プロフィール

LAKEPOLICE

Author:LAKEPOLICE
京都発のオートキャンプと山登り、スキーや子育て遊び場などアウトドアの記録です。グッズの紹介も。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

ボクんちのすきなこと♪
山登りにキャンプにスキーに・・・季節のアウトドアを満喫しよう!
真っ青な空と新緑の竜ヶ岳
平成29年6月19日(月) 快晴

近畿地方が梅雨入りしてからかれこれ2週間・・・
初日に降って以来、全く雨の降らないカラっ梅雨が続いていましたが・・・

そんな、初夏の晴天の中、ヤマノボリに行ってきました!

子ども達を学校に送り出してからの出発で、日帰り登山ができるところということで、
今回は、コチラ。鈴鹿セブンマウンテンの一つ、竜ヶ岳です。

午前8時半過ぎに京都を出発。ところが、名神高速で事故渋滞の案内が・・・
いきなりのアクシデントに見舞われ、宇賀渓の登山口駐車場に到着したのは午前10時を過ぎていました。

それでもまぁ、気を取り直して・・・

駐車場は、普通車500円。これで乗車員の環境協力費を含むそうです。
170619-102218竜ヶ岳001 
案内所で登山届けを提出し、登山道のマップを頂いて、いざ、出発です!


しばらく、コンクリート舗装された林道を緩やかに登って行くと・・・
170619-104016竜ヶ岳002 
竜の雫と名付けられた水場がありました。
途中にあった永源寺ダムには殆ど水がありませんでしたが、ここの湧き出す水量は結構あります。
170619-104614竜ヶ岳003 
さらにしばらく進むと、遠足尾根登山口。
ここから、本格的なヤマノボリの始まりです。


延々と続く杉林の急登・・・
170619-112617竜ヶ岳004 
そこを超えると、岩の壁。

そして、現れたのは、ちょっとした岩山。
170619-112803竜ヶ岳005 
岩山頂上展望台からの見晴らしは、なかなかのモノでした。


さらに、尾根までの急登で、高度をどんどん稼ぎます。
170619-114920竜ヶ岳006 
視線をあげると、目指すべき竜ヶ岳の山頂が見えてきました♪


急登を制覇して稜線に出ると、一気に視界が開けます。
170619-120702竜ヶ岳007 
気持ちのいい空中散歩。
170619-121754竜ヶ岳008 
青空と新緑を楽しみながらの稜線歩きです。
170619-122429竜ヶ岳009 

竜ヶ岳に登る登山道はいくつかあるようで、稜線には分岐を示す案内板が所々に立っていました。
170619-124418竜ヶ岳010 

稜線のクラ部。標高1,030メートルです。
170619-124911竜ヶ岳011 
ここから、竜ヶ岳にかけて、笹の間、アン部と続きます。
クラとアンは馬の背に例えてあるんでしょうか?

見下ろすと、鹿の群れ!
170619-125149竜ヶ岳012 
全部で、50頭くらいはいるのかなぁ・・・
なんだか、好き勝手にのんびりやってるようです。


静ヶ岳につづく分岐を過ぎて・・・
170619-125227竜ヶ岳013 
竜ヶ岳山頂までの空中散歩。
振り返ると・・・
170619-130742竜ヶ岳014 
藤原岳がその全体像を見せてくれていました。


さぁ、山頂まであと少し・・・
170619-130749竜ヶ岳015 

竜ヶ岳登頂!
170619-130817竜ヶ岳016 
標高1,099.6メートル制覇です♪
かなり風が強いですが、見渡せば360度の大展望!

東の方には、乗鞍岳や御嶽山と思われる山影もうっすらと・・・
北の方には、これまたうっすらと白山らしき山影も見えました。
170619-134722竜ヶ岳017 
南方面には、御在所岳も見えているはず・・・
山座同定は難しいです(>_<)


休憩の後に、下山です。
下山は、石榑峠方面へ。

山頂からまもなくの地点で、グライダーを飛ばしておられる方がおられました。
170619-135805竜ヶ岳018 
なんと、エンジン等の動力はありません!
ラジコンで操舵し、風のみで飛ばしておられます。
170619-135814竜ヶ岳019 
なんとも素敵な大人の道楽です。
うらやましい~


石榑峠方面にしばらく下ると、重ね岩。
尾根筋にそびえ立つ岩の集合体です。
170619-142326竜ヶ岳020 
登ってみましたが・・・見晴らしよりも強風で恐怖が倍増!
てっぺんでは足がすくんで立っていられませんでした。
170619-142417竜ヶ岳021 
石榑峠方面の展望を楽しみながら、下って行きます。
170619-145259竜ヶ岳022 
滑りやすい花崗岩の岩を乗り越えて・・・

石榑峠に到着!
170619-150002竜ヶ岳023 
滋賀県側からは、ここまで車で上がってくることができます。
ここからだと、竜ヶ岳山頂まで1時間半ほど。
お手軽ですね~♪


宇賀渓の駐車場まで、先ははまだまだ長く・・・
舗装された林道をしばらく進むと、長尾滝方面への分岐。
170619-151507竜ヶ岳024 
長尾滝方面へ、渓流沿いを下って行きます。
170619-152416竜ヶ岳025 
このコースは、渓流を何度も渡りながら進みます。
170619-154049竜ヶ岳026 
この強烈な階段を下ると・・・

長尾滝!
170619-154444竜ヶ岳027 
これは、素晴らしい!
時間的に太陽が西に傾いており、
ちょうど、太陽から滝が流れ落ちているような素敵な滝の姿が見られました♪
170619-154842竜ヶ岳028 
このコースでは、他にもたくさんの滝が見られます。

でも、このコースを乗り切るには、慎重さとちょっとした度胸が必要です。
170619-155209竜ヶ岳029 

切れ落ちた岸壁沿いのルートがあったり・・・
 170619-155956竜ヶ岳030 

落ちそうな木の橋を渡ったり・・・
170619-160132竜ヶ岳031 
なかなか一筋縄ではいかない楽しいコース♪

しかも、こんな素敵な景観がたくさん楽しめます。
170619-160918竜ヶ岳032 
五階滝・・・五つの滝が連なっています。
五つの滝を一度に見ることはできるのでしょうか・・・


こんなスリル満点なコースもまもなく終わり。

立派な鋼鉄製の橋と・・・
170619-163118竜ヶ岳034 
吊られた丸太の橋を渡ると・・・
170619-163330竜ヶ岳035 
最初の林道に戻って来ました。

いや~、楽しかった~♪


今回は、初めての竜ヶ岳で、遠足尾根から山頂、表道、石榑峠、長尾滝を経由して戻ってくる大周回コースを選択しましたが、他にもたくさんの登山道があるようです。
どのコースもなかなか楽しそうで、今度は、秋の紅葉の季節や、GW頃の白い羊の季節に来てみたいなぁ・・・


テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用


最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

にほんブログ村 アウトドアブログへ

▲ポチっとな▼

人気ブログランキングへ

現在の閲覧者数: