FC2ブログ

山登りにキャンプにスキーに・・・季節のアウトドアを満喫しよう!

ボクんちの夏山2018 最終日!爺ヶ岳からの絶景!!

平成30年8月12日(日)~14日(火)

ボクんちの夏山2018年は北アルプスの爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳です。

連日イマイチの天候で、全く展望に恵まれていませんでしたが・・・
さてさて、最終日はというと・・・



朝のひと時、まずは、山荘前から、この展望♪
180814-052331爺・鹿島槍3日目001 
八ヶ岳と南アルプスの間には、富士山もはっきりと見えます♪
いや~、こんないい景色が望める場所だったんだ~



爺ヶ岳南峰も、山頂が見えています。
180814-052614爺・鹿島槍3日目002 
あそこからの展望も、この日は期待できそう♪


針ノ木岳とズバリ岳の間、奥に見えるのは・・・
180814-053211爺・鹿島槍3日目003 
あの黒い山容は、水晶岳だよね~(^^♪
すごい、ちょうど見える位置にあるんだな~


このまま下山するのはもったいないので・・・
爺ヶ岳南峰に登ってみることにしました。
180814-063039爺・鹿島槍3日目004 
途中、ガスってきたので、心が折れそうになりましたが・・・
まもなくガスも晴れ・・・

振り返るとほらっ
180814-063526爺・鹿島槍3日目005 
槍ヶ岳も見えるじゃん(^^♪

槍穂高、キレイ~
なんか、これまで展望に見放されていた分も取り返した感じです。
180814-063811爺・鹿島槍3日目006 
手前右が、蓮華岳と針ノ木岳で、その左一番奥が、槍穂高連峰
その左手前の茶色の山が大天井で、その手前が燕岳かな?
大天井の左が東大天井、常念岳。
その左の奥に見える山塊が、中央アルプスでしょうね。


いや~、大満足です。
180814-064134爺・鹿島槍3日目007 
最終日に、こんな大展望がいただけるなんて。


爺ヶ岳南峰山頂では、たくさんの方が、この大展望を楽しんでおられました。
180814-064227爺・鹿島槍3日目008 
ずーっと見れなかったですからね~
今日、ここにいられたのは、ラッキーですよね~


北方面はというと・・・
180814-064342爺・鹿島槍3日目009 
こちらはまだガスです。
鹿島槍ヶ岳は、雲の中。
しばらく待っていましたが、姿を見せてくれませんでした。
かっこいい双耳峰、間近で見たかったな~


たっぷりと大展望を楽しんで、下山です。
180814-071504爺・鹿島槍3日目010 
ちょっと振り返ると、冷池山荘とその左にテン場が見えてきました。
鹿島槍ヶ岳は相変わらず雲の中ですが、これもまたいい景色です。


種池山荘も、太陽の光が当たって、キラキラと輝いてます。
180814-071514爺・鹿島槍3日目011 
奥に見えるはずの立山連峰は、暑い雲の中ですが・・・
全部は見せてくれないのね~
180814-072230爺・鹿島槍3日目012 
また来いってことかな~(^^;


テン場に戻って、テントを撤収です。
180814-085959爺・鹿島槍3日目013 
この日は、午後から天気が崩れてくる予報。
お盆も終盤、皆さんスタートはちょっと遅めでした。

180814-090607爺・鹿島槍3日目014 
午前9時過ぎ、お世話になった種池山荘を出発です。
山荘のスタッフの方が、出発するお客さん一人一人に声をかけておられました。
あったかいおもてなし(^^♪
気持ちよく出発できますね~
お世話になりました~
きっとまた来ますね~


下山は、登ってきた柏原新道を下ります。
では、柏原新道の看板コレクションの始まりで~す♪

鉄砲坂。
180814-091434爺・鹿島槍3日目015 
登りのクライマックス。
結構な急登ですが、これを登り切れば、山荘が見えてきます。
下るのは、ラクチンでした~


