fc2ブログ

山登りにキャンプにスキーに・・・季節のアウトドアを満喫しよう!

ふたたび北八ヶ岳へ! 今度は天狗岳に♪

令和4年6月4日(土) 晴れ

なんとなんと、また土曜日だけが晴れそうじゃないですか!!
これは、行くしかないよね。
2週連続だけど、いいよね。

などと自分を言い聞かせて、欲望のままに行ってきました。

目指すのはまたまた北八ヶ岳♪
先週よりもちょっと南の天狗岳を目指すことにしました。

今回は、長男も休みが合ったので、参加です。
前回同様、前日の8時過ぎに京都を出発・・・の予定が、出発は午後9時ころ(^^;
まぁ、こんなもんです(笑)

午前1時半ころに、登山口となる唐沢鉱泉の登山者用駐車場に到着。
この時点で、駐車スペースは7割ほどの駐車率。

木々の間から見えるたくさんの星を見ながら車中泊・・・

朝5時過ぎ・・・路肩にも駐車車両があふれていました(^^;
路肩駐車は、随分下の方まで続いている様子・・・
人気の山ですね~

唐沢鉱泉施設の入り口付近に登山ポストがありました。
天狗岳・根石岳220604-062522blog
登山届を投函して、さぁ、出発です♪


唐沢鉱泉から、黒百合平方面と、西天狗岳方面に分岐しています。
天狗岳・根石岳220604-062601blog
今回は、西天狗岳方面をめざします。


いきなりの急登ですが、35分ほど登ると、尾根の分岐にでました。
天狗岳・根石岳220604-070430blog
西天狗岳の反対側は「枯尾の峰」と書いてありますが、荒れたルートのようですね。


さらに30分ほど登ると・・・
天狗岳・根石岳220604-073630blog
一気に視界が開けました!(^^)!

ほんと、大展望♪
天狗岳・根石岳220604-073636blog
南八ヶ岳とその奥に南アルプス!
天狗岳・根石岳220604-074305blog
第一展望台だそうです。
こういう景色を見ると、元気がでますよね~
天狗岳・根石岳220604-074309blog
ぐるっと、南アルプスから中央アルプス・・・
天狗岳・根石岳220604-074422blog
ずっと、北アルプスまで見渡せます。


目指す西天狗岳は太陽の方向。
天狗岳・根石岳220604-080420blog
展望を楽しみながらのちょっと険しい稜線歩き、楽しみましょう♪


・・・すぐに第二展望台
天狗岳・根石岳220604-080551blog
ていうか、ずーっと展望台なコースですね~♪

南八ヶ岳と南アルプス
天狗岳・根石岳220604-080718blog
あまりにも美しいので、たくさん写真を撮りまくってしまいました(^^;


西天狗岳への岩稜登り
天狗岳・根石岳220604-082654blog
こういう山登り、楽しいですね~
天狗岳・根石岳220604-082811blog
結構険しい岩稜帯を30分ほど登ります。


さぁ、到着です!
天狗岳・根石岳220604-084410blog
西天狗岳、標高2,646メートル制覇です!


西天狗岳の山頂は、結構広くて、人が多くてもゆったりと寛げます。
もちろん、360度の大展望

南方面は南八ヶ岳
天狗岳・根石岳220604-084459blog
根石岳へ続く稜線と、その先に根石岳山荘も見えています。



東側直近には東天狗岳
天狗岳・根石岳220604-084705blog
山頂にたくさん人がいますね~


もう一度、南八ヶ岳方向・・・
天狗岳・根石岳220604-084859blog
赤岳と阿弥陀岳、どちらもカッコイイですね~
いつか近いうちに登りたいものです・


さぁ。東天狗岳を目指しましょう。
天狗岳・根石岳220604-090237blog
まずは、鞍部までガレ場を下ります。

そして登り返し、20分ほどで・・・
天狗岳・根石岳220604-091303blog
東天狗岳山頂に到着!
標高2,640メートル
西天狗のほうが、ちょっとだけ高いんですね~

東天狗の山頂は、西と違って随分と狭いですが・・・
天狗岳・根石岳220604-091352blog
こちらも360度の素晴らしい展望です。


根石岳方面・・・
天狗岳・根石岳220604-091539blog
天気もいいし、せっかくなので、行ってみましょう!!


