FC2ブログ

山登りにキャンプにスキーに・・・季節のアウトドアを満喫しよう!

北アルプスの百名山 白馬岳に登るぞ! #3

朝がきた!

ガスも晴れて、きれいな青空です。
白馬岳190813-045914_blog 
これから登る山が、朝日に照らされて輝いてます♪

白馬岳190813-060053_blog 
サクサクっと準備をして、出発!


雷鳥坂を登っていくと、景色が開けてきます。
白馬岳190813-061120_blog 
乗鞍の向こうに、大雲海!
その向こうは、戸隠かな?

白馬岳190813-061226_blog 
雪倉岳、朝日岳に続く稜線もすごくきれい!


さらに登ると・・・
白馬岳190813-062500_blog 
白馬大池が美しい!
妙高方面の山々もいい感じです♪


鹿島槍の特徴的な双耳峰が見えてきました!
白馬岳190813-063535_blog 
かっちょええなぁ~
白馬岳190813-063633_blog 
眼下は八方尾根ですね~
奥に見えているのは、八ヶ岳かな?


小蓮華山に続く稜線歩き
白馬岳190813-064101_blog 
楽しいね~


船越ノ頭に到着!
白馬岳190813-064308_blog 
ちょこっとしたピークですが、展望は最高!


小蓮華に向かって稜線を歩きます。
白馬岳190813-065552_blog 
目の前に鹿島槍(^^♪
疲れも吹っ飛びますよね~


ホント、いい天気です。
白馬岳190813-065726_blog 
こういう山歩き、最高ですよね~



槍ヶ岳が見えてきました~
白馬岳190813-070719_blog 
何処から見てもよくわかる!
遠くからでも、存在感がすごいですね。



小蓮華山に到着!
白馬岳190813-072611_blog 
標高2,766メートル制覇です♪
ここも、360度の大展望!
天気も良くて、最高です~


白馬岳を目指して出発します。
白馬岳190813-074357_blog 
このあたり、山が赤くなってます。
岩の種類が違うんでしょうね。


三国境です。
白馬岳190813-080150_blog 
ここから、雪倉岳に続く登山道と分岐しています。



白馬岳の山頂、近づいてきましたね~
白馬岳190813-082805_blog 
この角度って、雑誌とかでよく見るやつじゃないですか?



そうこうしているうちに、白馬岳山頂に到着です!
白馬岳190813-083442_blog 
標高2,932メートル
日本百名山の一つ、制覇です♪

白馬岳190813-083809_blog 
剱岳から立山に続く稜線が近い!
白馬岳190813-083925_blog 
杓子岳、白馬鑓ヶ岳に続く稜線、その向こうには鹿島槍ヶ岳
遠くには、槍穂高もはっきりと見えています。

ずーっと見ていられる景色です。
白馬岳190813-084142_blog 
眼下には白馬山荘・・・
とりあえず、あそこでのんびりしますか(^^♪


つづく






関連記事

北アルプスの百名山 白馬岳に登るぞ! #2


白馬乗鞍岳を越えて、少し下ると・・・


出ました~
白馬大池の大絶景!!
白馬岳190812-094349_blog 
白馬大池山荘の赤い建物が水面に映って、キレイです♪
心配していたテン場も、まだまだ空きがある様子。
もうちょっとだ。ガンバロー


登山道は、大池沿いをぐるっと回るようについています。
白馬岳190812-095804_blog 
大池の水、すごく透明度が高い!



は~い!
到着~!!
白馬岳190812-100613_blog 
白馬大池山荘に到着です♪


テントを張り上げた頃に、嫁君も無事到着です。
30分くらい遅れていたかな?
ご苦労さん。

まずは、腹ごしらえ・・・
山荘での軽食を期待していたのですが・・・

あんまり・・・というか、全然軽食メニューがなく・・・
白馬岳190812-110914_blog 
カップラーメンと相成りました(^^;
おでんとか、ラーメンとかカレーライスとか・・・
定番物を期待していたのですが、ここの山荘はそういうメニューは用意されていないようです。
まぁ、山の上だし、仕方がないか(+_+)


軽くお腹が満たされたところで、付近の散策です。

まずは、白馬大池・・・

サンショウウオがたくさんいました。
白馬岳190812-112757_blog 
かわいいね~


池の畔にはチングルマの群生
白馬岳190812-121640_blog 
ここ数年、綿毛のチングルマしか見ていなかったような気がするので、とても新鮮でした。


おやつタイム!
いや、ビールタイム?

さっき、カップラーメンと一緒に飲んでなかった?