富士見坂。
180814-092018爺・鹿島槍3日目016 
富士山が見えるんでしょうね。
方向的には、間違いなく見えるはずです。
下るときは水蒸気が上がってきているようで、もう遠くは霞んでしまってました。

180814-092630爺・鹿島槍3日目017 
キレた崖の道、上でニホンカモシカが走ると落石きますよ~
素早く抜けちゃいましょうね~


ガラ場。
180814-092737爺・鹿島槍3日目018 
ゴロゴロ岩々な道です。



黄金岬。
180814-093416爺・鹿島槍3日目019



アザミ沢。
180814-093537爺・鹿島槍3日目020 



石ベンチ。
180814-093859爺・鹿島槍3日目021 
名前のとおり石のベンチがあります。


水平岬。
180814-094429爺・鹿島槍3日目022 
水平道。
180814-094735爺・鹿島槍3日目023 
こういう水平な道、大好物だわ~(^^♪


石畳。
180814-095236爺・鹿島槍3日目024 
登りの時は、とても歩きやすかったのですが・・・
下りの時は、石が濡れていたので、つるつる滑って怖い~


駅見岬。
180814-102519爺・鹿島槍3日目025 
その名のとおり、扇沢駅が見えます。



ケルン。
180814-103901爺・鹿島槍3日目026 
この周辺がちょっとした危険個所。
注意して歩きましょうって看板も立ってます。


八ヶ見ベンチ。
180814-105444爺・鹿島槍3日目027 
八ヶ岳が見えるってわけではなさそうですが・・・
ここまでくると、登山口までもうちょっとかな?


樹林帯をずんずんと下ると・・・
ちょっと飽きてきたころに・・・
180814-112557爺・鹿島槍3日目028 
午前11時25分、登山口に到着!
2時間半ほどで下りてきましたね~
頑張りました~(^^♪


帰りには、大町温泉郷の薬師の湯で汗を流しました。
大きくて、きれいなお風呂で、気持ちよかった~


そして、遅めのお昼は・・・

同じ大町温泉郷にある手打ち蕎麦の「いろり」さん。

こちらは、蕎麦とかつ丼のセット980円。
180814-142535爺・鹿島槍3日目029  


そしてこちらは、多分おすすめの「馬刺しと岩名塩焼付きそば定食」
180814-142526爺・鹿島槍3日目030 
イワナの塩焼きと馬刺しと蕎麦・・・
これだけ入って、1,350円。
リーズナブルで、なんといっても美味い!
ここは、超おすすめです!


もうちょっといい天気が欲しかったですが・・・
心もお腹も満たされて・・・
いい山旅でした。


以上、ボクんちの夏山2018レポでした~(^^♪
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました~


関連記事

ボクんちの夏山2018 日本百名山「鹿島槍ヶ岳」に登るぞ~!!

平成30年8月12日(日)~14日(火)

ボクんちの夏山2018年は北アルプスの爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳です。

当初の予定では、

1日目:扇沢→種池山荘→岩小屋沢岳→種池山荘テン場(泊)
2日目:種池山荘テン場→爺ヶ岳→冷池山荘→鹿島槍ヶ岳→冷池山荘テン場(泊)
3日目:冷池山荘テン場→種池山荘→扇沢

のはずでしたが、天候もイマイチで、初日から狂ってます。


2日目も予定を変更し、種池山荘から空荷で鹿島槍ヶ岳ピストンすることにしました。
冷池山荘のテン場は、抜群の眺望が魅力とのことですが、この天気では全く期待できませんので・・・(^^;

そういうわけで、2日目を迎えたボクんち。
あわよくば、爺ヶ岳でご来光を・・・と思って早起きしたのですが・・・
外は、ガスです。おまけに小雨も・・・

夜中には雷付きで雨が降っていたしな~
しょうがないな~




待っていても天気は回復しませんので、レインコートを着て、ヘッドライトを点けて出発です。



山荘を出発して10分ほどのハイマツ帯・・・

今日もいました!
こんなに近くに!!

