FC2ブログ

山登りにキャンプにスキーに・・・季節のアウトドアを満喫しよう!

日帰り百名山

平成28年9月9日(金)

パパの仕事が休みになったので、夫婦で日帰り百名山してきました!

事前の天気予報では秋晴れの様子

さてさて・・・
160909-092753日帰り百名山001 


山行記録は、近々アップします。
夏の北アルプスもまだまだ続いているのに・・・

夏の終わりの百名山~荒島岳~

平成28年9月9日(金)


もう、夏も終わりですね。
台風が次から次へと発生しては、列島の天気を荒らしてくれてます。
秋の連休シルバーウィークも今年はどうやら雨模様・・・

休みの間だけくらいは、晴れて欲しいのに・・・


さてさて、晩夏か初秋かという狭間の季節。
天気予報に背中を押されて、荒島岳に行ってきました。

背中を押された前日の天気予報は、秋晴れな感じ♪
期待を膨らませて、3時すぎに起床!
準備をして、4時頃には京都を出発しました。

天気予報と様子が違って、道中はなんだか怪しい天気。
ぱらぱらと小雨なんかも混じって・・・

6時半過ぎに、中出コース入り口の駐車場に到着です。
どういうわけか、ガスガスで山頂方面は真っ白。

160909-065927晩夏の荒島岳001 

そして、なんとこの時間で1番乗り!
平日とはいえ、百名山の登山口駐車場がガラガラとは・・・

160909-070034晩夏の荒島岳003 

駐車場は、キレイなトイレ棟と足水場が設置されてました。

160909-065948晩夏の荒島岳002 

そして、わかりやすい案内板も・・・
この案内板に、山バッチの販売所も掲載されてます。
下山後、買いにいこーっと♪

160909-072541晩夏の荒島岳004 

サクサクっと準備して、出発です。
ちなみに、平日なので、子どもたちは学校です。

160909-072621晩夏の荒島岳005 

駐車場全景は、こんな感じ。
結局、出発まで1台も入って来ませんでした。

160909-073147晩夏の荒島岳006 

しばらく林道を歩くと、標高400メートル地点
ここからもうしばらく林道歩きです。

林道ですので、森林組合の方の車が、何台か上がって行きました。
車高の高い車でないと底を擦ること間違いなしですが、結構上の方まで車で上がれるようです。

林道をショートカットしつつ登って行くと、

160909-075327晩夏の荒島岳007 

本当の登山口に到着です。ここまで林道が続いているので、車で上がってくることも可能なようです。


登山口からは、本格的な登山道。
里山のような雰囲気の中、ひたすら登りが続きます。


特に、危険な場所はありませんが、この登り、なかなかきつい(>_<)
その理由は・・・一つ一つの段差が高いこと!
足場になるモノが少なく、どうしても一歩が大きくなります。
こういう歩き方をしていると、じわじわと体力が削られてしまうんですよね~


「おおばこ展望台」と書いた看板発見!

160909-084210晩夏の荒島岳008 

展望台・・・何も見えません。天気だけのせいではなさそうですが・・・


「ひえ畑」と書いた道標。

160909-090526晩夏の荒島岳009 

どういう意味なんでしょう???


駐車場から2時間ほどで、小荒島岳分岐です。

160909-092130晩夏の荒島岳010 

ここから1分ほど登ると・・・

160909-092419晩夏の荒島岳011 

小荒島岳登頂!
標高1,186メートル
周囲は真っ白!
展望は全くありません!

