fc2ブログ

山登りにキャンプにスキーに・・・季節のアウトドアを満喫しよう!

6年越しの南八ヶ岳(硫黄岳・横岳・赤岳・阿弥陀岳)~ご来光にも逢えた♪~その3

まったりコーヒータイムを楽しんでいましたが・・・

そうこうしているうちに、なにやら、東側からガスが立ち上ってきています。
南八ヶ岳230722-090621blog

展望がなくなる前に赤岳目指して出発しましょう!

南八ヶ岳230722-090725blog
これは、セイヨウダイコンソウかな?


赤岳への道は、結構な急登でたいへん(^^;
南八ヶ岳230722-092313blog
険しくはないのですが・・・やっぱり登りは疲れます(^^;
お腹空いたし・・・(笑)


赤岳頂上山荘に到着!
南八ヶ岳230722-092933blog
赤岳の山頂はすぐそこ!
ちょっとガスってるのが残念ですが・・・


なんと、軽食営業やってます!

聞くと、なんと午前4時ころから営業されているそうで・・・(^^;
コーヒータイムもよかったけど、もうちょっと早く上がってくればよかった(笑)


お腹ペコペコ、山頂の前にタヒチカレー♪♪(笑)
南八ヶ岳230722-094616blog
レトルトですが、美味しかったです。
2,900メートル近い山頂でこんな食事にありつけるとは、ありがたいですね~


お腹も満足したところで、山頂へ

山頂は、頂上山荘からすぐ
南八ヶ岳230722-100615blog
あっという間に山頂に到着です。

山頂は、さすがにたくさんの人(^^;
人気の山ですからね~

行者小屋や赤岳山荘からスタートされた方ともちょうど時間が重なったようで、
登頂写真撮るために列ができていました(笑)


三角点もゲット!
南八ヶ岳230722-100641blog
標高2,899メートル
八ヶ岳最高峰です。
南八ヶ岳230722-100952blog
6年越しの登頂!
感無量ですね~(笑)


狭い山頂に、人がたくさんなので、早々に次に行きましょう!

今度は、中岳を経て阿弥陀岳へ。
南八ヶ岳230722-102050blog
その前に、ちょこっとキレット方面に寄り道して・・・

竜頭峰です。
南八ヶ岳230722-102549blog
赤岳から阿弥陀岳へ続く稜線の展望台?
南八ヶ岳230722-102802blog
岩と緑のコントラストが素晴らしいですね~

赤岳山頂直下は、相当な急登
これを下ります。
南八ヶ岳230722-103753blog


落石注意です。ヘルメット必須です。
南八ヶ岳230722-104049blog
キレット分岐まで下りてきました。ここまでくると、ちょっと安心♪


お花を見る余裕も(笑)
南八ヶ岳230722-104551blog
ハクサンシャクナゲ
南八ヶ岳230722-105056blog
相変わらず、中岳から阿弥陀岳につづく稜線は美しい・・・
南八ヶ岳230722-110612blog
ウスユキソウかな?


そして、中岳頂上
南八ヶ岳230722-110622blog
ここから見上げると、赤岳は本当に高い!
随分下りてきたな~


中岳のコル
南八ヶ岳230722-111809blog
行者小屋から登ってこられた方でしょうか
たくさんの方が休んでおられました。
ここから、阿弥陀岳に登り返しです。


阿弥陀岳はまたまた険しい急登!
南八ヶ岳230722-112147blog
早速、ハシゴです(^^;


こんなところにも、カワイイ花
南八ヶ岳230722-112429blog
タカネイバラかな?
南八ヶ岳230722-112557blog
こちらはおなじみ、イワギキョウ


そしてそして、阿弥陀岳山頂に到着です!
南八ヶ岳230722-114710blog
残念ながら、周囲は真っ白
山頂自体が雲の中に入っている感じです(^^;