登山道をよちよちと歩く雷鳥の親子です♪
超かわいい~!!
180813-045651爺・鹿島槍001 
動画もどうぞ♪
悪天候で沈んだ心もすっかりと癒されました。
早起きしてよかったね~



180813-051618爺・鹿島槍002 
爺ヶ岳中峰の分岐。
昨日登ったので、今日は山頂はスルーします。
ここから先は、未踏の地


ググっと下ってしばらくすると・・・

また、いました!
180813-052702爺・鹿島槍003 
癒しの雷鳥!
天気が悪いと、たくさん会えます♪



一気に癒されたところですが・・・


・・・ん?下の子の様子が・・・
高山病 
天気が悪いとやっぱりダメなようです。
ここで止まると遭難なので、とりあえず、冷池山荘を目指すことにします。




180813-060209爺・鹿島槍004 
冷乗越に到着!
爺ヶ岳の北峰には登れないようで、いつの間にか通り過ぎていました。




冷乗越から10分ほどで・・・
180813-061403爺・鹿島槍005 
冷池山荘に到着!
意外と近かった。
下の子もちょっと休めばまた歩けそうな気がしますが・・・



1時間近く休んだのですが・・・



すっかりやる気をなくしてしまったようなので、下の子はここでリタイア。
まぁ元気を削がれると、気力もなくなるわなく~



一人で置いておくこともできませんので、嫁も巻き込まれてここでお留守番となってしまいました。
これは、当分いじられるぞ~




上の子とパパは、鹿島槍ヶ岳を目指して元気に出発です!

冷池山荘から10分近く登ると、テン場です。
180813-070215爺・鹿島槍006 
山荘からここまでの道中、結構険しかったです。
クロックスでの移動は厳しい立派な登山道。
ここのテン場はトイレやビールが遠いわ~(^^;




180813-071958爺・鹿島槍007 
途中で、慰霊碑が立ててありました。
冬山で亡くなられた方の慰霊碑のようです。
夏でも雨が降ると厳しい山。冬山の厳しさは想像できません。


慰霊碑から20分ほど、高度を上げていくと・・・
180813-074145爺・鹿島槍008 
標高2,683メートルの布引山に到着!
相変わらず展望はありません。鹿島槍も見えず・・・
冷池山荘から約40分、コースタイムと比較して随分早く歩いてるのかな?


布引山を過ぎると、登山道は稜線を登っていきます。
時折ガスが晴れて・・・
180813-075950爺・鹿島槍009 
牛首尾根でしょうか・・・
晴れていたらキレイだろうな~


振り返ると・・・
180813-080226爺・鹿島槍010 
ほら、すごい気持ちよさそうな稜線じゃない?
晴れていたらな~



ずーっと登りが続きます。
鹿島槍に続く最後の登りのはずですが・・・
しんどいな~
山荘を出てからまだ1時間半経ってない・・・コースタイムでは2時間以上かかったはず・・・
あとどのくらいこの登りが続くの~?

ガスで先が見えないので、全然ゴールが見えてきません。

下ってくる方に聞いてみると、「もうすぐですよ~」って。
その言葉に元気をいただいて、急登を登りきると・・・
180813-082239爺・鹿島槍011 
やった~!!
鹿島槍ヶ岳登頂だぁ~!!
180813-083205爺・鹿島槍012 
三角点もゲットです!
がんばったね~
冷池山荘から1時間半ほど・・・
随分と早いペースで登ってきたようです。
まぁ、空荷ですからね~(^^♪


相変わらず展望はなし。
直ぐ近くにあるはずの、北峰も見えません。
吊り尾根も見えません。


ガスが晴れてくれることを期待して、しばらく待ってみましたが・・・
一向にそういう気配はないので、冷池山荘にもどります。
180813-084933爺・鹿島槍013 
こんな両側が切れた尾根道だったんですが、
ガスガスで遠くが見えないので、怖くない?


