍岳や御嶽山と思われる山影もうっすらと・・・
北の方には、これまたうっすらと白山らしき山影も見えました。
170619-134722竜ヶ岳017 
南方面には、御在所岳も見えているはず・・・
山座同定は難しいです(>_<)


休憩の後に、下山です。
下山は、石榑峠方面へ。

山頂からまもなくの地点で、グライダーを飛ばしておられる方がおられました。
170619-135805竜ヶ岳018 
なんと、エンジン等の動力はありません!
ラジコンで操舵し、風のみで飛ばしておられます。
170619-135814竜ヶ岳019 
なんとも素敵な大人の道楽です。
うらやましい~


石榑峠方面にしばらく下ると、重ね岩。
尾根筋にそびえ立つ岩の集合体です。
170619-142326竜ヶ岳020 
登ってみましたが・・・見晴らしよりも強風で恐怖が倍増!
てっぺんでは足がすくんで立っていられませんでした。
170619-142417竜ヶ岳021 
石榑峠方面の展望を楽しみながら、下って行きます。
170619-145259竜ヶ岳022 
滑りやすい花崗岩の岩を乗り越えて・・・

石榑峠に到着!
170619-150002竜ヶ岳023 
滋賀県側からは、ここまで車で上がってくることができます。
ここからだと、竜ヶ岳山頂まで1時間半ほど。
お手軽ですね~♪


宇賀渓の駐車場まで、先ははまだまだ長く・・・
舗装された林道をしばらく進むと、長尾滝方面への分岐。
170619-151507竜ヶ岳024 
長尾滝方面へ、渓流沿いを下って行きます。
170619-152416竜ヶ岳025 
このコースは、渓流を何度も渡りながら進みます。
170619-154049竜ヶ岳026 
この強烈な階段を下ると・・・

長尾滝!
170619-154444竜ヶ岳027 
これは、素晴らしい!
時間的に太陽が西に傾いており、
ちょうど、太陽から滝が流れ落ちているような素敵な滝の姿が見られました♪
170619-154842竜ヶ岳028 
このコースでは、他にもたくさんの滝が見られます。

でも、このコースを乗り切るには、慎重さとちょっとした度胸が必要です。
170619-155209竜ヶ岳029 

切れ落ちた岸壁沿いのルートがあったり・・・
 170619-155956竜ヶ岳030 

落ちそうな木の橋を渡ったり・・・
170619-160132竜ヶ岳031 
なかなか一筋縄ではいかない楽しいコース♪

しかも、こんな素敵な景観がたくさん楽しめます。
170619-160918竜ヶ岳032 
五階滝・・・五つの滝が連なっています。
五つの滝を一度に見ることはできるのでしょうか・・・


こんなスリル満点なコースもまもなく終わり。

立派な鋼鉄製の橋と・・・
170619-163118竜ヶ岳034 
吊られた丸太の橋を渡ると・・・
170619-163330竜ヶ岳035 
最初の林道に戻って来ました。

いや~、楽しかった~♪


今回は、初めての竜ヶ岳で、遠足尾根から山頂、表道、石榑峠、長尾滝を経由して戻ってくる大周回コースを選択しましたが、他にもたくさんの登山道があるようです。
どのコースもなかなか楽しそうで、今度は、秋の紅葉の季節や、GW頃の白い羊の季節に来てみたいなぁ・・・


テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

夏の山の本
今日は、朝からずっと雨・・・
京都もそろそろ梅雨空になってきました。

そして、梅雨が明ければ夏山シーズン!

今年もコレ↓で予習とイメージトレーニングです♪
170607-194109夏山本001


さてさて、今年の夏山は何処へ・・・
関連記事

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

GWプチ遠征登山~伯耆大山 夏山登山道~後編

前回(GWプチ遠征登山~伯耆大山 夏山登山道~前編)からのつづきです。


伯耆大山の山頂からの景色は、それはもうすばらしく・・・

170503-094703大山ブログ用017 

風がやや強く、体感温度が下がってダウン登場となりましたが、
できることなら、いつまでも眺めていたかった・・・



大展望を満喫しながらの早めの昼食に。
我が家が到着した時には、山頂の人混みはそれほどでもなかったので、山頂の一角でいただきました。

170503-100845大山ブログ用018 

メニューは、アルファ米とサッポロ一番♪
温かくておいし~♪♪




山頂には避難小屋があります。

小屋の中で、山崎商店山頂支店さんが売店を営業されてました。

170503-105623大山ブログ用019 

こちらで、オリジナル限定山バッチ(600円)をゲット!


小屋の中は、たくさんの人で混み合ってました。
風が当たらなくてあたたかいもんね~


さて、下山です。

山頂から石室を経由します。

170503-110859大山ブログ用020 

石室・・・崩れかけてます(^^;)
昔の避難施設なのでしょうが、危ないよねぇ・・・


お昼を目指して登ってくる方が多く、なかなか前に進みません。

特に、雪渓は大渋滞です。

170503-115623大山ブログ用021 

それにしても、雪渓下りの楽しいこと楽しいこと♪




下りは、行者谷分かれから、行者谷方面に。
また、強烈な階段地獄が待ち受けてました。上りでなくてよかった~(^^;)

170503-123324大山ブログ用022 

雪の谷を渡ってしばらく進むと・・・

突然視界が開けて、河原に出ました!

元谷です。ここからの大山北壁がすごかった!

170503-123900大山ブログ用023 

上高地から見る穂高連峰に負けずとも劣らずな絶景です!


ここから、大神山神社方面に谷沿いを下っていきます。

すると・・・

170503-130458大山ブログ用024 

大きな杉の木!でけぇ~!!