三角点もゲット
南八ヶ岳230722-114607blog
標高2,805メートル
赤岳よりも100メートル近く低いんですね~


一般ルートではない阿弥陀岳南陵
南八ヶ岳230722-115721blog
すぐそこのピークには、すぐに行けそうな感じですが、無理はやめておきましょう。


雲が晴れないか、随分と待ったのですが、晴れる様子もなく・・・
阿弥陀岳の山頂自体はガスが晴れても、赤岳が雲の中(^^;
南八ヶ岳230722-121201blog
諦めて、下山します。


中岳のコルまで下りてきました。
南八ヶ岳230722-123550blog
登るのも大変でしたが、下るのも大変(^^;
浮石が多い分、横岳よりも難度は高めですね~


中岳のコルから、行者小屋方面へ下ります。


文三郎尾根との分岐まで下りてきました。
南八ヶ岳230722-130618blog
この文三郎尾根、階段の連続でキツイらしいです(^^;


行者小屋に到着!
南八ヶ岳230722-131156blog
前日と比べてテント増えましたね~
さすが、土曜日!
南八ヶ岳230722-131152blog
「山なめんなよ」(笑)


赤岳鉱泉に向かいます。

前日に通った同じルート・・・
南八ヶ岳230722-131601blog
地蔵尾根との分岐

中山乗越
南八ヶ岳230722-132222blog

ずーっと下って、赤岳鉱泉!
南八ヶ岳230722-133932blog
お疲れ様でした~


テントに着いたころ、パラパラと雨が降り出し・・・

この隙に、赤岳鉱泉でお風呂♪
この山小屋、お風呂があるんですよね~
石鹸類は使えませんが、汗を流してお湯に浸かれるだけでありがたいです。
ほっこりしますね~


お風呂のあとは、そのまま山小屋でまったりタイム♪

また、カレーかい(笑)
南八ヶ岳230722-145717blog
赤岳鉱泉は、5種類のカレーを提供されています。
今回選んだのは、タヒチカレー
ココナッツとパインが入ったトロピカルなカレー
美味でしたよ~

まったりしているうちに雨も止み、晴れ間が出てきました♪
南八ヶ岳230722-181654blog
今度は、テン場でまったりタイム♪
まったりしてばっかりやな~(笑)

この日の夜は、なんと満天の星空!!
前日とはえらい違い・・・事前に確認していた天気予報と随分違うなぁ(^^;
~ つづく ~
関連記事

6年越しの南八ヶ岳(硫黄岳・横岳・赤岳・阿弥陀岳)~ご来光にも逢えた♪~その4

南八ヶ岳をめぐる山旅最終日の朝

ちょっとズルして、朝食を山小屋でいただきました(笑)
ホントは、夜のステーキもいただきたかったのですが・・・(^^;

焼きサバ定食
ご飯と味噌汁はお替り自由♪
南八ヶ岳230723-053531blog
ありがたいね~
でも、時間が・・・5時半の1回のみ(^^;
ゆっくり出発の時には、ちょっと早すぎだわ(笑)


赤岳鉱泉は、朝の太陽が来ません(笑)
八ヶ岳の稜線の影の中・・・
南八ヶ岳230723-060734blog
大同心も朝は真っ黒(笑)
太陽が出ないので、濡れたテントが乾くこともなく・・・

待っていても仕方がないので、湿ったまま撤収しました。


さてさて、下山です。
下山は北沢ルートから。
南八ヶ岳230723-080823blog
沢沿いを下り、何度も橋を渡ります。
南沢よりも木道が多いような気がしました。
整備されている関係者の皆様のご努力に感謝です。


おなじみホタルブクロ
南八ヶ岳230723-081027blog
たくさん咲いていました♪
南八ヶ岳230723-083140blog
こちらは、オダマキかな?