小鳥さんが道案内してくれてます♪
180813-085501爺・鹿島槍014 
イワヒバリかな?
全然逃げません(#^.^#)



布引山です。
180813-090637爺・鹿島槍015 
下りはさらにハイペース♪


慰霊碑まで戻ってきました。
180813-092653爺・鹿島槍016 
平成7年の元旦に遭難されたようなことが書かれています。




冷池山荘に到着!
180813-094815爺・鹿島槍017 
下りは、1時間10分ほど・・・
普通に歩いてきただけなのに、コースタイムよりも随分早く着きました。




山荘でのんびり過ごした下の子は、すっかり復活していました。
談話室で休ませていただいていたようで、山荘の皆様、ありがとうございました。




お腹が空いたので、お昼をここでいただきます。
お昼といっても、まだ10時ですが、食堂の開店を待って注文させていただきました。

じゃ~ん!!ラーメン♪で~す!
180813-101222爺・鹿島槍018 
美味しくいただきました(^^♪




いつの間にか、外は雨。
それも結構な大雨。
遠くでは雷も・・・

雨が止むまで、談話室でゆっくりさせていただきました。
180813-103506爺・鹿島槍019 
このまま、ここに泊まってしまいたい気分・・・

いやいや、ダメですよ~
荷物を全部種池山荘のテン場に置いてきてます。
小降りになったら出発ですよ~




スマホで雨雲レーダーをチェック・・・

雨は、当分止みそうにありませんが、小康状態にはなりそうです。
ここを逃すと、本当に帰れなくなってしまうよ~


というわけで、雨が小康状態になったところで、出発しました。
180813-114635爺・鹿島槍020 
冷池山荘様、大変お世話になりました~


そして、また、癒しの鳥と出会いました。
180813-125841爺・鹿島槍021 
癒される~(^^♪




途中、一時横殴りの雨もありましたが、空荷なので、スイスイと前進・・・
180813-131730爺・鹿島槍022 
1時間40分ほどで、種池山荘に無事到着♪
山の天気は変わりやすいといいますが・・・
もうちょっといい方に変わればいいのに・・・




昼過ぎに雨は上がりましたが、早めの夕食は、山荘の炊事室を使わせていただきました。
テント泊の利用は、午後4時までとのこと。
ちょっと早いですが、まぁお腹も空いたしビールも近いし♪
180813-155643爺・鹿島槍023 

この時、忘れ物を取りにテン場に戻った嫁君が超興奮!

何かと思ったら、テン場に続く道で雷鳥に会ったそうです。
カメラを持っていなかったので、写真はありませんが、会いたかったわ~。
後で山荘に方に聞くと、ここで出るのは珍しいとのこと。



鹿島槍ヶ岳には登れなかったけど、いいこともあってよかったね~



~ つづく ~
関連記事

ボクんちの夏山2018 雨が降らないうちに爺ヶ岳に登るぞ~!!

平成30年8月12日(日)~14日(火)

ボクんちの夏山2018年は北アルプスの爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳です。
もちろん、テントを担いでのヤマノボリ。
ただ、天気がね~

そんなわけで、前回からのつづきです。


限定ピザを美味しくいただいたボクんち。
見上げると、爺ヶ岳がガスに埋もれたり顔を出したり・・・
展望は期待できないかもしれませんが、明日以降の天気も怪しいので・・・

とりあえず、爺ヶ岳、登っちゃいましょう!

アタックザックにレインスーツなどの最小限の荷物を詰め込んで・・・
180812-115835爺・鹿島槍018 
元気よく種池山荘を出発!


