FC2ブログ

山登りにキャンプにスキーに・・・季節のアウトドアを満喫しよう!

平湯キャンプ場 ~ 新穂高ロープウエイ編 ~

書き手変更。パパが書きます。
嫁くんファンのみなさま、ごめんなさい。

8月18日(木)

さてさて、天気がよければ、新穂高ロープウエイで上まで行って、西穂山荘から丸山登頂を目指そうと思っていたのですが・・・
日頃の行いが悪いのか・・・(T_T)

子供たちが、どうしてもロープウエイに乗りたい!というので、
第一ロープウエイにだけ乗ってきました。

車は、村営の無料駐車場に。
スノーウエイの途中から川の方に降りるわかりにくい駐車場です。
そこから、歩いて約15分弱。
110818-105339-18105339.jpg 110818-111131-18111131.jpg
ロープウエイの新穂高温泉駅。
第一ロープウエイだけなら、往復400円。(小学生以上の子供は半額)
110818-112458-18112458.jpg 
ギュウギュウじゃね~か~

短い~っ!って、文句いうな~!
全部天気が悪いんだ~!!
110818-112924-18112924.jpg 
しらかば平駅到着。

ここから、鍋平高原の全長2.3kmの自然散策道に。

スタンプラリーがありました。
110818-114023-18114023.jpg 
台紙がどこにあるのかわかりませんでしたが・・・
 
散策路は、第一ロープウエイの下を通ります。
110818-115417-18115417.jpg 
「おーい、やっほ~!」

絶景View Point「槍ヶ岳」
110818-114107-18114107.jpg 
槍ヶ岳どこ?

絶景View Point「笠ヶ岳」
110818-115758-18115758.jpg 
笠ヶ岳どこ?どこ?

絶景View Point「焼岳」
110818-121248-18121248.jpg 
焼岳どこ?どこ?どこ?

絶景View Pointには、ことごとく裏切られましたが、下を向いて歩こう!
110818-114641-18114641.jpg 110818-121955-18121955.jpg
キノコキノコ・・・
花とか、苔とか、キノコとか・・・約1時間のコースでした。
110818-125010-18125010.jpg 
おなかもすいてきたので、しらかば平駅のテイクアウトの店で・・・

飛騨牛カレーパンと、飛騨牛コロッケ、夏野菜カレーライスにカレーピラフ。そして、飛騨牛まんじゅう。
110818-125041-18125041.jpg 110818-130809-18130809.jpg
特に、カレーパンとまんじゅうは旨かったです。

食事の後は、わさびミックスソフトクリームを食べながら、足湯に。
110818-131722-18131722.jpg 
2階建ての第2ロープウエイが登って行きます。そして、雲の中に消えていきます・・・
視界ないんだろうなぁ・・・

帰りも第1ロープウエイに乗るために、しらかば平駅に。
途中に、山野草ガーデンが。
110818-134147-18134147.jpg 
散策道で見て回らなくても、ここで一通りの草花が見られるみたい。(^_^;)

帰りのロープウエイは、少し空いてました。
前方の窓際をゲット!
110818-135455-18135455.jpg 110818-135949-18135949.jpg
駅直近の駐車場は、4時間500円。
ちなみに、鍋平高原の駐車場は1日500円らしいです。
110818-140730-18140730.jpg 110818-141706-18141706.jpg
帰りは、ちょっと違う道から・・・
川の水、すごくきれいです。

麓のバスターミナルで、温泉の割引券をゲット!
「タルマの湯」って書いてありますが・・・どこでしょう?
どうやら、新平湯温泉の中のようです。行ってみましょう!


110818-144914-18144914.jpg
 110818-145242-18145242.jpg
途中の栃尾温泉荒神の湯の蛍の湯(足湯)に立ち寄り。
寸志(100円程度)で足湯が楽しめます。
説明書きによれば・・・蛍の季節には、たくさんの蛍を見ながら足湯を楽しめるらしいです。

Aコープで食材の買い出しをした後、ヘルシーランド奥飛騨タルマの湯へ。
110818-152226-18152226.jpg 110818-152324-18152324.jpg
時間的にタイミングがよかったのか、他にお客さんもほとんどなく、ほぼ貸し切り状態でした。
洗い場は少なかったですが、全身浴、薬草浴、泡沫浴、サウナ、露天など、いろんなお風呂があり、さらっとした泉質で、結構良かったです。

通常料金は大人800円、割引券を使って、400円。
超お得でしょ?