温泉?
南八ヶ岳230723-084825blog
そんなわけないか(笑)


半分ほど下りてきたところ
南八ヶ岳230723-085029blog
橋を渡った先に車が停まってます!!
長野県警山岳救助隊の車でした。
ここまで車で来れるんですね~


さらにすこし林道を下ったところにマムートジムニー!!
南八ヶ岳230723-085315blog
素敵だわ~
持って帰りたい(笑)

ここからはずーっと林道が続きます。
南八ヶ岳230723-091216blog
ちょこっとだけ、ショートカットする登山道がありましたが、基本車の通れる林道・・・
登山道としては、南沢ルートの方がたのしいですね~


美濃戸山荘前の登山口に到着!!
南八ヶ岳230723-092006blog
そして、駐車場に!
お疲れさまでした~
南八ヶ岳230723-092449blog
車、増えてますね~
さすがに満車状態だったようですね~

無事に下りてきました。
今シーズン初のテント装備、重かったよ~



下山後のお楽しみ

温泉は、こちら
南八ヶ岳230723-103458blog
河童の湯
蓼科高原の方面へ少し走ったところです。
かけ流しの温泉で、ぬるめの露天風呂、最高でした~♪


そして、最後の〆
南八ヶ岳230723-112537blog
蕎麦街道?にある蕎麦屋「登美」さんで、十割蕎麦をいただきました♪

やっぱり、本場?の蕎麦は旨いですね~


・・・最後の〆はまだありました(笑)
南八ヶ岳230723-123237blog
諏訪SAでマスカットソフト♪

本当にお疲れ~

関連記事

北アルプス三千メートル峰縦走(槍ヶ岳から南岳へ)~その1

令和5年8月4日(金)~8月6日(日)

2023年夏山シーズン2回目の山旅は北アルプス
どこからでもひときわ目立つ憧れの山
槍ヶ岳へ♪

槍ヶ岳へ至るルートは数多くありますが、
稜線までテントを担ぎ上げる自信のないボクんち登山隊(笑)
比較的無理のないテン場が選択できるルート・・・
ということで、ベースキャンプはババ平か槍平ということに(^^;

今回は、新穂高温泉から槍平を経由するルートを選択しました。
このルート、大雨の後、沢が増水して通行できなくなる箇所があることから、ある意味避けられがちなルートなんですが、この時の天気予報では、それほどの大雨の心配はなさそう・・・

前日の夜に京都を出発し、4時間半ほどかけて鍋平の登山者用駐車場に到着。
本当は、新穂高深山荘のところの無料駐車場に駐車したいところだったのですが、午前1時過ぎの時点で予想通り満車でした(^^;
でもまぁ、鍋平のこの駐車場、舗装されていているし、きれいなトイレもあるし、登山口までの距離以外は文句なし(笑)
しいて言えば、登山口近くの登山者用有料駐車場、開けておいてほしかったな~

朝6時・・・
槍→南岳230804-060802blog
いい天気です♪
サクサクっ?っと準備をして、出発。

駐車場から30分ほど急な連絡道を下ると、ようやく新穂高の登山指導センターに到着
槍→南岳230804-080552blog
ここで、登山届を提出して、いざ、登山開始!

といっても、しばらくは車の走れる林道です。
車が走れるんだったら、ホント乗せてほしい(^^;

穂高平への近道との分岐
槍→南岳230804-084402blog
いきなりハシゴからはじまる険しいルート?
テント泊荷物も重いので、ここはパスして・・・
槍→南岳230804-085327blog
引き続き、車の走れる林道をテクテクと・・・


穂高平小屋に到着
なんだか、年季の入った趣のある山小屋です。
ここでちょっと一休み。
槍→南岳230804-090935blog
山小屋の方のものと思われる車が停まってました。
ずーっと車の走れる林道だったので当然ですが・・・
八ヶ岳美濃戸口の林道と比べても、格段にいい道だったので、この辺りに駐車場を作ってくれたらいいのにね~(^^;


穂高平小屋から30分ほど林道を登ると・・・
槍→南岳230804-100530blog
白出沢口です。
ここから、穂高岳山荘に直登するルートが分岐しています。
一気に1,500メートルほど登るルート・・・いかにも険しそう・・・