山荘から少し行くと、チングルマに囲まれた~!!
180812-120000爺・鹿島槍019 
もう、綿毛になっていましたが、周り一面がチングルマです。
初夏はすごいお花畑なんでしょうね~


180812-120459爺・鹿島槍020 
振り返ると、種池山荘・・・
う~ん・・・ガスですねぇ。


でも、天気が悪くても、いいことがあります♪
180812-123218爺・鹿島槍021 
雷鳥さんの親子と遭遇!
爺ヶ岳南峰直下の巻道です。
ちょっと遠いですが、小さくてかわいいやつもいっぱいいましたよ~


雷鳥ポイントから、爺ヶ岳南峰山頂はもうすぐでした。
180812-123704爺・鹿島槍022 
展望はありませんが・・・
180812-123728爺・鹿島槍023 
とりあえず、ピークゲットです(^^♪


雷鳥ポイントに戻ってみると・・・
180812-124504爺・鹿島槍024 
まだいました。
かわいいね~
いつまでも見ていられるわ~


南峰からさらに中峰方面に足を進めます。
グーっと下って、鞍部で・・・
180812-125019爺・鹿島槍025 
コマクサに会えました。
コレ一株だけで、シーズン終了間際でしたが、とってもキュートなお花ですね~

180812-125426爺・鹿島槍026 
さらに進むと、中峰への分岐です。
爺ヶ岳最高点を目指しましょう!


気合を入れて登りますが、山頂はすぐそこ。
180812-130114爺・鹿島槍027 
あっという間に登頂ですっ!
標高2,669メートル
爺ヶ岳最高峰です。
まぁ、相変わらず展望はゼロですが・・・

展望ゼロなので、戻ります。

180812-132718爺・鹿島槍028 
ちょっとガスが薄れると、眼下に扇沢の駅が見えてきました。
とはいっても、見えたのは、一瞬。
もう少し、見せてほしいな~


ほとんどずっとガスに覆われていた爺ヶ岳ですが・・・
180812-133844爺・鹿島槍029 
こんな風に、時々姿を見せてくれました。
この瞬間に山頂にいたら、少しは展望があったのでしょうか?


ホシガラスです。
180812-134429爺・鹿島槍030 
ハイマツの実をここまで運んできては食べてました。
この木がホシガラス君の食卓なのかな?


種池山荘まで戻ってきました。
180812-135149爺・鹿島槍031 
あとは、夜までゆっくり山を堪能しましょうね~


テン場に戻ってきました。
テントが随分増えています。

さっそく、おやつタイム♪
180812-142654爺・鹿島槍032 
持ってきたポテチの袋がパンパン( ´艸`)

180812-144550爺・鹿島槍033 
ちょっと早いですが、ウインナーなんかを焼きながら、麦の発酵飲料をいただきます♪
ウインナー美味い~!!ビールにあう~(^^♪


そんなおやつタイムから、流れるように夕食にシフト・・・
180812-162938爺・鹿島槍034 
この日のメニューは、豚汁と天かす卵とじ丼です。

天かす卵とじ丼、作り方は超簡単。
ご飯に天かすをかけて、温泉卵をのせ、そばつゆをかけるだけ。
温泉卵は、一度沸騰させたお湯に卵を15分ほど浸けておくだけです。
ぜひ、ご家庭でも試してみてください(笑)



気が付けば、テン場は満員御礼。
180812-171901爺・鹿島槍036 
ほとんど隙間がないくらいですが、皆さん気を使って譲り合って、整然と張られています。
こういうのを見ると、山のマナー、気持ちいいですね~


そして、見上げると、青空♪
180812-171627爺・鹿島槍035 







そして、立山連峰も少しだけ姿を見せてくれました!
180812-181116爺・鹿島槍037 
右奥の雲の隙間に見えるのが立山です。
結局、立山が見えたのはこの時だけでした。
立山の展望台のはずなのに・・・ちょっと残念。


さ~て、明日の天気はどうかな~ 
晴れるといいな~


~ つづく ~
関連記事

ボクんちの夏山2018 扇沢から柏原新道を登るぞ~!!