天気が良ければ、荒島岳がはっきりと見えるはずなのですが・・・
前日の天気予報の秋晴れはどこへやら・・・

ここまで全く他の人と会わなかったのですが、
小荒島岳から分岐まで戻ったところで、この日はじめての登山者と遭遇しました!
はじめては、お互い様だったようで、百名山なのに何て人の少ない山なんだろう・・・


小荒島岳から20分ほどで、シャクナゲ平に到着

160909-094614晩夏の荒島岳012 

勝原コースとの合流地点です。

160909-094707晩夏の荒島岳013 

ナナカマドの実だけが赤くなっていました。
少しづつ秋が始まっているようです。


シャクナゲ平から少し下ると、佐開コースとの分岐

160909-095008晩夏の荒島岳014 

佐開分岐です。
佐開コースから登ってくるのが、荒島岳の最短コースだとか・・・
ただし、登山口までは、勇気のある四駆じゃないとたどり着けないらしいです。


佐開分岐からすこし平坦な尾根道を進むと・・・

160909-095733晩夏の荒島岳015 

「もちがかべ」です。
ここが、荒島岳最大の難所。
手前に設置された看板には、「滑落死亡事故多発!」と書いてありました。
鎖やロープが設置されていますが・・・

確かに、かなり急な岩登りです。
滑りやすいので注意が必要ですが、しっかりと支えながら登れば大丈夫。
ロープや鎖を使うことはありませんでした。

30分ほど急登と戦って・・・
さぁ、やっとピークか?

160909-102850晩夏の荒島岳016 

と思ったら、まだのようです。
ここは、前荒島。

160909-102932晩夏の荒島岳017 

荒島岳は?ガスガス先の山頂にうっすらと看板の様なモノが立ってますが・・・

残念。ここもまだ山頂ではありません。

160909-103405晩夏の荒島岳018 

山頂まで412メートルって・・・細かっ!


前荒島から何度も偽のピークにだまされ続けて・・・
20分ほどで、やっと本当の山頂に到着!

160909-104908晩夏の荒島岳020 

日本百名山「荒島岳」
標高1,523.5メートル
それほど高くはないのですが、結構な達成感です!
蒸し暑い中、段差の高い登りが続いたので、結構ヘロヘロです。

160909-104850晩夏の荒島岳019 

三角点にもタッチ!
そして、展望はほとんどゼロ!
秋晴れは何処へ行ったんだ~!!

仕方がないので、山頂に設置してある看板で、景色を想像します。

160909-104924晩夏の荒島岳021 

といっても、看板は、冬の白山連峰!?
う~ん・・・いまいち想像できない・・・


円形の眺望図も・・・

160909-105107晩夏の荒島岳022 

こちらの方がわかりやすい♪
真東に御嶽や乗鞍が見えるはずなんだよね~
槍とか笠とか、前回登った鷲羽岳も見えるはずなのに~

そして、なによりも、白山連峰が近くに見えたはずなのに~!!

160909-105211晩夏の荒島岳023 

晴れてくれ~って、山の神様にお願いしてみますが・・・

160909-105611晩夏の荒島岳024 

おっ、ちょっと見えてきた!
荒島岳周辺のガスが晴れて、白山連峰が少しだけ姿を見せてくれました♪
さすが、神様!ありがとう~!


山頂で、お昼ご飯です。

160909-111443晩夏の荒島岳025 

お昼は、マルタイの棒ラーメンと五目ごはん。
シンプルですが、山で食べると下界の10倍は旨い!

さすがに、山頂で小1時間滞在すると、4~5組ほどが登ってこられました。
とは言え、少ないなぁ・・・静かでいいけど、ちょっと寂しいかも・・・

展望の無い山頂を一時間程満喫して、下山です。


山には、リンドウとかいっぱい咲いていました。

こちらは、山頂から10分ほど下ったところのリンドウがキレイに咲いている岩場です。

160909-120735晩夏の荒島岳026 

実は、ここが、この山の最大最強の危険箇所。
わかります?

確認しただけで、ここに4匹はいました。
完全に巣になっているようです。
危険生物「マムシ」の巣です。


もちが壁は、下りの方が大変。
ぬれた岩場はよく滑ります。

マムシと戯れて時間が余計にかかってますが、山頂から小1時間でシャクナゲ平に到着。

160909-125313晩夏の荒島岳027 


下りも中出コース。
滑らないように気をつけながら、テンポ良く下っていきます。

160909-131546晩夏の荒島岳028 

「とやのおとし」と書いた道標
???

木々の間からみえる大野の田園風景。

160909-133223晩夏の荒島岳029 

これが、この日一番の絶景でした!
稲刈り前と稲刈り後の田んぼと蕎麦畑・・・
そのコントラストがパッチワークのようでとてもキレイでした。

160909-133343晩夏の荒島岳030 

「向坂」の道標
???

160909-134904晩夏の荒島岳031 

「雨降り展望台」の道標
???
この山は、こういう意味不明な道標がたくさんありました。
結局、どれも意味がわかりませんでしたが・・・
わかる方、コメント下さ~い!m(_ _)m


なが~い下りをひたすら頑張って・・・

160909-141931晩夏の荒島岳032 

登山口に到着!
やっと着いた~!!


って、まだまだここから林道が続きますよ~
ほんと、長い~
車で送って欲しいよ~


駐車場から5分ほど上がったところ、道の奥にひっそりと

160909-143723晩夏の荒島岳033 

慈水観音さま。
有難や 昔も今も 夏も冬も いつもかわらぬ観音の水 合掌

160909-144054晩夏の荒島岳034 

午後2時40分、駐車場に到着!
結局、ほぼコースタイムどおりに歩くことができました。

駐車場には、我が家の車だけがぽつーんと・・・
トイレ棟の掃除の方が1台こられていましたが、結局この日ここの駐車場を登山で利用したのは我が家だけ?
百名山なのに、なんて寂しい・・・
平日で天気が悪いと、こんなものなのでしょうか?
(天気予報では、秋晴れのはずだったのですが・・・)


登山後のお風呂は、こちら。

160909-155644晩夏の荒島岳035 

九頭竜温泉「平成の湯」に。
中出ルート駐車場から車で20分ほどです。
山バッチ販売所の一つ「フレアール和泉」に併設の温泉です。
2014年秋にリニューアルされたばかりのようで、すごくキレイな施設でした。
もちろん、温泉も掛け流しの気持ちいいお湯です。


そんなわけで、百名山の一つ「荒島岳」を踏破しました。
それほど高い訳ではありませんが、しっかりと登った感が残る山でした。
天気の良いときに、再度チャレンジするかな~??
次期夏山に向けたトレーニングにもアリかもね~♪

紅葉の百名山「荒島岳」 ~登頂編~

平成30年11月3日(土)

11月に入ると、3千メートル近い高山は冬の山に様変わり。
我が家には、冬山に入る装備も根性もなく・・・
でも、山には行きたい!
紅葉登山したい~!!


子供たちの部活も塾もちょうどオフとなったこの日
天気も上々の予報で・・・
家族そろっての山旅決定!

行き先は・・・何処に行きたい?
いろいろと候補が挙がりましたが、子供たちの意見を尊重して、
日本百名山「荒島岳」に決定です。(親は2回目)


前日夜に京都を出発して、4時間弱で、中出コース登山口の駐車場に到着。
すごくきれいな星空の下、広くない車で4人車中泊は厳しいので・・・
駐車場にテント張っちゃいました(^^;
エンジンをかけっぱなしの車があったりして、ちょっとうるさかったりしましたが、足を延ばしてぐっすり眠れましたよ~


ちょっと寒いけど清々しい翌朝
駐車場には続々と車が入ってきてました。
181103-071556紅葉の荒島岳 
我が家のスタートは・・・
いつも通りゆっくりで・・・

それでも7時過ぎには出発できました(^^;
181103-072402紅葉の荒島岳 
まずは、舗装された林道を登ります。


しばらく登ると、舗装路はここまで。
181103-072919紅葉の荒島岳 
ここにも数台の駐車スペースがあります。


舗装されていませんが、まだ林道です。
181103-073830紅葉の荒島岳 
斜面をまっすぐ登るのは、地味にツライ・・・


林道を縫うように、登山道が整備されています。
181103-075047紅葉の荒島岳 
ジグザグに登っていく林道をショートカットする登山道・・・
つまり、直登です。
段差も大きく、結構大変です。


ツライ直登の登山道ですが・・・
181103-075742紅葉の荒島岳 
辺りは紅葉の最盛期!
キレイだわ~
・・・って、上ばかり見ていたらコケるよ~


秋の里山って感じ♪
181103-082218紅葉の荒島岳 
こういう山歩き、楽しいな~

最高潮の紅葉が、目を楽しませてくれます。
181103-082503紅葉の荒島岳 
いや~、気持ちい~
181103-084445紅葉の荒島岳 
こういうのがずっと続けばいいのに~


木々の隙間から・・・
181103-085149紅葉の荒島岳 
白山が見えてきました!
やっぱり、完全に真っ白です。
山頂付近は、雲がかかっているようです。


なかなかの登りを頑張って登ること1時間半・・・
181103-090555紅葉の荒島岳 
小荒島岳に到着しました!
標高1,186メートル
展望も最高!
目指す荒島岳も、今回はドーンと姿を見せてくれています。
前回は、真っ白だったもんな~


白山方面
181103-090634紅葉の荒島岳 
山がいろんな色に染まってます。
緑、黄色、赤、灰色、白・・・
山頂が雲の中なのがちょっと残念・・・


かわいい紅葉・・・
181103-091729紅葉の荒島岳 
持って帰りたいわ~


小荒島岳から20分ほどでシャクナゲ平。
181103-093006紅葉の荒島岳 
ここは、スキー場を登ってくる勝原コーストの合流点。
ちょっと広くなっていて、ちょうどいい休憩場所です。


シャクナゲ平から数分のところにあるのが・・・
181103-093301紅葉の荒島岳 
佐開コースとの合流点
ここからまた登っていきますよ~


荒島岳最大の難所
もちが壁です。
181103-094418紅葉の荒島岳 
難所といっても、しっかりと確認足場や手がかりを確認しながら登れば小さな子供でも登れます。
いや、むしろ小さな子供の方がこういうのは得意かも・・・(笑)

我が家の子供たちも、すっかり大きくなりましたが、スイスイ登っていきます。
181103-094635紅葉の荒島岳 
親はヒイヒイ言っているのに・・・


前荒島に到着!
181103-100551紅葉の荒島岳 
登るときに見上げると、ゴールに見えちゃうんですよね~
まだまだ先は長いようです。


中荒島岳!標高1,420メートル
181103-101039紅葉の荒島岳 
ここも、下から見上げるとピークに見えちゃう場所です。
たどり着くと、先がまだある・・・
心が折れるポイントかも・・・
とは言え、山頂まであと412メートル(細かっ!)
もうちょっとです!

はーい!
到着です!
181103-102557紅葉の荒島岳 
日本百名山「荒島岳」
標高1,523メートル
おめでとう!頑張ったね~

山頂は360度の大パノラマ!
いい天気でよかったね~



・・・つづく




紅葉の百名山「荒島岳」 ~下山編~

紅葉の荒島岳 つづきです。



荒島岳の山頂は、かなーり広くなっております。

もちろん、展望は360度遮るものもなく、大パノラマが堪能できます。
181103-102912紅葉の荒島岳 
周りの山を見下ろすと、燃えるように赤や黄色に染まっていて・・・


これだけの紅葉に囲まれると、圧倒されそうです。



白山は、相変わらず山頂が雲の中ですが・・・
別山の辺りは、ちょっと雲が薄くなってきたかな?
181103-102940紅葉の荒島岳 
でも、白山連峰だけが雪山・・・
高い山は別世界なんだろうな~



山頂で早めの昼食です。

メニューは、超手抜き(笑)
181103-104025紅葉の荒島岳 
途中のSAでゲットした鯖寿司とどこでもソースカツ丼?
そのほか、おにぎりやパンや・・・

あったかいモノも用意してくればよかったかな~


広い山頂では、多くのかたがそれぞれの山を楽しんでおられました。

ドローンを飛ばされている方もおられ、結構高くまで飛ぶので、びっくりしました。


しばらく、山頂を堪能・・・

181103-110324紅葉の荒島岳 
ほら、別山が頭を出してきた!
山頂付近は、もっと真っ白だ~

181103-110722紅葉の荒島岳 
見下ろすと、山が真っ赤に燃えてます



一等三角点もありますよ。
181103-110839紅葉の荒島岳 
皆さん、あんまり気にされておられないようでしたが・・・


さてさて、下山します。
181103-112437紅葉の荒島岳 
遮るものがないと、空中散歩している気分♪


紅葉の山に落ちる雲の影がいい感じ♪
181103-112649紅葉の荒島岳 
いい天気だと、こんなにいい景色が楽しめるんですね~


登山道は、結構滑りやすくなっています。
181103-112916紅葉の荒島岳 
ロープも活用しながら、ゆっくりね~



前荒島まで下ってきました・・・
181103-113458紅葉の荒島岳 
???
眼鏡かけてますね(笑)


小荒島岳
181103-115027紅葉の荒島岳 
こっちから見ると、真っ赤です!



ナナカマドです。
181103-121201紅葉の荒島岳 
荒島岳では、あまり見かけません。
ナナカマドがあると、赤がすごく目立つんですが・・・


でも、メープルの黄色やオレンジ
181103-122353紅葉の荒島岳 
すごく癒されます。


小荒島岳まで戻ってきました。
 小荒島岳は、登山道から3分ほど急登を登らなければならないのですが、
帰りまで立ち寄るつもりはなかったのに・・・子供たちがさっさと登ってしまったので仕方なく・・・
181103-123157紅葉の荒島岳 
でも、この景色。

登ってきてよかったわ~


別山のアップ
181103-123418紅葉の荒島岳 
まだちょっとだけ雲がかかってますが、紅葉と岩と雪とのコントラストがすごくきれいです。



さぁ、ここから下は、最盛期の紅葉の中の山歩きです。
181103-124550紅葉の荒島岳 
上ばっかり見ていると、滑ってコケてしまいそうになりますが・・・
(実際に滑ってコケたりしましたが(笑))
181103-130123紅葉の荒島岳 
こんな素敵な紅葉を見せられると、魅入ってしまいますよね~


うひょ~
181103-130143紅葉の荒島岳  
太陽の光が当たると、より一層色合いが豊かになってます。


すごい存在感!
181103-130635紅葉の荒島岳 
空の青とのコントラストが素晴らしい!



そんなこんなで随分と下ってきました。
181103-134446紅葉の荒島岳 
麓のススキ野原ですが、いい感じに穂が輝いてます。



舗装された林道まで戻ってきました。
181103-134927紅葉の荒島岳 
子供たち、なかなか清々しい笑顔です。



そして、ゴール!
181103-135404紅葉の荒島岳 
お疲れ様~



最盛期の紅葉の中
いい天気の中で家族そろっての山歩き(^^♪

本当にいい山旅でした。




・・・いい山旅でしたが・・・

この後、九頭竜の温泉に行ったのですが・・・その道中がすごかったです。
九頭竜湖は紅葉の名所。道路は1本。しかも片側交互通行の工事中・・・
・・・大渋滞でした(>_<)
進むことも戻ることもできず・・・温泉までが遠かった~
そして、温泉からの戻りも遠かった~(T_T)

プロフィール

LAKEPOLICE

Author:LAKEPOLICE
京都発のオートキャンプと山登り、スキーや子育て遊び場などアウトドアの記録です。グッズの紹介も。

カテゴリ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

▲ポチっとな▼

人気ブログランキングへ

現在の閲覧者数:

最新記事
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
QRコード
QR