FC2ブログ

山登りにキャンプにスキーに・・・季節のアウトドアを満喫しよう!

あけまして おめでとうございます!

毎年いろいろありますが、生きてさえいればなんとかなる!
コロナ禍はまだまだ続くかもしれませんが、
とにかく今やれることを精一杯やって・・・
年賀状2021


今年もよろしくおねがいします!
関連記事

紅葉の大文字を周回

令和2年11月25日(水)

紅葉のお散歩に出かけてきました。
遅ればせながらですが・・・(^^;

実は、京都って、紅葉の名所だらけなんですね。
この山歩の少し前に、岩倉実相院の床紅葉を愛でてきたんですが、なかなか素敵でしたよ~

・・・で、紅葉山歩は、大文字山です。
銀閣寺側から登って、蹴上に下るルート。
実は、初めて踏み入れるルートです。

紅葉は最盛期!
大文字と南禅寺201125-140819_blog
火床から見る京都の町並みも、色づいてます。

山頂を経て、蹴上方面に下りると、日向大神宮に出ます。
ここは、伊勢神宮の分社なのか、天の岩戸や内宮外宮が鎮座してました。

こちらが、天の岩戸
大文字と南禅寺201125-153940_blog 
くぐれるんですよ~♪

内宮を囲む紅葉が美しい!
大文字と南禅寺201125-154235_blog 
趣がありますよね~


なんと、超早咲きの桜が咲いていました。
大文字と南禅寺201125-154541_blog 
南天との競演が、なんとも不思議・・・
大文字と南禅寺201125-154647_blog 


蹴上のインクラインは、着物姿の観光客が結構たくさんおられます。
ただ、外国人ツーリストの姿はほぼ皆無・・・
近年見られない不思議な光景です。

南禅寺の紅葉も最盛期!
大文字と南禅寺201125-161719_blog 
夕陽に映える紅葉、美しすぎです♪

本堂が夕陽に照らされてキラキラ・・・
大文字と南禅寺201125-162520_blog 
思いもよらず、アーベンロートが見れました♪

近場の山歩も捨てたもんじゃないですね~



関連記事

京都の夜空に奇妙な光~UFO?~

11月6日(金) 午後9時ころ、京都市内にて・・・

夜空を見上げると、雲に不思議な光点がいくつか連なっているのが見えてました。
奇妙な光201106-204558_blog 奇妙な光201106-204604_blog 
全然動く様子がなく、知らない間に消えてましたが、あれは何だったんでしょう?
もしかしてUFOの編隊!?

何かご存知の方、ぜひ教えて下さい!
関連記事

GOTOトラベル

9月13日(日)~14日(月)

GOTOトラベルしてきました。

当初は、子供の修学旅行先の五竜にサプライズ遭遇を目論んだりもしたのですが・・・
秋雨前線が悪さをしそうな予報に、止む無く行先変更・・・

野宿以外の外泊って、超久しぶりだったかも・・・(笑)

ボクんちとしては異例の観光地巡り( ´∀` )
岩国‐厳島200913-133806_blog 
GOTOトラベル、なかなかの破壊力でした~
岩国‐厳島200914-133252_blog 


もちろん、宮島最高峰も制覇してきましたよ~(笑)


関連記事

2020年の夏山は鳳凰三山へ(その2)

翌朝です。
よく眠れました。
たまには、山小屋泊もええなぁ~♪
鳳凰三山200808-050221_blog 
なんと、4時起床の5時出発!
ぼくんち登山隊としては、異例の早起きスケジュール!

当初は、山小屋で朝食をいただいてから出発するつもりでした。
…が、「夏山で展望が望めるのは朝イチだけなので」って、朝食を弁当にして早朝出発すること凄くを熱心に勧めれれたので、それならばということで、早朝出発に相成りました。
早朝といっても、暗いうちから出発して日の出を山頂で見るほどの勢いはなく・・・

で、明るくなってからの5時出発となったのです。
(ちなみに、山小屋朝食の場合、5時30分が最初の組だそうです。)

前日の夕食時、山小屋の方から「明日は晴れ!」って聞いていたのですが・・・

外に出ると、周囲はガス・・・
もちろん、山頂も見えません・・・
さすが、山の天気はわからんな~(^^;

山小屋から地蔵岳まではコースタイムで1時間ちょっと。
樹林帯を30分ほど登ると、砂地に出て、その先にオベリスクが見えてきました!
鳳凰三山200808-053041_blog 
「なんだ、もうすぐじゃん♪」
・・・って見た目はそんな感じなのですが、この砂地が厄介モノでして・・・(^^;
鳳凰三山200808-053448_blog 
ズルズルと滑ってずり落ちて、なかなか前に進まない・・・
なんだか、ザラメの雪道を登っているような感覚・・・
鳳凰三山200808-055400_blog 
格闘しながら登ること、30分ほど・・・

ようやくオベリスクの麓のお地蔵さんのいらっしゃる鞍部に到着しました。
ひゃ~、疲れた~
鳳凰三山200808-055825_blog 
オベリスクは目の前
鳳凰三山200808-060602_blog 
登るのはなんとかなりそうな感じでしたが、降りるのが厳しそうでしたので、登ってません。
そもそも、ルートが設定されていません。
登りたくなりますが、登るものではないんでしょうね。

さてさて、展望はというと・・・
鳳凰三山200808-061146_blog 
残念無念・・・さっぱりです。
予定では、甲斐駒、仙丈ケ岳、北岳、間ノ岳・・・そして富士山も!
っていう、大パノラマが見えているはずだったのですが(^^;

ここで、朝食!