平成30年8月12日(日)~14日(火)

まさか、ボクんちが『くろよん』だけのはずはありません。
扇沢を訪れたのは、もちろん山に登るためです(^^♪


今年の夏山に選んだのは、爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳。
もちろんテントを担いでのヤマノボリです。



しかし、日ごろの行いが悪いのか・・・
7月からずーっと、びっくりするぐらい続いていた晴天が・・・
ここへきて、なんだか怪しい感じになってます。

麓は結構晴れているのですが、山の上は雲に隠れてます・・・
なんだかなぁ・・・


そんな蒸し暑い中、出発です。
スタート地点は、扇沢の柏原新道登山口
180812-063538爺・鹿島槍001 
標高は、1,350メートル。
まずは、標高2,460メートルの地点にある種池山荘を目指して頑張るぞ~!!


柏原新道・・・非常によく整備されており、歩きやすいです。
180812-063955爺・鹿島槍002 
ずーっと登りが続きますが、比較的小さな段差で整備されており、体の負担は軽くてすみます。


登山口から45分ほど・・・
180812-071801爺・鹿島槍003 
八ツ見ベンチです。
ちょっとだけ視界が開けてきたので、ガスがなければ、それなりの展望があるのでしょうが・・・
180812-071808爺・鹿島槍004 
この日は、この程度・・・
尾根筋はガスに覆われてますねぇ・・・

180812-073819爺・鹿島槍005 
扇沢の駐車場が見えてきました。
随分と登ってきましたが、登り始めてまだ1時間ほど。
180812-073916爺・鹿島槍006 
目指す稜線はちょっとだけ見えてきましたが、先は長いよ~


ケルンです。
180812-074056爺・鹿島槍007 
このあたりは、柏原新道で一番の危険個所
谷川が切れており、落石、滑落注意です。


そして、見えてきました!
180812-074130爺・鹿島槍008 
種池山荘!
とはいっても、まだまだ小さい・・・遠いなぁ。


石畳の名前が付けられていますが、きれいに石がならべられて
180812-084210爺・鹿島槍009 
とっても歩きやすい♪
特に登りは、ずんずん進めます♪
こういう道、好きだな~


水平道。
180812-085215爺・鹿島槍010 
その名の通り、平らな道が続きます。
こういう道、もっと好きだな~(^^♪


水平岬
180812-085457爺・鹿島槍011 
うんうん、いいよ~
水平大好き!


アザミ沢
180812-090454爺・鹿島槍012 
ここも、落石注意な場所。
ニホンカモシカとか居そうな感じですが・・・
180812-092144爺・鹿島槍013 
崖の上を歩かれると、やばいですね。

こういう場所は、さっさと通り過ぎましょう!


富士見坂
180812-093626爺・鹿島槍014 
展望があれば、富士山まで見渡せるのでしょう。
方角的には、南アルプスと八ヶ岳の間が富士山まで見通せるはず。
残念ながら、この日の展望はバツ。
富士山なんて、夢のまた夢・・・


鉄砲坂
180812-094556爺・鹿島槍015 
傾斜が急になってきます。
こういうの、キライ・・・

歩き始めて、3時間以上・・・
テント泊の重いザックが堪えてきます。
最初のころのいい調子はどこへやら・・・

足が前に出ないよ~


そんな、情けない親の代わりに、上の子が先行してテン場を確保しに行ってくれました。
荷物は、変わらないくらい重いはずなのに・・・
若さゆえか、日ごろの鍛え方が違うのか・・・
・・・きっと、その両方ですね。


いうことを聞かない体に鞭打って、一歩一歩前へ前へ・・・

おお~っ、見えてきました!
180812-095828爺・鹿島槍016 
種池山荘!
いや~、重たかったよ~。
長かったよ~

登り始めてから、約3時間半
頑張りましたよ~


午前10時の時点で、テン場はまだまだ余裕がありました。
上の子のおかげで、いい場所も確保できましたし。


頑張ったご褒美は、山荘特製のピザをいただきましょう!
180812-104834爺・鹿島槍017 
一日限定20枚の名物ピザ。1枚1,000円です。
ボクんちは2枚もいただいちゃいました♪