車の走れる林道は、この白出沢まで。
槍→南岳230804-100939blog
沢を渡ると、いよいよ本格的な登山道のはじまりです。


荒れた沢に出ました。
槍→南岳230804-103359blog
すごい荒れているな~と思いながらちょこっと休憩してしまいましたが・・・

こんな看板がありました(^^;
槍→南岳230804-104446blog
7月13日の豪雨で出来たばかりの新しい沢・・・
危ない危ない(^^;

自然の緊急避難場
槍→南岳230804-110007blog
大きな岩の裂け目?
雷雨の時なんかは、 避難できそうですね。

ようやく滝谷まで登ってきました。
滝谷の手前にある滝谷避難小屋
槍→南岳230804-112905blog
トイレもありました。
10人程度は充分に避難できそうです。

そして、滝谷
このルート、たくさんの涸れ沢を渡りますが、この滝谷だけは、轟轟と水が流れています。
槍→南岳230804-114214blog
急流にかかる一本橋・・・

大雨が降ると、ここが増水して渡れなくなるそうですが・・・
増水していなくても、落ちたら大変ですね~(^^;

滝谷を見上げると・・・
槍→南岳230804-114301blog
上流に大きな滝、上部の尾根は北穂か大キレットか・・・


滝谷から小一時間・・・
木道が出てくると、槍平小屋までもう少しです。
槍→南岳230804-123806blog
見えてきました!
槍平小屋!
お疲れさまでした~

この日の行程は、ここまで。
槍→南岳230804-141412blog
ここにテントを張ります。
テント場は、比較的平坦で、快適な予感♪
水は豊富で、トイレもきれいに掃除してありました。

テントを張ってから、小屋で軽食でも・・・と見に行きましたが・・・

午後1時半の時点で既に軽食営業終了とのこと!!
早いよ~(^^;

そんなわけで、遅めのお昼はこれ。
槍→南岳230804-133918blog
カップヌードル(1個500円)となりました(^^;
でも、これはやっぱり王道!旨いんですよね~

そのまま飲んだくれのまったりタイムに突入(笑)

もう、食って飲んでばっかりですが・・・至福の時間です(^^;
槍→南岳230804-161323blog
飲みながら、早めの夕食・・・(笑)

アルコールで気持ちよ~くなったところで、午後6時過ぎにはテントに引っ込んでしまいました(^^;
テントに引っ込んだところで、パラパラと雨の音・・・
ガスが出てきていたもんな~
明日はどうなることやら・・・
~ その2へつづく ~
関連記事

北アルプス三千メートル峰縦走(槍ヶ岳から南岳へ)~その2

翌朝?午前2時起床!
テントの外に出ると、満天の星空!!
槍→南岳230805-023954blog
ほぼ満月の月明りが明るすぎて、星の数はちょっと少な目だったかも(^^;
なんだか、いい予感しかしない!!

午前2時40分ころ、槍ヶ岳目指して出発です!

ヘッドライトと月明りを頼りに、飛騨沢ルートをひたすら登ります。
1時間半ほどで、標高2,500メートルを超え、森林限界を抜けてきました。

 一気に展望が開けます♪
槍→南岳230805-041108blog
槍ヶ岳、見えてきましたね~
槍ヶ岳山荘の灯りも綺麗です。

振り返ると、笠ヶ岳
槍→南岳230805-041719blog
山の中腹に見える灯りは、鏡平山荘ですね~


飛騨沢ルートの千丈分岐からは千丈乗越へ

空が明るくなってきて
槍→南岳230805-043706blog
焼岳と乗鞍岳・・・綺麗です~


西鎌尾根の千丈乗越まで登ってきました。
槍→南岳230805-044201blog
槍まで一直線!!