まぁまぁ、山の上なので、許してください。
白馬岳190812-134657_blog 
持って上がってきた焼き鯖寿司をあてに、これまた持って上がってきたビールをグビグビ♪
うま~い!


またまた、お散歩タイム♪

テン場から雷鳥坂の方に少し登ると、チングルマの大群生です。
白馬岳190812-140631_blog 
ここでは、お花から綿毛まで、チングルマの移り変わりがすべて観察できました。
なんで、こんなにいろんな状態のチングルマが一か所に集まっているんだろう???
そして、テン場も増えてきましたね~


そんな感じで、初日はのんびり過ごしました。

夕食は、スープパスタです。
パスタをゆでたところに、直接コンソメスープを投入し、具材を入れれば完成!
白馬岳190812-164209_blog 
簡単メニューですが、とってもおいしくいただきました♪


夕方、ガスが湧いてきていたのですが、どういうわけか、サンセットタイムだけはガスが晴れました(^^♪

サンセットビューポイントは、蓮華温泉方面に3分ほど下ったところ。

朝日岳や雪倉岳の展望があり、雪倉岳の稜線に日が落ちます。
・・・ちょっと雲が多いけど・・・
白馬岳190812-183030_blog 
明日も晴れるといいね~


つづく

関連記事

北アルプスの百名山 白馬岳に登るぞ! #1

令和元年8月12日(月)~14日(水)

令和のお盆も夏山三昧♪
・・・といきたいところですが、なかなかうまく家族の日程が合わない今日この頃・・・
子供が大きくなると、部活やら何やらで、難しいですね~

今回の日程も、実は無理矢理で・・・
上の子が、公立校大会で勝ち残ったがために、お盆期間中も部活が入ってしまいました。

結局、下の子と3人での山旅、上の子は一人でお留守番となってしまいました。
おまけに、大型の台風も近づいてくる状況・・・

そんなわけで・・・
当初の予定より、日程を短縮して・・・
そうなると、行き先も変更で・・・
天候に応じて、さらに日程短縮ができる候補地はと・・・

そんな候補地は限られてきますね。
決定したコースがこちらでした。

初日は、栂池から白馬大池まで ここで1泊
翌日、白馬大池から白馬岳まで空荷で往復ピストン また1泊
3日目は、白馬大池から栂池まで下山
というゆったり日程で、台風の接近具合に応じて、2日目に下山してしまうことも想定して・・・

うんうん。
重いテントを担いでも、これならば大丈夫かな?

いろいろと悩んで考えた末の決定でした。


前日の夜に、京都を出発し、北陸道から北回りで白馬栂池に向かいました。
栂池に到着したのは深夜・・・
ゴンドラ乗り場から少し上がったところにある無料駐車場(トイレ完備)で車中泊しました。
台風が接近しているためか、涼しいとは言い難く、やや蒸し暑い?
それでも、京都よりは随分とマシ。
朝までほどほどに眠れました。


前置きが長くなりましたが・・・


12日(月)朝

この日、ゴンドラが動き出すのは午前6時30分
6時15分ころには、ゴンドラ乗り場に到着したのですが・・・
白馬岳190812-062254_blog 
既に長蛇の列( ゚Д゚)
やっぱりお盆の人気の山ですね~
さすがにこの時間なので、登山客ばかりのようでした。

始発から15分ほどでゴンドラに乗れました♪
白馬岳190812-064328_blog 
ここから20分ほどの空の旅です。
文明の利器、楽チンだわ~
白馬岳190812-072633_blog 
さらに、ロープウェイを乗り継いで・・・
 

あっという間に、栂池自然園
白馬岳190812-073110_blog 
標高は、既に1,829メートルです♪
ただ、ガスで展望は・・・


まぁ、天気が回復することを願って、出発します。
白馬岳190812-073801_blog 
栂池自然園の手前?に、登山道の入り口があります。
ちなみに、登山届は、栂池のゴンドラ乗り場のところに、登山相談所があるので、ここで提出しました。

登山口からしばらくは、湿って滑りやすい岩や土の斜面・・・
注意して登っていくと・・・
白馬岳190812-084008_blog 
木道だぁ~
滑りやすい岩の道と違って、歩きやすい~


木道をしばらく進むと・・・
白馬岳190812-084042_blog 
天狗原に到着!