子供たち、いい顔してるでしょ~
山の上で、こんなおいしいピザがいただけるなんて・・・
幸せだわ~(^^♪
~ つづく ~
関連記事

くろよん

平成30年8月11日(土) 山の日

山の日なので、扇沢までやってきました!
前日の夜、京都を出発して、休憩しながら6時間近く・・・
遠いわ~

深夜2時過ぎに扇沢に到着しましたが、既に市営の無料駐車場は満杯!
仕方がないので、もう一段上の24時間1,000円の有料駐車場に駐車しました。
ちなみに、一番駅に近いもう一段上は、12時間1,000円・・・
この値段の差をつける必要性があるのかどうか・・・

180811-094506くろよん001 
残念ながら、天気はイマイチ・・・
朝方にかけて雨も降ったようで、テンションも下がり気味・・・

とは言え、せっかく来たので、トロリーバスに乗って、黒部ダムに向かいます。
180811-095711くろよん002 
このトロリーバス、今年の11月で廃止だそうです。
最初で最後のトロリーバスになっちゃいました。


黒部ダム駅で降りると、220段の階段が待ってます。
180811-101811くろよん003 
まぁ、ヤマノボリに比べたら、軽い軽い♪



登り切って外に出ると・・・







なんと!

晴れてるじゃないですか!

全く期待していなかっただけに、喜びもひとしお!
テンションも一気に上がります!

そして、コレ!!


ど~ん!!
180811-102211くろよん004 
すげ~!!

180811-103226くろよん005 
さすがに、立山連峰までは見えませんでしたが・・・

180811-103419くろよん006 
黒部ダムの観光放水のスケール感に感動です♪


周りの岩を傷めないように、霧状にして放水しているそうで、
180811-104111くろよん007 
太陽の光を浴びると、きれいな虹の出来上がり♪


ダムの上も歩けます。
180811-112139くろよん008 
ダムの中心で記念写真♪
真ん中って、なんかいい気分だね~


180811-112844くろよん009 
いろんな角度から楽しめますね~

ダムを渡り切ると、ケーブルの駅にも通じるトンネル。
180811-113043くろよん010 
トンネルを抜けた先には、黒部湖遊覧船乗り場があり、そのまた先には・・・
180811-114420くろよん011 
つり橋です。
 
180811-114548くろよん012 
ほら、遊覧船ガルベが湖面を走ってます


つり橋を渡った先には、ロッジくろよんに続く遊歩道もあるのですが、お腹も減ってきたので、戻ることにしました。
180811-120003くろよん013 
黒部湖・・・周囲の山並みとマッチして、きれいだわ~


お昼は、ダム併設のレストハウスで、もちろんコレです。

ダムカレー!!
180811-124140くろよん014 
発祥の地は、扇沢のレストランらしいですが、ダムを見ながらダムカレーってことで、こちらでいただきました。
これ、考えたヒト、偉いね~
発想が素晴らしい!


いい天気の「くろよん」を満喫して、大満足♪
180811-145010くろよん015 
最後はトロバスに乗って、扇沢に戻ってきました。
来年からは、電気バスに代わるそうですが・・・
なんだか寂しい気もしますね。



おまけ・・・
駐車場に併設されている総合案内センターに立ち寄よると・・・
180811-153744くろよん016 
なんだ?コイツ?




さてさて、明日も晴れるといいね~




関連記事
プロフィール

LAKEPOLICE

Author:LAKEPOLICE
京都発のオートキャンプと山登り、スキーや子育て遊び場などアウトドアの記録です。グッズの紹介も。

カテゴリ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

▲ポチっとな▼

人気ブログランキングへ

現在の閲覧者数:

最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
QRコード
QR