さっぱりしたところで、キャンプ場に戻りました。
さぁ、みんなで晩ご飯の用意をしましょうね~♪

高ソメキャンプ場~登山編~

平成23年10月8日(土)~10日(月)


10月の三連休、天気が良さそうなので、リベンジ乗鞍岳!
と意気込んで、電源付きサイトのあるキャンプ場を探し、
乗鞍高原に近い、高ソメキャンプ場に決めました。
キャンプ場のHPを見ていたら、バンガローがわりと安く借りられ、
空きがあり、寒さに弱いへたれなので、バンガローを即予約(^_^;)
行ってきました♪


10月8日 1日目
初日に乗鞍登頂を目指し、夜中、2時半過ぎに家を出発。
6時前に、岐阜県ほおのき平駐車場に到着。
駐車場は予想外に車は少なく、準備をしていると、
帰って行く車も?????

先に乗車券を買いにいこう!と行くと。
が~ん(ーー;)
111008-062115-08062115.jpg

運行見合せ中!の看板が。
運行の見通しはたたないとのこと(T_T)
外気温は1度。

待っていても仕方がないので、西穂山荘、 丸山を目指すことに♪
(今年8月の平湯キャンプ場での当初の目的地)
前回は第1ロープウェイは乗ったので、
今回は鍋平駐車場に車を止め、第2ロープウェイから。
111008-080046-08080046.jpg  111008-080020-08080020.jpg

8時前、第2ロープウェイ第1便の臨時便の2階に、
しかも窓際の椅子に座れ、子どもたち大喜び♪
笠ヶ岳などを背に、約7分で2156mの西穂高口駅到着。
111008-080440-08080440.jpg


4階展望台での見晴らし、すごかった~
111008-081551-08081551.jpg

西穂山荘を確認し、出発!!
111008-081639-08081639.jpg

千石園地の水ばしょう池、凍ってました。
111008-082405-08082405.jpg


いよいよ登山口へ
111008-082809-08082809.jpg 111008-083653-08083653.jpg
いきなり食べてます。
111008-083715-08083715.jpg
出発するかとおもいきや、霜柱を踏んで遊んでいます♪

遊んでないで出発です。
急な登りかと思いきや、急な下り坂になったり、気を使って歩きました。
111008-085216-08085216.jpg

40分ほど歩くと、下の子が、「うんち(T_T)」
がまん!がまん!戻るより、西穂山荘までがまん!!
がまんして、歩きました。
111008-090357-08090357.jpg

出会ったおじちゃん、おばちゃん達が「がんばれ~」と
ありがとうございました^^
時々木の間から見える景色も最高!
111008-090609-08090609.jpg

最後に長~い、急な上り坂。
がんばれ!西穂山荘までもう少しのはず!
111008-093419-08093419.jpg 111008-094358-08094358.jpg

パパと下の子はひと足先に、西穂山荘に到着。
111008-100411-08100411.jpg 111008-100739-08100739.jpg
上の子は、私を待ってくれて、5分後ぐらいに到着。
1時間半ほどで到着です。
すごい達成感♪

パパと子どもたちは、私を西穂山荘に残し、丸山まで。
西穂山荘から見える登り坂、絶対無理(T_T)
下りのことを考えると・・・
一人お留守番。行きたかったなあ~
111008-102509-08102509.jpg


丸山についた♪と下の子から電話が。
111008-103700-08103700.jpg
違うし。丸山山頂は、もう少し先です。

上高地も。 大正池わかります?
111008-103448-08103448.jpg

正真正銘の丸山山頂到着♪
111008-104255-08104255.jpg

西穂独標手前くらいまでなら行けそうだったと。
ここでも、下の子がまたまたうんち!(>_<)
行くのやめて、西穂山荘まで下山。

お昼は、西穂山荘のラーメン。
111008-111626-08111626.jpg  111008-112207-08112207.jpg
山頂まで行ってないのに山バッチ。登頂は次回?ということで・・・

12時前に下山開始。
下りは子どもたち早いです。
1時間15分程度で西穂高口駅に到着です。
111008-131140-08131140.jpg

記念に、日本一高いところのポストから、じいちゃん、ばあちゃんに(*^^)v
111008-135132-08135132.jpg


しらかば平駅で、ソフトクリームを。
111008-141315-08141315.jpg
今回は、バニラで。

ここでようやく下の子がうんちに。
よくもちました(ーー;)

高ソメキャンプ場へ。

途中、前回行った栃尾温泉「昔ばなしの湯」に立ち寄り入湯。
今回も、温泉の後、五平餅をいただきました(^・^)
111008-154116-08154116.jpg
おいし~♪

ゆっくりしたいところですが、キャンプ場着がおそくなるので、
急いで、出発!
111008-164710-08164710.jpg
子どもたちは爆睡でした。 (実はわたしも。パパごめん。)

つづく~

令和の夏山開幕!