岩場の急こう配を10分ほど下ると・・・
天狗岳・根石岳220604-091941blog
鞍部に到着です。
天狗岳・根石岳220604-092732blog
ここは、本沢温泉からのルートとの合流点になっています。
本沢温泉方面、けっこうな斜面でしたよ~

そこから、10分ほど登ると・・・
天狗岳・根石岳220604-093830blog
根石岳山頂に到着です!
標高2,603メートル、本日3座目ゲットです!!


山荘まで、結構下りますねぇ・・・
天狗岳・根石岳220604-094030blog
せっかくなので、行ってみますか(#^^#)

・・・嫁君は、山頂待ってるそうです(^^;

5分ほど下ると、山荘に到着!!
天狗岳・根石岳220604-094409blog
何があるかな~・・・

とりあえず、根石岳の山バッヂをゲットできました。
さらにさらに、根石岳山荘オリジナルプリンなるものがあるじゃないですか!
これは、食してみなければ・・・・・・Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
なんと、直前で売り切れてしまいました( ;∀;)
食べられないとなると、なおさら食べたくなる~(>_<)
いつかリベンジしなければ・・・(笑)


根石岳山頂に戻ってきました。
やっぱりここの展望も素晴らしい!!
天狗岳・根石岳220604-095703blog
東天狗に続く稜線・・・素敵ですよね~


中央アルプスの山々・・・
天狗岳・根石岳220604-095743blog
その右の御嶽山も存在感がすごいです。


さてさて、東天狗に戻りましょう。
天狗岳・根石岳220604-102754blog
こうしてみると、なかなか険しいルートに見えますね。


東天狗岳
天狗岳・根石岳220604-103207blog
再び制覇!!


北方面を見ると・・・
天狗岳・根石岳220604-103459blog
黒百合ヒュッテや、先週登った北横岳のロープウェイも見えます。
その先には、蓼科山も・・・


黒百合ヒュッテを目指しましょう!
天狗岳・根石岳220604-104453blog
東天狗の出っ張った岩山部を下ると・・・

中山峠を経由するルートと天狗の奥庭を経由するルートとの分岐。
天狗岳・根石岳220604-104923blog
天狗の奥庭ルートはバリエーションルートのようですが・・・
天気もいいので、奥庭を行くことにしました。


奥庭ルートは、大きな岩がゴロゴロとします。
天狗岳・根石岳220604-105406blog
岩を天狗のようにぴょんぴょんと飛びながら・・・

「天狗の奥庭上」だそうです。
天狗岳・根石岳220604-110929blog
ピョンピョンとなかなか楽しいですね~
登るのは大変そうですけど・・・(^^;
天狗岳・根石岳220604-111102blog
時々、浮石が合ったりして、怖い思いもありますが、
天狗岳・根石岳220604-111854blog
本当に天狗になった気分(笑)

すりばち池、見えてきた?
天狗岳・根石岳220604-112524blog
見えてきましたね~
天狗岳・根石岳220604-112935blog
池というよりも水たまり(笑)

さらにしばらく下ると、見えてきました~黒百合ヒュッテ。
天狗岳・根石岳220604-113433blog
最後の斜面は、残雪に覆われてました。
ザクザクの雪で、アイゼンなしでも問題ありませんでした。
この雪も、間もなく消えてしまうんでしょうね~


黒百合ヒュッテに到着です~
天狗岳・根石岳220604-113713blog
ヒュッテ前では、たくさんの方が休憩されていました。
まだ6月初めなのに、人が多いな~
さすが、人気の山域ですね~

ヒュッテで軽食をいただきました。
たくさんあるメニューの中で・・・
天狗岳・根石岳220604-114937blog
コケモモのマフィンセット(母)
天狗岳・根石岳220604-115121blog
山菜たっぷり醤油ラーメン(長男)
天狗岳・根石岳220604-115418blog
特製ビーフシチューセット(父)

どれも美味しくいただきました。
こんな山奥で、ありがたいですね~


お腹も満たされたので、唐沢鉱泉まで下りましょう!
天狗岳・根石岳220604-125424blog
黒百合平から唐沢鉱泉までのルートは、苔生した森

マイナスイオンをたっぷり吸いこみながらの散策です。

分岐の看板です。
天狗岳・根石岳220604-130148blog
渋の湯方面との分岐ですが・・・
下ばっかり見ながら下っていたら、見落としてしまってました(^^;


唐沢方面に樹林帯下りが続きます。
天狗岳・根石岳220604-130943blog
ところどころ、木道が整備してあり、とても歩きやすかったですね~
天狗岳・根石岳220604-132126blog
看板も、いい感じに朽ちてます。

天狗岳・根石岳220604-132137blog
樹林帯もおわるかな?

???橋の向こうにトトロがいる!!
天狗岳・根石岳220604-132823blog
苔の生えた大きな岩でした(笑)
天狗岳・根石岳220604-134126blog
水の流れていない川にかかる橋を渡ると・・・

そこは、もう唐沢です。
天狗岳・根石岳220604-134140blog
上流には滝もあるようですが・・・もう早く温泉に入りたい~
というわけで、寄り道はなし(笑)
唐沢鉱泉登山口に直行!
お疲れ様でした~


唐沢鉱泉の建物のすぐ近く・・・
鉱泉の源泉でしょうか・・・
天狗岳・根石岳220604-134430blog
底に白い鉱泉成分が沈殿していて、陽の光がキラキラと反射してすごく綺麗です。
天狗岳・根石岳220604-134600blog
幻想的という言葉がぴったり!

水は冷たく、温泉ではないんですね~


登山後の温泉は、登山口にある唐沢鉱泉のお世話になりました。
天狗岳・根石岳220604-134740blog
鉱泉を加温したかけ流しの湯で、設備もきれいですごく気持ちよかったです。


今回、反時計回りにぐるっと周回しましたが、正解でした。
登りは急ですが、1時間ほどで大展望に出会えるルート
景色が元気をくれますよね~

2週連続の北八ヶ岳でしたが、天候にも恵まれ、またまた大満足でした。
八ヶ岳って、山ごとに違った感じがして、すごく素敵ですね。
すっかり気に入ってしまいました。

老後は、こっちに移住するか(笑)


その前に、近いうちに、南八ヶ岳も行かないとね~





関連記事

2週連続!!

まさかの2週連続となりましたが、天気にも恵まれました♪
天狗岳・根石岳220604-074445blog

今回は、長男も参加♪

山行レポは、近日中に必ず・・・(^^;
(とりあえず、ヤマレコだけはアップしてます)
関連記事

まだ残雪の北八ヶ岳 日帰り周回で大満足♪

令和4年5月28日(土) 晴れ

雪山装備のない我が家にとって、この時期の山選び、難しいですね~
ただ、前回の能郷白山で、残雪歩きの楽しさにはまりつつあったり・・・
かといって、アイゼン等の本格装備が必要なほど残雪がある山は無理だし・・・

こういうときは、山小屋のHPやヤマレコユーザーさんの情報が助かります。
ただ、山の強者の方々は基準が高めなので、情報を読み違えないようにしないと危ないですが・・・(^^;

というわけで、今回の山旅は、北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅を基点に、
  北横岳~三ツ岳~雨池山~縞枯山~茶臼山
を周回するコースに決定しました!
残雪はあるようですが、どうやらアイゼンなしでも大丈夫そうです♪


金曜日の夜8時過ぎに京都を出発。
高速の深夜割引狙い、諏訪インターをちょうど0時過ぎに出られる予定です~

その前に、諏訪SAに立ち寄り・・・
北八ヶ岳220528-000351blog
夜景がきれいすぎる~


諏訪インターを出てから45分ほどで北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅に到着です!
そして、そこは、満天の星空!!
北八ヶ岳220528-012040blog
こんなたくさんの星を見たのは、久しぶりです~
星空を眺めながらの車中泊となりました♪


翌朝
北八ヶ岳220528-052645blog
雲は多めですが、いい天気♪


ロープウェイの始発は8時40分。
山頂駅まで歩くとコースタイムで約2時間。

とりあえず、登りは歩きましょうね~
北八ヶ岳220528-061422blog
午前6時過ぎ、出発です。


ロープウェイ沿いのよく整備された登山道を登ります。
北八ヶ岳220528-064826blog
スキー場の脇を抜けたり、交差したり・・・
北八ヶ岳220528-070402blog
朽ちた丸太の道を登ったり・・・
北八ヶ岳220528-071336blog
随分と調子よく登ってきました。

なんとなんと、1時間半ほどで山頂駅に到着です!
北八ヶ岳220528-072740blog
そんなに早く歩いたつもりはなかったんですが・・・
はやる気持ちがペースを上げちゃったんでしょうか?

山頂駅前では、キツツキさんが出迎えてくれました。
北八ヶ岳220528-073115blog
ひもを引っ張ると、コンコンと木突くんですよ~(笑)


横岳神社だそうです。
北八ヶ岳220528-073546blog
ちょっと遠くからお参り・・・


坪庭を通って・・・
北八ヶ岳220528-074554blog
ここからが北横岳への登山道になります。


すぐに、登山道に残雪・・・
北八ヶ岳220528-075221blog
ザクザクの残雪で、アイゼンは不要ですが、踏み抜きに注意です。


北横岳ヒュッテに到着!
北八ヶ岳220528-081539blog
営業時間前でしたが、外トイレは使えます。


ヒュッテから先の登山道は、ずっと雪道・・・
北八ヶ岳220528-081729blog
おいおい大丈夫?って思ったりもしましたが、全然問題ありませんでした。

所々雪道の登山道を十数分ほど登れば・・・

北横岳南峰に到着!!
北八ヶ岳220528-082918blog
標高2,471メートル、まず本日の1座目です♪
北八ヶ岳220528-082958blog
360度の展望スポットなんですが、ちょっと雲が多めで、何よりも風が強い!!
写真では、全く伝わらないと思いますが、強いというよりも、これはもはや暴風!!
眼を開けて立ってられません(^^;
次行きましょう!

南峰から数分で北峰に到着!
北八ヶ岳220528-083323blog
標高2,480メートル
北八ヶ岳220528-083606blog
こっちの方が高いんですね~
北八ヶ岳220528-084548blog
こちらの展望もいいんですが、やっぱり風を遮るものがないので超暴風(^^;
ゆっくり山頂を満喫なんて、できませんね~


ヒュッテまで戻り、そこからちょこっと下ると・・・
北八ヶ岳220528-091408blog
七つ池です。
ヒュッテからは全然見えなかったのですが、こんな素敵な場所がすぐ近くにあるんですね~
ヒュッテまで来られた際は、本当にすぐ近くですので絶対に行くべきだと思います。

ヒュッテに戻ると、小屋の売店営業をされていました。
軽食等はありませんが、オリジナルの手ぬぐいとか山バッチが買えます。
我が家もこちらで北横岳の山バッチを購入しました♪


さてさて、次は、三ツ岳を目指します。

分岐から三ツ岳方面に入ると・・・
北八ヶ岳220528-094013blog
びっくりするくらい山容が変わりました。

完全な岩山です。
それも、ちょっと難度高めの岩登り・・・
北八ヶ岳220528-095403blog
高度感はそれほどでもないですが、三点支持が必須の岩登りです。


山頂に到着!!
北八ヶ岳220528-095852blog
ん?Ⅲ峰って書いてますね。
つまり、三ツ岳の3つ目の峰。あと2つあるってことですね。
北八ヶ岳220528-100303blog
大きな岩が多いので、段差が大きく、足場を探すのが大変

三ツ岳Ⅱ峰
北八ヶ岳220528-101217blog

結構険しい道なので、足元ばっかり見がちになってしまいますが・・・
北八ヶ岳220528-101345blog
実はずっと尾根を行くので、展望は抜群です♪

三ツ岳Ⅰ峰に到着!!
北八ヶ岳220528-102855blog
いや~、楽しい岩山でした~♪

雨池山方面に向かうと、また山容がガラっと変わります。
北八ヶ岳220528-105020blog
今度は、樹林帯。
八ヶ岳って面白いですね~


雨池山登頂!
北八ヶ岳220528-110249blog
標高2,325メートル!
展望は・・・ありません。
・・・が、展望台があるようです。

で、展望台に到着!
北八ヶ岳220528-112121blog

南方面の雨池峠からロープウェイの駅まで見渡せます♪
北八ヶ岳220528-112224blog
天気も良くて、気持ちいですね~


雨池峠まで下りてきました。
北八ヶ岳220528-113355blog
ここから直接ロープウェイ山頂駅方向へ行くルートもありますが・・・
時間はまだ11時半過ぎ。概ね計画通りに来れてますので、予定通り縞枯山に向かいましょう!!


雨池峠から30分ほど、黒土の樹林帯を登ると・・・
北八ヶ岳220528-120447blog
縞枯山に到着です!
標高2,403メートル

またしても展望はありません(^^ゞ
そして、こちらの山にも展望台があるようですので行ってみます。

展望台への道中・・・
北八ヶ岳220528-121639blog
なんでこんなに枯れてしまっているんでしょう・・・


縞枯山展望台に到着です。
北八ヶ岳220528-122353blog
大きな岩が重なってピークになっており、まさしく展望台!

北八ヶ岳220528-122413blog
南八ヶ岳が近い~
ただ、すぐそこの茶臼山が邪魔(^^;

北八ヶ岳220528-122433blog
南アルプス

北八ヶ岳220528-122437blog
中央アルプス

北八ヶ岳220528-122446blog
北アルプスの南の方

日本アルプスのほとんどが見渡せるんですね~


縞枯山と茶臼山の鞍部まで下りてきました。
北八ヶ岳220528-124649blog
ここから五辻方面に行けば、ロープウェイ山頂駅方面に戻れますが、すぐそこに茶臼山があります。
山頂までコースタイムで登り15分、下り10分とすぐ近く。
これで行かないという選択肢は、ヘタレな我が家でもさすがにありません(笑)

茶臼山は赤土主体の山、縞枯山とまた違った感じの山でした。
本当に、八ヶ岳ってバラエティー豊かですね~♪

茶臼山の登山道は半分ほどが解けかけた雪道でした。
ザクザクで、何度も踏み抜きながらなので、コースタイムをちょっとオーバーして山頂に到着!
北八ヶ岳220528-130216blog
標高2,384メートル
またしても、展望はありません。
そして、またしても、展望台があるようですので、もちろん行ってみます。

山頂から数分で展望台にでました。
ここの展望台はすごかった!!
北八ヶ岳220528-130714blog
南八ヶ岳・・・赤岳の存在感がすごい!

北八ヶ岳220528-130720blog
南アルプス・・・仙丈ケ岳、甲斐駒ヶ岳、北岳・・・名だたる名峰が連なってます。

北八ヶ岳220528-130725blog
中央アルプス・・・千畳敷カールから空木岳へ続く稜線が美しい

北八ヶ岳220528-130730blog
木曽の御嶽山・・・ずっしりと壮大な姿

北八ヶ岳220528-130738blog
乗鞍岳・・・横に広がる特徴的な山容

北八ヶ岳220528-130746blog
北アルプス・・・突き出た槍はどこからでもわかります。


この日の周回コースで断トツの展望スポットでした。
さすがに富士山は、南八ヶ岳の向こう側ですので、見えませんでしたが、
ここから日本アルプスのすべてが見渡せてるんじゃないかと思います。

暴風は相変わらずでしたが、あまりにも素晴らしい景観に見とれ、長居してしまいました。
おかげで、体が冷えた冷えた・・・(笑)


縞枯山との鞍部まで戻り、五辻方面に向かいます。
北八ヶ岳220528-134209blog
ここからは、ずっと下りかな?
テンポよく、下っていきます。


五辻に到着!
北八ヶ岳220528-140012blog
地図を確認すると・・・なんと、ここから緩やかな登り!!
こんなに標高を下げなくてもいいのに~(笑)
北八ヶ岳220528-141007blog
ルートのほとんどに木道が整備されており、苔生した静かな森の中に靴音が響きます・・・
ただ・・・地味~な登りなんです。ずーっと登りです。

もう、登りはいいっ!!って思っていたところで、休憩地点
北八ヶ岳220528-141509blog
森林浴展望台
ベンチがあり、ちょっと座って休憩させていただきました。
ここの展望はあまりありませんでしたが・・・八ヶ岳って「展望台」たくさんありますね~(笑)


木道を地味~に登ることさらに15分
北八ヶ岳220528-143335blog
ようやく、ロープウェイ山頂駅に到着です~!!
お疲れさまでした~


こけももソフトだそうで・・・
北八ヶ岳220528-144941blog
こけももの甘酸っぱいジャムが美味しい~
北八ヶ岳220528-145511blog
天空の坪庭ともお別れです。

もう、すっかり下りに飽きちゃったので・・・というよりも我が家のヘタレさ顕在化(笑)
山屋としては失格かもしれませんが、文明の利器を利用してしまいました(^^;

ロープウェイから見える北アルプスが美しい!!
北八ヶ岳220528-150234blog
100人乗りのロープウェイ・・・
北八ヶ岳220528-150328blog
コースタイム2時間が、たった7分です!
あの苦労はなんだったんだ~!!

あっという間に山麓駅に到着です!


北八ヶ岳220528-152324blog
赤岳さん、今度はそっちにも行くからね~


下山後のお楽しみ、今回の温泉は、蓼科温泉小斉の湯へ
北八ヶ岳220528-154903blog
露天風呂がたくさんある天然温泉の源泉掛け流しの湯です。
遠くアルプスの山々を眺めながら入れる見晴らしの湯、最高でした♪


蓼科周辺には、たくさんのお蕎麦屋さんがあるのですが、
午後4時半前後・・・どこも開いていない・・・もしかして閉店しちゃってる?

で、結局、高速に乗ってから、諏訪SAのレストラン湖彩で・・・
北八ヶ岳220528-172736blog
サクラ(馬刺し)丼と信州そばのセット♪
いや~、旨かった~♪


こんな感じで、日帰り弾丸スケジュールでしたが、天候にも恵まれ、大満足な山旅となりました。
三度目の正直で、初八ヶ岳となりましたが、八ヶ岳って本当に面白い山です。
山ごとに、こんなに山容が変化するとはビックリでした。
八ヶ岳の他の山々も、また違った姿を見せてくれるんだろうな~って思うと、次はどの山に行こうかってなりますよね~

近いうちに、また行くぞ!と決意する今日この頃でした。
めでたしめでたし・・・(笑)



関連記事

三度目の正直?

これまで、何回か行こうとしてたんです。
でも、あんなことや、こんなことがあり、ご縁がなかった山

ようやく辿り着けました(笑)
北八ヶ岳220528-143328blog
弾丸日帰り登山でしたが、山あり谷あり、樹林帯あり岩稜帯あり(笑)で、楽しい山旅でした~
山行レポは、近日中に更新します!(決意表明)
関連記事

残雪と新緑の能郷白山

令和4年5月7日(土) 晴れ(ちょっと雲多め)

ゴールデンウィーク終盤、ようやく我が家も今シーズン最初の山旅に行ってきました。

GWとはいえ、アルプスの山々はまだまだ雪山。
さすがに雪山は我が家には無理があるので・・・ということで、白羽の矢が立ったのが能郷白山。
標高1,500メートル前後の200名山の一つです。

午前3時に京都を出発して、名神高速から東海環状自動車道を経て、能郷谷登山口のある本巣市へ。
途中コンビニで買い物をして、午前6時前に林道ゲート前に到着しました。

林道ゲート前のスペースには、2台の先客。
意外と少く、まずは駐車場所が問題なく確保できたことに一安心。
能郷白山220507-061230
サクサクっと準備をして、出発です!


まずは、荒れたアスファルトの林道を登山口まで1時間ほど歩きます。
これが、かなり長い!
距離にして4キロ弱、標高差は300メートルほど・・・
能郷白山220507-061504
歩き始めてすぐ、新緑に映える藤の花が目の前に飛び込んできます。
ちょっと短めの藤の花ですが、きれいですね~
能郷白山220507-063142
新緑はきれいですが、アスファルトの道がどこまでも続く・・・


ところどころで、沢が林道を横切ります。
能郷白山220507-064149
雪解け水のせいか、結構な水量で、ちょっと( ゚Д゚)


能郷谷を流れる谷川・・・日本庭園みたい♪
能郷白山220507-064837
自然が織りなす美ですね~


新緑が太陽に照らされて、これもまた美しい!
能郷白山220507-065818
長い林道も、新緑に癒されます♪


ゲートから1時間、ようやく能郷谷登山口に到着しました!
能郷白山220507-071225
ここから、本格的なヤマノボリのスタートです♪


登山道に入るとすぐに谷川にかけられた簡易橋。
能郷白山220507-071358
これがないと、この水量の谷川を渡るのは大変(^^;
整備していただいた関係者の皆様、ありがとうございます~


すぐに、急登が始まります。
能郷白山220507-071613
これが、かなりの急登!
能郷白山220507-071719
ほんと、結構な急登がいつまでも続きます(^^;


登山口からテンポよく登ること約20分
能郷白山220507-073542
6分の1の標、登山口から460メートル、山頂まで4.3キロ!!
この山は、何合目とかという表現ではないんですね~


さらに15分ほど急坂を上ると・・・
能郷白山220507-074942
なんと、こんなところにガードレールが!!
旧林道との交差です。
昔は、ここまで車が入ってきていたでしょうね~

ガードレールから少し登ると・・・
能郷白山220507-075327
登山道わきに小さなお地蔵様が鎮座されていました。
山旅の無事をお祈りして・・・

20分ほどで、急坂の真ん中にドーンとブナの木!
能郷白山220507-080723
「お迎えブナ」の名札をされてました(笑)


その少し上に、またまた名札をされた自然物登場
能郷白山220507-081009
「ももすり石」だそうで・・・
名の由来、息子曰くは・・・
「きっと、この横を通り抜けるときに、太ももを擦るから・・・」
そりゃ、もっともらしいなぁ・・・真実ご存じの方おられたら、コメントください(笑)


6分の2の標札です。
能郷白山220507-081115
山頂まで3.6キロ
まだまだ先は長いですね~


しばらく進むと、朽ちて穴の開いた大木。
能郷白山220507-081420
穴を覗くと、木陰からこぼれる太陽が美しく・・・


急坂の途中に、6分の3、半分の標札の登場!
能郷白山220507-084110
標札はありますが、急坂過ぎて、休憩できるような場所ではありません(^^;


半分の標札から5分ほど登ると・・・
能郷白山220507-084726
振り返ると素晴らしい展望!!
空を飛んでいる気分になります~!!


前山方面への片側が崖の稜線歩き・・・
能郷白山220507-085456
この稜線、崖側が結構崩れていました。
歩いているときに地震が起きたらどうしようって感じ(^^;


前山を知らない間に通過・・・
笹藪に阻まれて、前山山頂には行けないみたいです。

前山を過ぎると、登山道にも雪が現れてきます。
能郷白山220507-090301
どこを通ればいいんだぁ?
能郷白山220507-090643
残雪は、結構な深さがあるようでした。
踏み抜いてしまうと、危ない感じ・・・


6分の4、山頂まで2キロ足らず・・・
能郷白山220507-090811
随分近づいてきましたね~


山頂方面は、シマウマ模様(笑)
能郷白山220507-093000
でも、山頂付近はガスガスの様子で・・・


6分の5
能郷白山220507-094127
あと、538メートル!!
一気に近づいたな~
ここから、また急登が始まります。


結構急な雪道・・・
能郷白山220507-100201
慎重に登りましょうね~


山頂直下の大雪渓!!
能郷白山220507-100645
急斜面なので、アイゼンなしで斜めに行くのは無理(^^;
能郷白山220507-100830
雪を蹴りこんで直登します。


そしてそして・・・

能郷白山登頂!!
能郷白山220507-101411
標高1,617メートル制覇!!

みんなで、三角点にもタッチ!!
能郷白山220507-101444
お疲れさまでした~


北東方面には、荒島岳と真っ白な白山!
能郷白山220507-103344
ほとんど雲に隠れてしまっているのが残念( ;∀;)
雲がなければ、槍穂高や中央アルプス、御嶽なんかも見えるはずなのに・・・


雪渓を横断し、白山神社奥宮へ。
能郷白山220507-110045
雪渓歩き、気持ちいい~!! 楽しい~♪


白山権現奥の院は、ステンレス製のお社でした。

案内に従って、扉を開けると、お札も置いてありました。
ありがたく、1枚いただきます。
能郷白山220507-110434
無事の下山を祈願して、下山開始です。


まずは、山頂直下の雪渓を下ります。
能郷白山220507-111044
雪渓下りは登りよりも慎重に・・・
能郷白山220507-111151
ただ、登ってきた時よりも、雪が柔らかくザクザクになっていたので、ちょっと安心♪


ガスが晴れて、シマウマ模様もはっきりと♪
能郷白山220507-113253
ここに、シマウマが隠れていたら、わからんなぁ(笑)


景色を楽しみながらの空中散歩♪
能郷白山220507-120841
ただ、雪解け水が登山道に染み出していたので、足元注意です。


登りがかなり急登だな~って思っていましたが・・・
能郷白山220507-124646
下りも当然、急坂です。
能郷白山220507-124851
途中、いい椅子がありました~( ^)o(^ )


長ーい下りを慎重に・・・
能郷白山220507-131124
もう飽きてきた~


ようやく麓まで下りてきました。
能郷白山220507-132225
沢の水でホッと一息
能郷白山220507-132249
簡易橋を渡って・・・

登山口に到着~!!
能郷白山220507-132348
でも、終わりじゃないんですよね~
ここからまだ1時間ほど歩かないといけません(^^;

長ーいアスファルトのの林道を歩くこと、小一時間・・・
能郷白山220507-141133
ようやく、林道ゲートに到着です~
お疲れさまでした~
いや~、ほんとに林道が長かった~(^^;
登山の後、アスファルト舗装道路を歩くのって辛いですよね~
だれか、登山靴に、アスファルト舗装用アタッチメント型ソールを作ってくれないかな~


最後は、登山後のお楽しみ♪
能郷白山220507-144343
温泉です♪
道の駅「うすずみ桜の里」併設の「うすずみ温泉四季彩館」
宿泊もできるようですが、日帰り温泉でお世話になりました。
露天風呂や薬草風呂もある綺麗な温泉施設でした。
入浴料は、大人850円とお高めですが、
山頂写真を提示することで、500円にサービスしてもらえます♪
人数分の写真が必要なので、取り忘れのないようにしましょうね~


今シーズン最初の本格日帰り登山でしたが・・・
想定外の急登の連続で、かなりハードでした。
おかげ様で、下山後数日経っても、筋肉痛で階段の上り下りが辛い辛い(^^;
こんなことでは、夏山遠征厳しいぞ~
夏に備えて鍛えないとね~

プロフィール

LAKEPOLICE

Author:LAKEPOLICE
京都発のオートキャンプと山登り、スキーや子育て遊び場などアウトドアの記録です。グッズの紹介も。

カテゴリ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

▲ポチっとな▼

人気ブログランキングへ

現在の閲覧者数:

最新記事
カレンダー
05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
QRコード
QR