標高2,202メートル
ひろーい高層湿原です。
ただし、この日はガス・・・
いい季節には、お花がいっぱい見られるんでしょうね~


天狗原の木道が終わると、今度は大きな石の急斜面にかわります。
白馬岳190812-090723_blog 
とは言え、石が乾いていたので、最初の登りよりは随分と歩きやすい♪
でも、荷物が重いよ~

嫁君はちょっと遅れ気味・・・
お盆でテン場の混み具合が心配でしたので、下の子と二人で先行することにしました。


涼しい風を感じて見上げると・・・
白馬岳190812-092039_blog 
雪田です♪

白馬の大雪渓は、もっとダイナミックなんでしょうが、
ここでも雪の上が歩けるんですね~
白馬岳190812-092315_blog 
なんか、楽しい~
白馬の大雪渓も行ってみたいね~


振り返ると・・・
白馬岳190812-092601_blog 
戸隠や妙高火打の方角?
高い山が頭を出していました。

雪田から登りきると、広い鞍部に出ました。
白馬岳190812-093651_blog 
白馬乗鞍ですね~
遠くにケルンが見えてきましたよ~

白馬乗鞍山頂に到着!
白馬岳190812-093935_blog 
標高2,436メートル
白馬岳は・・・ガスの中かな?


嫁君は・・・全く姿が見えませんΣ( ̄ロ ̄lll)
まぁ、仕方がないか・・・


つづく
関連記事

令和の夏山?第3弾

台風のあと、日本列島は秋雨前線に覆われて雨模様が続いていましたが・・・
奇跡的に週末は晴れ模様・・・

そんなわけで、初の父子登山の旅に行ってきました。
常念岳190824-123241_blog


とりあえず、ヤマレコはアップしましたので、探してみてください。

山行レポ、ずいぶんと滞っていますが、
近いうちに必ず・・・

テントを担いで夏の西穂へ! #2

一夜明けて・・・

晴れてます♪
あんなに激しい嵐だったのに・・・
西穂#2190803-053443_blog 
嵐の後の晴天♪


天気のいいうちに、テントを撤収して・・・
西穂を目指して出発!
西穂#2190803-062823_blog 
西穂山荘の南、焼岳とその向こうには乗鞍岳も♪
西穂#2190803-063649_blog 
昨日は全然見えなかったのにね~


西穂#2190803-063409_blog 
目指す西穂の岩稜もかっちょいいわ~



西の方角を見ると、笠ヶ岳♪
西穂#2190803-063553_blog 
空気も澄んで、とてもきれいに見えます♪




西穂丸山・・・
西穂#2190803-064226_blog 
全然疲れていないので、素通りしちゃいます。


空に向かって続く道・・・
西穂#2190803-064608_blog 
沢山の方が登ってます。
いい感じの登山道だな~


前日にも通った急な岩壁
西穂#2190803-071535_blog 
視界がいいので、却って怖いかも・・・



西穂独標に到着です~
西穂#2190803-072307_blog 
本当にいい景色♪
笠ヶ岳いいなぁ・・・いつか登ってみたいけど・・・きつそうだぁ


独標から先は、未体験ゾーン
初心者は足を踏み入れるべきではないエリアだそうですが・・・
西穂#2190803-072430_blog 
確かに、岩にへばりついている年配の女性登山者・・・
見ているこっちが怖くなります((+_+))


これから歩く稜線ですが・・・
西穂#2190803-072437_blog 
かっちょ良すぎる~
ピラミッドピーク、すげ~


奥穂から前穂、明神に続く稜線
西穂#2190803-073115_blog 
吊り尾根もいつか歩いてみたいな~


8峰
西穂#2190803-075003_blog 
超有名なピラミッドピークです♪
ピークに立ってみるると、ピラミッドの先端にいる感覚はあんまりなく・・・


西穂の山頂、近づいてきましたが・・・
西穂#2190803-075138_blog 
まだまだ、難所は続きそうです。
がんばろ~


一枚岩の壁
西穂#2190803-075749_blog 
手がかりと足掛かりを探しながら・・・
なかなか頭も使いますね~


7峰♪
西穂#2190803-080011_blog 
こうやって、カウントダウンを続けていきます。


気持ちのいい岩の稜線♪
西穂#2190803-080305_blog 
うっすらとかかったガスが、また幻想的です。



6峰に到着!
西穂#2190803-080515_blog 
平らな岩が特徴的です。
6ということは、西穂山頂までピークがあと5つもっ(・。・;



たぬき岩と言うそうで・・・
西穂#2190803-080808_blog 
確かに、タヌキ・・・
この格好は、いわゆる立ちション?


5峰です。
西穂#2190803-081116_blog 
ここのピークは登山道からちょっと外れてます。
ちょっと寄り道して、制覇!