山小屋で作っていただいたお弁当をいただきます。
鳳凰三山200808-062349_blog 
写真を撮る前に手を付けてしまいました(笑)
おなか空いていたもんね~(^^;

いつまで待っても展望は望めませんので、鳳凰三山の縦走に出発します!

まずは、賽の河原
鳳凰三山200808-063903_blog 
オベリスクから少し下った鞍部に、たくさんのお地蔵さんが鎮座されています。

そして、地蔵岳の山頂標は、ここに設置されています。
鳳凰三山200808-064219_blog 
なるほど、ここからのオベリスクは圧巻ですね~
このタイミングで、上空だけ青空もちょこっと出てきました♪
かっちょええなぁ~

南の方、これから目指す観音岳も姿を見せてくれました!
鳳凰三山200808-070229_blog 
よ~し、頑張るぞ~!!

赤坂沢ノ頭から観音岳への稜線歩き・・・
またまたガスに覆われて・・・(^^;
鳳凰三山200808-080614_blog 
右手に雄大な白峰三山を見ながらの空中散歩のはずが・・・


観音岳に到着です。
鳳凰三山200808-081018_blog 
標高2,840メートル
鳳凰三山最高峰です。
ただ、真っ白ですが・・・(^^;

真っ白なので、先に進みます。


右手に見えるはずの北岳・・・
鳳凰三山200808-084506_blog 
麓の広河原がかろうじて見えるか見えないか・・・
てっぺんが全くみえませんが、あの標高差を登るのも大変そうです。


薬師岳に到着!
鳳凰三山200808-085149_blog 
当初目指していた北アルプスの薬師岳ではありませんが、南アルプスにもあったですね~(笑)
今年の夏山は、きっと薬師岳に縁があったんでしょう!


相変わらず周りはガスで展望はほとんど×
鳳凰三山200808-091720_blog 
目を凝らしても、何にも見えません(*_*)


ちょっと南の方を見に行ってみると・・・
鳳凰三山200808-090422_blog 
薬師岳小屋の赤い屋根が見えました。
いい感じのロケーションですね~


少し休憩して、下山します。
下山路は、中道ルートから。
鳳凰三山200808-093127_blog 
ずっと、樹林帯が続くようですが、さてさて・・・

山頂直下から、間もなく樹林帯に入りました。
樹林帯に入ってしまえば、ガスガスも全く気になりません(笑)

南アルプスの苔むした森が続きます・・・

ただ、斜面がキツイ!
ずーっと続く急斜面を下るのは大変です(^^;

なんだ?
鳳凰三山200808-095758_blog 
変わったキノコ?
ギンリョウソウ(銀竜草)というそうです。
面白いね~


こちらは、ベニテングダケですね。
鳳凰三山200808-101025_blog 
きれいですけど、食べたらアカンやつです(笑)


巨大な岩に遭遇!
鳳凰三山200808-102432_blog 
その名を「御座石」というそうです。
ほんと、でっかい!


苔生した森の急斜面を下り続けます。
鳳凰三山200808-111058_blog 
膝が辛くて、森を楽しんでいる余裕がない~(X_X)


ちょっと休憩・・・
先はまだまだ長いようです。
鳳凰三山200808-113414_blog 
ラーメン食べよっと♪


小屋が見えてくると、ここからは車も入れる砂利道を歩いて、青木鉱泉まで戻ります。
鳳凰三山200808-134432_blog 


青木鉱泉の駐車場に到着!
鳳凰三山200808-143946_blog 
お疲れさまでした~

それにしても、中道の下りは、ただただ修行です(笑)
ほんと、膝にやさしくない・・・
山と高原地図のコースタイムでは4時間ほどですが、しっかり5時間かかってしまいました。
結果的に、早起きは正解でしたね~(笑)


天気はイマイチでしたが、鳳凰三山、無事に制覇できました。
大展望には見放されましたが、こういう時期に大過なく山旅を楽しめたこと、山小屋をはじめ、関係者の皆様に感謝です。
天気のいい時に、再挑戦したいな~

関連記事
プロフィール

LAKEPOLICE

Author:LAKEPOLICE
京都発のオートキャンプと山登り、スキーや子育て遊び場などアウトドアの記録です。グッズの紹介も。

カテゴリ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

▲ポチっとな▼

人気ブログランキングへ

現在の閲覧者数:

最新記事
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
QRコード
QR