梅雨明け以降、強烈な猛暑が続いています。

こんな時は、高~いところに避難するのが一番(^^♪

そんなわけで、令和の夏山開幕です!
西穂190803-084155_blog


更新は・・・近日中に必ず・・・
ヤマレコは一足先に公開中です!

テントを担いで夏の西穂へ! #1


令和元年8月2日(金)~3日(土)


梅雨明けからどうしようもないくらいの猛暑が続いています。
避暑を求めて令和元年の夏山シーズン開幕です!


さて、第1弾は日程的に1泊2日(前日夜出発車中泊)が限度。
行き先は限られてきますが・・・

候補に挙げて準備をしていたのが、前回登山口に届かずに敗退した八ヶ岳♪

予定通り前日夜に京都を出発したのですが・・・

なんとなんと、中央自動車道が事故のため通行止め!!
下道で行くと、朝までにたどり着くかどうか(^^;
どうやら、八ヶ岳には嫌われているようです(-_-;)

朝まで走り続ける気力も体力もないので、急遽行き先を変更!
東海北陸道を北上し、高山から新穂高に向かうことにしました。
目的地は、西穂高岳!
我が家でヤマノボリを始めた当初、途中までは行った山です。

午前1時過ぎ、新穂高温泉深山荘の登山者用無料駐車場に到着・・・
でも、満車でした( ;∀;)
皆さん、行動が早いですね~

仕方がないので、鍋平の登山者用有料駐車場(1日300円)に入りました。
こちらは、まだまだ余裕がありました。
ここで、朝まで車中泊です。
さすがに下界よりは随分と涼しいので、ゆっくりと眠れました。

翌朝、上空はちょっとガスってます。
山の上の天気はどうかな~

ロープウェイの始発は8時15分。
西穂day1190802-084617_blog 
まずは、ロープウェイに乗って、一気に雲上の世界へ!


あっという間に、標高2,156メートルの西穂高口駅に到着!
西穂day1190802-091608_blog 
たった7分で、こんなに登ってこれました♪
楽ちんだわ~(^^♪


駅から遊歩道を歩いて数分で登山口。
西穂day1190802-091949_blog 
ここからは、本格的な登山となります。


見上げると・・・
西穂day1190802-094149_blog 
雲の隙間からこれから登る西穂のギザギザが見えてました。
かっちょいいな~


登山口から1時間ちょっとで西穂山荘に到着!
西穂day1190802-101818_blog 
今回は、ここでテント泊します。


まずは、テントを設営!
西穂day1190802-110112_blog 
大きな石のテーブルを見つけ、そのそばに設営♪
いい場所がゲットできたな~

テン場は、詰めれば30~40張は入りそうなスペースです。
この日もまだ早かったせいか、空きスペースはたくさんありました。


この日の行程は、ここまでの予定でしたが、時間もたっぷりとあるので・・・
夕立が来る前にとりあえず、独標まで様子見に行くことにしました。


ガスが多いですが・・・
西穂day1190802-113957_blog 
笠ヶ岳!


そして、
西穂day1190802-114533_blog 
焼岳!


独標方面には・・・
西穂day1190802-114716_blog 
西穂のギザギザ


ガスが多くて山頂はほとんど姿を見せてくれませんでしたが、それでもアルプスの山々はかっこいい!


西穂丸山に到着!
西穂day1190802-115312_blog 
前に子供たちとここに来たのは・・・8年前?
小さかったな~

前回はここまででしたので、ここから先は未体験ゾーンです。


ホシガラス発見!
西穂day1190802-115503_blog 
登山道の真ん中ですが、結構近づくまで逃げないんですよね~


振り返って見下ろすと、上高地。
西穂day1190802-120601_blog 
大正池があんなに小さく見えてます。


西穂のギザギザが近づいてきました。
西穂day1190802-121256_blog 
明日は、あそこまで行くんだよ~


独標に近づくにつれて、急な岩の上り下りが増えてきました。
西穂day1190802-123243_blog 
両手を上手に使って、三点支持を心がけましょうね~

独標への最後の登り。
西穂day1190802-123302_blog 
急な岩場ですが、手がかり足掛かりがたくさんあるので、頭を使って丁寧に登れば大丈夫。


独標に到着です♪
西穂day1190802-123841_blog 
標高2,701メートル
ちょっとガスって展望は残念でしたが、頑張って岩登りをしたので、結構達成感があったり・・・
楽しい山だわ~


初心者は、この独標までとよく言われますが・・・
西穂day1190802-124036_blog 
独標から先は、こんな岩山のアップダウンが連続しています。
独標の登り下りで怖いと感じたら、やめておいた方がいいんでしょうね。


そういうわけで、独標から先は、翌日に残しておいて、テン場に戻ってきました。

ちょっと(かなり)早いですが、テン場に戻るなりビールタイムをスタートしちゃいました(^^;
今回は、缶ビールを3本持って上がってきました♪
重たいけど山荘のビールは高いですからね~
西穂day1190802-144744_blog 
おつまみは、ハムステーキを焼き焼きして・・・(^^♪
 

ビール3本では飽き足らず、やっぱり山荘のビールにもお世話になっちゃいました(^^;
西穂day1190802-150923_blog 
やっぱり山で飲むビールは美味い!


そのまま、ちょっと早めの夕食に突入!
夕食メニューは、袋ラーメン、日清の北海道ラーメンです。

そうこうしているうちに、なんだか雲行きが怪しくなってきて・・・
ポツポツと落ちてきちゃいました。

急いで、テント内に撤収避難したところで・・・
ピカっ!!ゴロゴロゴロ・・・ザザーッ

バケツをひっくり返したような雨に降られてしまいました。


雨が激しすぎて、テントから出られません(+o+)
西穂day1190802-175336_blog 
しまったぁ~、もう1本ビール買っておけばよかった~!!

そんな感じで1日目は終了です。

雨は夜更けまで断続的に降り続き・・・
・・・って、降りすぎだぁ~!!!

~ つづく ~

テントを担いで夏の西穂へ! #2

一夜明けて・・・

晴れてます♪
あんなに激しい嵐だったのに・・・
西穂#2190803-053443_blog 
嵐の後の晴天♪


天気のいいうちに、テントを撤収して・・・
西穂を目指して出発!
西穂#2190803-062823_blog 
西穂山荘の南、焼岳とその向こうには乗鞍岳も♪
西穂#2190803-063649_blog 
昨日は全然見えなかったのにね~


西穂#2190803-063409_blog 
目指す西穂の岩稜もかっちょいいわ~



西の方角を見ると、笠ヶ岳♪
西穂#2190803-063553_blog 
空気も澄んで、とてもきれいに見えます♪




西穂丸山・・・
西穂#2190803-064226_blog 
全然疲れていないので、素通りしちゃいます。


空に向かって続く道・・・
西穂#2190803-064608_blog 
沢山の方が登ってます。
いい感じの登山道だな~


前日にも通った急な岩壁
西穂#2190803-071535_blog 
視界がいいので、却って怖いかも・・・



西穂独標に到着です~
西穂#2190803-072307_blog 
本当にいい景色♪
笠ヶ岳いいなぁ・・・いつか登ってみたいけど・・・きつそうだぁ


独標から先は、未体験ゾーン
初心者は足を踏み入れるべきではないエリアだそうですが・・・
西穂#2190803-072430_blog 
確かに、岩にへばりついている年配の女性登山者・・・
見ているこっちが怖くなります((+_+))


これから歩く稜線ですが・・・
西穂#2190803-072437_blog 
かっちょ良すぎる~
ピラミッドピーク、すげ~


奥穂から前穂、明神に続く稜線
西穂#2190803-073115_blog 
吊り尾根もいつか歩いてみたいな~


8峰
西穂#2190803-075003_blog 
超有名なピラミッドピークです♪
ピークに立ってみるると、ピラミッドの先端にいる感覚はあんまりなく・・・


西穂の山頂、近づいてきましたが・・・
西穂#2190803-075138_blog 
まだまだ、難所は続きそうです。
がんばろ~


一枚岩の壁
西穂#2190803-075749_blog 
手がかりと足掛かりを探しながら・・・
なかなか頭も使いますね~


7峰♪
西穂#2190803-080011_blog 
こうやって、カウントダウンを続けていきます。


気持ちのいい岩の稜線♪
西穂#2190803-080305_blog 
うっすらとかかったガスが、また幻想的です。



6峰に到着!
西穂#2190803-080515_blog 
平らな岩が特徴的です。
6ということは、西穂山頂までピークがあと5つもっ(・。・;



たぬき岩と言うそうで・・・
西穂#2190803-080808_blog 
確かに、タヌキ・・・
この格好は、いわゆる立ちション?


5峰です。
西穂#2190803-081116_blog 
ここのピークは登山道からちょっと外れてます。
ちょっと寄り道して、制覇!



北方面に目を向けると・・・
西穂#2190803-081546_blog 
黒部五郎岳ですね~
黒部のカールが遠目でも美しい~!!
あそこにもいつか必ず・・・



チャンピオンピーク
西穂#2190803-081743_blog 
第4峰です。
西穂#2190803-081821_blog 
チャンピオンの名のとおり、さらにギザギザしたピークです。


3峰
西穂#2190803-082134_blog 
あと2つですね~
近づいてきました♪



2峰!
西穂#2190803-082857_blog 
ちょっとガスってきましたが、あともうひと踏ん張りです。



そして・・・
西穂#2190803-084428_blog 
到着~!
標高2,909メートル
西穂高岳登頂です~!!!

山頂ではガスも晴れて、360度の大展望♪
槍様もくっきり!
すごくきれいに見えました(^^♪



間近に見える奥穂がすごいな~って眺めていたら・・・

手前のガスが晴れてきて現れたヤツにびっくり!
西穂#2190803-085000_blog 
かの有名なジャンダルムです!
奥穂よりも手前にあるので、すごく高く見えるゴツゴツのピーク!
あれってホントに登れるの!?


西の笠ヶ岳から奥穂までぐるっと・・・
西穂#2190803-085408_blog 
素晴らしい景色です。
皆さんにも分けてあげたい~



たっぷりと大展望の山頂を堪能できました。
ずっと居たいところですが、そういうわけにもいかないので下山します。

どういうわけか、下山するころには、ガスが出てきてしまいました。

下山と言っても、険しい岩稜帯の登山道・・・
慎重に下りていきます。

西穂#2190803-095829_blog 
ピラミッドピークから
西穂#2190803-103050_blog 
独標までは特に注意が必要です。
この日は夏山シーズンの土曜日。
沢山の方が登ってこられてましたので、すれ違いも大変(^^;


丸山まで戻ってきました。
西穂#2190803-111232_blog 
このころには、雲が増えてきて、視界もちょっと残念な感じ・・・



西穂山荘に到着。
西穂#2190803-112545_blog 
さすが土曜日
大賑わいです。


ちょっと早めのこの日のお昼はもちろんこれ。
西穂#2190803-113915_blog 
西穂山荘の名物
西穂ラーメンです~(^^♪
しょうゆベースの昔ながらの中華そば。
疲れた体に塩味が心地いい~


美味しくいただいて大満足(#^.^#)
名残惜しいですが、下山します。


ロープウェイの駅まで、1時間ちょっとの下り
直ぐに樹林帯に入って展望はなくなりますが

こんな楽しみも・・・
西穂#2190803-125822_blog 
ヒキガエル!!!(笑)


そんなこんなで、登山口に到着です。
西穂#2190803-130920_blog 
お疲れさまでした~


見晴らしのいいところで振り返って見上げると・・・
西穂#2190803-132058_blog 
雲間から西穂のギザギザが一瞬見えました!

ついさっきまで、あそこにいたんだよ~



今回の下山後の温泉はココ。
西穂#2190803-143604_blog 
新穂高温泉ひがくの湯
鍋平の駐車場から5分ほどのところです。

なんと、受付で「登山者です」って宣言するだけで、入浴料が割引になって、お土産までいただけます。
温泉もかけ流しで、おまけにちょっと変わったお風呂まであって言うことなし!
周辺はたくさんの温泉がありますが、登山帰りには特におすすめです。


穂高の山旅の締めくくりはやっぱりこれ。

平湯温泉街の温泉たまご
西穂#2190803-153909_blog 
つるや商店の「温泉はんたい玉子」
1個50円です。
毎回立ち寄っていただきますが、相変わらず美味い!

いいね~



さてさて、出だしからいろいろあって、なかなか計画通りには行きませんでしたが、
微妙な天気予報の中で、結果的に◎な山旅だったかな~


上級者向けと言われる西穂高岳。
我が家には荷が重いかな~とも思っていましたが、無理のない日程で挑むことができ、無事に制覇することができました。
ココが登れたということは、もっと選択肢が広がってくるんだろうな~

まぁ、八ヶ岳はまたの機会にということで・・・



続きを読む
プロフィール

LAKEPOLICE

Author:LAKEPOLICE
京都発のオートキャンプと山登り、スキーや子育て遊び場などアウトドアの記録です。グッズの紹介も。

カテゴリ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

▲ポチっとな▼

人気ブログランキングへ

現在の閲覧者数:

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
QRコード
QR