行者谷の登山口は、大神山神社奥宮の奥にあります。

170503-130903大山ブログ用025 

古くて大きな歴史を感じさせる建物でした。

170503-131756大山ブログ用026 

参道の長い階段を下ると、大山寺。
登山ではない観光の方もたくさん参拝されていました。

そこからさらに参道を下ると・・・

170503-134055大山ブログ用027 

駐車場に到着です!お疲れ様~



下山後の温泉は、大山寺参道にある豪円湯院に。
ここは、大人380円、子ども300円ととてもリーズナブル!
施設も綺麗で、とてもイイお湯で・・・

170503-145046大山ブログ用028 

神の湯をたっぷりと堪能して、スッキリサッパリでした♪


帰りに、大山まきばミルクの里に立ち寄り。

170503-152117大山ブログ用029 

大山ミルク特製ソフトクリームを頂きました。
すごい人で、すごい行列の末にゲットした特製ソフト。
とても濃厚で美味しかったです。



そして、ここから見える大山は・・・

170503-152932大山ブログ用030 

まるで富士山。まさに、伯耆富士。
本当に、見る角度によっていろいろな姿を見せてくれる山です。



日本百名山、これで13座目制覇となりました。
お天気にも恵まれ、本当によい山旅でした♪


関連記事

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

GWプチ遠征登山~伯耆大山 夏山登山道~前編
平成29年5月3日(水)

GW後半戦初日 憲法記念日です。
仕事の都合で、連休とならない我が家・・・

日帰りプチ遠征してきました!

遠征先、どこにしようかずいぶん悩みました。
日本アルプス周辺はまだ雪山なので我が家にはムリ・・・
四国は、瀬戸内海を渡るのに費用が嵩むので、日帰りはもったいない・・・
大山・・・行きたいけど、残雪の状況が不安・・・

そんな中、
山陰・鳥取 大山町公式観光サイトD-Club
の登山道最新情報に、「アイゼン不要」の記述を見つけ、行き先決定となりました!!


GWの渋滞を避けるため、前日の夜10時過ぎに京都から高速道路に・・・



・・・GWを甘く見てました(>_<)
名神高速、しっかりと渋滞してました(T_T)

おかげで、1時間以上余分に時間がかかってしまいました。



午前2時過ぎに大山麓の南光河原駐車場に到着。
この時点で、6~7割の駐車率。
車内でシェラフに潜り込みます。




翌朝・・・
170503-073254大山ブログ用001 
午前7時30分、登山届けを登山ポストに入れていよいよ出発です!


駐車場から数十メートルのところに夏山登山道の登山口があります。
170503-073717大山ブログ用002 
そこからが、延々と続く階段地獄の始まりでした(>_<)


二合目を過ぎてしばらく登ると・・・
170503-080250大山ブログ用003 
標高1,000メートルに到達!
駐車場の標高が780メートルほどでしたので、120メートルほど登ってきたことになります。
ずーっと階段です。延々と・・・


三合目を過ぎてしばらく登ると・・・
170503-081501大山ブログ用004 
標高1,100メートル地点到達!


さらに四合目を過ぎてしばらくすると・・・
170503-082900大山ブログ用005 
標高1,200メートル地点です。
この山は、こういう標識が充実していました。
コレがなかったら、延々と続く階段地獄にきっと負けてしまうでしょう(^^;)


この辺りから、周囲の木々が低くなり、視界が開けてきます。
170503-083144大山ブログ用006 
大山の北壁、かっこいい~!!


五合目に到着!
ここには、山の神様の小さな祠がありました。
170503-083605大山ブログ用007 
山旅の安全を祈願して、さらに上を目指します。



行者谷別れの分岐を過ぎてしばらく登ると・・・
170503-084303大山ブログ用008 
標高1,300メートル地点です。
この辺りから、登山道にも残雪が所々に現れてきます。


そして、六合目避難小屋の上部です。
170503-085452大山ブログ用009 
ここは、完全に雪渓状態。
ザクザクの雪で、アイゼンまでは不要ですが、結構な急斜面の雪渓です。
しっかりと踏みしめながの雪渓歩き。楽し~♪


そして、1,400メートル地点到達!
170503-085913大山ブログ用010 
相変わらずの階段と急斜面が続きます・・・



七合目を過ぎて、所々に現れる残雪を乗り越えて・・・
170503-091341大山ブログ用011 
1,500メートル地点に到達!


このあたりまでくると、雪渓歩きも慣れたものです♪
170503-091353大山ブログ用012 
周囲の高木がなくなり、見晴らしが一気に開けます。
170503-091523大山ブログ用013 
日本海まで一望!宍道湖中海もすぐ近くに見えてました。


八合目を過ぎて・・・
170503-092822大山ブログ用014 
標高1,600メートル地点。さぁ、もう少しです♪


気持ちのいい木道をしばらく歩くと・・・
170503-094158大山ブログ用015 

とうちゃ~く!!!
170503-094607大山ブログ用016 
標高1,710,6メートル
伯耆大山 弥山山頂です!



今シーズン初登山が強烈な階段地獄でしたが、
なんとか、山頂までたどり着きました!

登山口から2時間ほど。
我ながら、よく頑張りましたね~♪


~後編につづく~



関連記事

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

GWプチ遠征登山
平成29年5月3日(憲法記念日)

GWプチ遠征登山に行ってきました。
170503-153238大山プレリリース002
百名山を1座制覇です。
170503-105107大山プレリリース001

それにしても、GWの高速道路は渋滞しますね~

山行レポは近日公開!

関連記事

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用


最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

にほんブログ村 アウトドアブログへ

▲ポチっとな▼

人気ブログランキングへ

現在の閲覧者数: