FC2ブログ

山登りにキャンプにスキーに・・・季節のアウトドアを満喫しよう!

令和の夏山?第3弾

台風のあと、日本列島は秋雨前線に覆われて雨模様が続いていましたが・・・
奇跡的に週末は晴れ模様・・・

そんなわけで、初の父子登山の旅に行ってきました。
常念岳190824-123241_blog


とりあえず、ヤマレコはアップしましたので、探してみてください。

山行レポ、ずいぶんと滞っていますが、
近いうちに必ず・・・

父子山旅~北アルプスの常念岳へ~ #1

令和元年8月24日(土)~25日(日)


北アルプスは、そろそろ秋の紅葉真っ盛りの様子・・・
ボクんち登山隊はというと・・・なかなか予定が合わず・・・
今年のアルプス紅葉登山はちょっと厳しいかな~


山旅レポは、ようやく夏山第三弾です。
もう、一月以上は経っちゃってますが・・・(^^;


夏山第三弾は、父子登山となりました。
長男の部活の予定がすっぽり空いて、そこに重なったのは父の休みだけ。
台風と秋雨前線の影響で、雨模様の天気が続いていましたが、週末だけは回復しそうな様子・・・
それならばということで、仕事や部活で忙しい嫁君と次男を残し、部活のため第二弾に参加できなかった長男と二人で、北アルプスまで遠征してきました。


目的地は、長男が以前から行きたいと言っていた常念岳
テントを担いで、一ノ沢からピストンすることにしました。

前日夜に京都を出発して、約5時間・・・深夜に一ノ沢に到着。
一ノ沢の登山者用駐車場で、車中泊です。


翌朝、いい天気です♪
暑くもなく、寒くもなく、絶好の登山日和♪
常念岳190824-062405_blog 
準備をして、出発です!


駐車場から登山口までは、舗装された林道を1キロ以上歩きます。

駐車場のすぐ上にある冷沢小屋
常念岳190824-062705_blog 
仮設トイレが設置してありました。(使えるかどうかはわかりませんが・・・)


舗装路1キロは結構苦痛・・・
常念岳190824-063521_blog 
でも、秋の気配がする青空が、元気づけてくれます。


舗装路を歩くこと20分ほど・・・
常念岳190824-064745_blog 
ようやく一ノ沢登山口にたどり着きました。

ここには、きれいなトイレが設備されています。
登山届もここで提出です。


それでは、ここからが本格的な登山
常念岳190824-065101_blog 
頑張って行きましょう!


山ノ神です。
常念岳190824-070334_blog 
この大きな木が御神木なのでしょうか。
鳥居の奥、木のくぼみに、祠が祀られていました。
とりあえず、山旅の安全を祈願して・・・


一ノ沢登山道は、沢沿いを縫うように登っていきます。
常念岳190824-071154_blog 
こうやって、何度も沢を渡っていきます。


古池に到着
常念岳190824-071337_blog 
池と名付けられていますが、沢の途中の水たまりのような感じで・・・
水が流れて入れ替わっているので、とてもきれいです。
何か、生き物もいるのでしょうか・・・カエルか何かが跳ねたのですが、姿が見つけられませんでした。


しばらくは、緩やかな登りが続きます。

大滝です。
常念岳190824-074626_blog 
駐車場から2.1キロ、常念小屋まで3.6キロ
標高は、1,610メートル


笠原沢です。
常念岳190824-083437_blog 
駐車場から3.5キロ、常念小屋まで2.2キロ
標高1,900メートル
随分登ってきましたね~
こうやって、ポイントごとに案内板があるのはいいですね~


こんな丸太の橋も、毎年整備していただいているんでしょうね。
常念岳190824-083811_blog 
本当にありがたいです。


ちょっと一休み。
常念岳190824-085611_blog 
テント泊の荷物はさすがに重たいです。
部活で鍛えている長男にとっても、それは同じようで・・・
まだ先は長いので、休みながら頑張りましょう!


胸突八丁です。
常念岳190824-091330_blog 
ここから先が急登になります。
さぁ、頑張るぞ~


最終水場
常念岳190824-093241_blog 
といっても、ただの沢。
湧き水ではないんですね・・・
飲んじゃってもいいんでしょうね・・・


キツイ階段やつづら折りの急登が続きます((+_+))

第1ベンチ
常念岳190824-094546_blog 
あと800メートル!


第2ベンチ
常念岳190824-095739_blog 
あと500メートル(^^;


第3ベンチ・・・
常念岳190824-100404_blog 
・・・あと300メートル・・・
およそ15分ごとくらいにベンチがあるのですが、体力の消耗と歩行距離が合っていない・・・
全然近づいている気がしないよ~(>_<)


あの先が、常念のはず・・・
常念岳190824-101436_blog 
山頂は見えてないよね~



ようやく見えた!
常念岳190824-101917_blog 
乗越だ~!!

疲れたよ~
我ながら頑張ったわ~
常念岳190824-101937_blog 
長男も、重たい荷物でよく頑張りました。
出発から約4時間
お疲れさまでした~

~ つづく ~

父子山旅~北アルプスの常念岳へ~ #2


乗越からの景色はそりゃぁもう・・・

常念岳190824-102002_blog 
槍から穂高に続く稜線が目の前にどーん!
こりゃぁ、すごい!!
疲れも吹っ飛びます♪


横通岳から大天井に続く尾根
常念岳190824-110611_blog 
大天井岳、見えないけど、ちょっと遠そう・・・

今回の山旅の宿営はここ。
テン場にテントを設営して・・・

昼食は、常念小屋でいただきます。

食堂は、11時から。
この日の最初のお客さんになったみたい♪

長男は、ラーメン
常念岳190824-111559_blog 
これが、かなり本格的なとんこつラーメン!
見た目も味も一級品です!

父は、牛丼
常念岳190824-111608_blog 
味噌汁もついて、これもまた美味い!
(もちろん、ビールも♪)

山の上で、このレベル
これは、かなりの高ポイントです(笑)


乗越の稜線には、ベンチが設置されていて、たくさんの方が休憩されていました。
常念岳190824-113410_blog 
槍様もお出ましになり、気分も上々!


それじゃぁ、常念岳を目指しましょうか!

空荷ですので、軽い軽い♪
常念岳190824-113931_blog 
ぐんぐんと高度を上げていきます。


槍ヶ岳から南岳に続く稜線、かっちょいい~
常念岳190824-120119_blog 
その左側は、大キレットですね。


ゴロゴロ石のガレ場
常念岳190824-121252_blog 
結構な急登です。


三俣からのルートとの分岐まできました。
常念岳190824-122254_blog 
三俣から登ってくると、こんなところに出てくるんですね。
常念小屋よりもかなり高いところです。

常念岳山頂が見えてきました。
常念岳190824-122929_blog 
もう少し!
がんばろ~


登頂!
常念岳190824-123241_blog 
標高2,857メートル!
常念岳山頂です。
父子で百名山を制覇!
なんだか感慨深いものがありますね~♪


山頂からは、360度の大展望
高い山の山頂は、雲がかかって見えたり見えなかったりしますが・・・

北方面
常念岳190824-123551_blog 
横通岳から大天井岳
大天井岳の奥の赤い山は、おそらく硫黄岳ですね。


大天井岳から左方向へつづく尾根
常念岳190824-123558_blog 
稜線上の小屋は、西岳ヒュッテかな?
すごいロケーションの小屋です。
きっと、槍ヶ岳が目の前にいるんでしょうね~

大天井から西岳に続く尾根の奥右側が、鷲ヶ岳
その手前左側が槍ヶ岳です。


南西方向には・・・
 常念岳190824-123611_blog 
正面右のカール地形が、涸沢カール
真ん中の雲がかかっている山頂が奥穂ですね。
その左には、梓川、下流の方、前穂の向こう側が上高地です。


南方面
常念岳190824-124018_blog 
蝶ヶ岳に続く稜線です。
稜線を辿っていくと、蝶ヶ岳ヒュッテやテン場も見えますね。

ホント、なんて素敵な景色なんでしょう!
常念岳190824-123914_blog 
ずーっと見ていたい・・・



~ つづく ~
プロフィール

LAKEPOLICE

Author:LAKEPOLICE
京都発のオートキャンプと山登り、スキーや子育て遊び場などアウトドアの記録です。グッズの紹介も。

カテゴリ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

▲ポチっとな▼

人気ブログランキングへ

現在の閲覧者数:

最新記事
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
QRコード
QR