北方面に目を向けると・・・
西穂#2190803-081546_blog 
黒部五郎岳ですね~
黒部のカールが遠目でも美しい~!!
あそこにもいつか必ず・・・



チャンピオンピーク
西穂#2190803-081743_blog 
第4峰です。
西穂#2190803-081821_blog 
チャンピオンの名のとおり、さらにギザギザしたピークです。


3峰
西穂#2190803-082134_blog 
あと2つですね~
近づいてきました♪



2峰!
西穂#2190803-082857_blog 
ちょっとガスってきましたが、あともうひと踏ん張りです。



そして・・・
西穂#2190803-084428_blog 
到着~!
標高2,909メートル
西穂高岳登頂です~!!!

山頂ではガスも晴れて、360度の大展望♪
槍様もくっきり!
すごくきれいに見えました(^^♪



間近に見える奥穂がすごいな~って眺めていたら・・・

手前のガスが晴れてきて現れたヤツにびっくり!
西穂#2190803-085000_blog 
かの有名なジャンダルムです!
奥穂よりも手前にあるので、すごく高く見えるゴツゴツのピーク!
あれってホントに登れるの!?


西の笠ヶ岳から奥穂までぐるっと・・・
西穂#2190803-085408_blog 
素晴らしい景色です。
皆さんにも分けてあげたい~



たっぷりと大展望の山頂を堪能できました。
ずっと居たいところですが、そういうわけにもいかないので下山します。

どういうわけか、下山するころには、ガスが出てきてしまいました。

下山と言っても、険しい岩稜帯の登山道・・・
慎重に下りていきます。

西穂#2190803-095829_blog 
ピラミッドピークから
西穂#2190803-103050_blog 
独標までは特に注意が必要です。
この日は夏山シーズンの土曜日。
沢山の方が登ってこられてましたので、すれ違いも大変(^^;


丸山まで戻ってきました。
西穂#2190803-111232_blog 
このころには、雲が増えてきて、視界もちょっと残念な感じ・・・



西穂山荘に到着。
西穂#2190803-112545_blog 
さすが土曜日
大賑わいです。


ちょっと早めのこの日のお昼はもちろんこれ。
西穂#2190803-113915_blog 
西穂山荘の名物
西穂ラーメンです~(^^♪
しょうゆベースの昔ながらの中華そば。
疲れた体に塩味が心地いい~


美味しくいただいて大満足(#^.^#)
名残惜しいですが、下山します。


ロープウェイの駅まで、1時間ちょっとの下り
直ぐに樹林帯に入って展望はなくなりますが

こんな楽しみも・・・
西穂#2190803-125822_blog 
ヒキガエル!!!(笑)


そんなこんなで、登山口に到着です。
西穂#2190803-130920_blog 
お疲れさまでした~


見晴らしのいいところで振り返って見上げると・・・
西穂#2190803-132058_blog 
雲間から西穂のギザギザが一瞬見えました!

ついさっきまで、あそこにいたんだよ~



今回の下山後の温泉はココ。
西穂#2190803-143604_blog 
新穂高温泉ひがくの湯
鍋平の駐車場から5分ほどのところです。

なんと、受付で「登山者です」って宣言するだけで、入浴料が割引になって、お土産までいただけます。
温泉もかけ流しで、おまけにちょっと変わったお風呂まであって言うことなし!
周辺はたくさんの温泉がありますが、登山帰りには特におすすめです。


穂高の山旅の締めくくりはやっぱりこれ。

平湯温泉街の温泉たまご
西穂#2190803-153909_blog 
つるや商店の「温泉はんたい玉子」
1個50円です。
毎回立ち寄っていただきますが、相変わらず美味い!

いいね~



さてさて、出だしからいろいろあって、なかなか計画通りには行きませんでしたが、
微妙な天気予報の中で、結果的に◎な山旅だったかな~


上級者向けと言われる西穂高岳。
我が家には荷が重いかな~とも思っていましたが、無理のない日程で挑むことができ、無事に制覇することができました。
ココが登れたということは、もっと選択肢が広がってくるんだろうな~

まぁ、八ヶ岳はまたの機会にということで・・・



続きを読む
関連記事
プロフィール

LAKEPOLICE

Author:LAKEPOLICE
京都発のオートキャンプと山登り、スキーや子育て遊び場などアウトドアの記録です。グッズの紹介も。

カテゴリ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

▲ポチっとな▼

人気ブログランキングへ

現在の閲覧者数:

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
QRコード
QR