西鎌尾根まで登ってくると、北側の展望が開けます。
槍→南岳230805-044223blog
もうすぐご来光ですね~
ちょうど槍の向こう側から昇ってくる感じなので、ちょっと見れそうにないですね~


しかし、この大展望!
槍→南岳230805-044446blog
西鎌尾根の双六へ続く稜線・・・

素晴らしすぎて、見とれてしまいます。
全然前に進まない(^^;
槍→南岳230805-044900blog
赤岳、硫黄岳の向こう側には、鷲羽岳、水晶岳、黒部五郎岳も♪


だれもいない尾根を独り占めして空中散歩♪
槍→南岳230805-045337blog
早起きした甲斐があったというもの♪


笠ヶ岳に槍の影が映ってます♪
槍→南岳230805-051858blog
笠と槍の競演ですね~


ずいぶんと登ってきました。
槍→南岳230805-054034blog
西鎌尾根から続く双六の広い特徴的な稜線・・・
あそこを歩いたのは何年前だったかなぁ・・・


槍ヶ岳近づいてきました。
槍→南岳230805-055044blog
小槍の上にも人が立ってますね~
すごいな~


槍ヶ岳山荘が近づいてきました。
槍→南岳230805-055329blog
尾根までもう少し・・・
槍→南岳230805-055415blog
ハイ、到着です!

澄んだ朝の空気のおかげか、西側も大展望!!
槍→南岳230805-055421blog
八ヶ岳や南アルプス、その左側に富士山もはっきりと見えてます♪

槍ヶ岳、そびえ立ってます。
槍→南岳230805-055432blog
それでは、いざ、槍ヶ岳へ!!

槍ヶ岳の登攀ルートは、登りと下りで分かれています。
槍→南岳230805-055614blog
 まだまだ人は少なそうですが、ハシゴの手前でちょこっと待ちがありそうかな?

待ち時間も至福の時間♪
槍→南岳230805-055608blog
こんなにはっきりと富士山が見られたのって、久しぶりかも・・・
前回の八ヶ岳からは、ほとんど霞んでましたからね~

槍→南岳230805-060259blog
結構険しい登りですが、足場がたくさんあるので、問題はありません。


景色を楽しみながら・・・
槍→南岳230805-060302blog
小槍・・・あれは登れそうな気がしないなぁ(^^;



槍ヶ岳山荘が随分下の方になってきました。
槍→南岳230805-060841blog
こうしてみると、なかなかの高度感です。


山頂への最後の長いハシゴ・・・
槍→南岳230805-061856blog
これを登りきると・・・


360度の大展望がお出迎え♪
槍→南岳230805-062116blog
南東方面・・・
槍→南岳230805-062143blog
南方面・・・穂高へ続く稜線
槍→南岳230805-062149blog
笠ヶ岳・・・奥に見えているのは白山でしょうか・・・
槍→南岳230805-062814blog
北方面・・・北アルプス最奥の山々が勢ぞろいしてます♪
槍→南岳230805-063528blog
東方面・・・東鎌尾根からぐるっと続く、常念岳に続く稜線、素晴らしいですね~



三角点ゲット!!
槍→南岳230805-062318blog
標高3,179.7メートル
槍→南岳230805-063201blog
日本で三番目に高い山に登頂成功です!!

これまで、いろんな山の上からこの山を見て歓喜してましたが、
登ってみると、これはまた感慨深いものです。
おそらく、日本では富士山の次に目立つ山
独立峰でないことを考えると、一番象徴的な山なのかもしれませんね。

山頂は、比較的タイミングが良かったのか、登ってこられる方が少なく、
静かに穏やかに、たっぷりと至福の時間を過ごすことができました♪


下山も階段からスタートです。
槍→南岳230805-064712blog
下山路の方が、優しいコース設定となっている様子
しっかりと整備されていますので、特に問題なく下りられます。
人が多いと、そういうわけにはいかないのでしょうが・・・


槍ヶ岳山荘に下りてきました。
槍→南岳230805-071453blog
お目当てのオリジナルTシャツとタオルをゲット!
Tシャツはサイズ切れが多く、パパは断念( ;∀;)

軽く食べようと思っていたのですが、軽食営業はまだ・・・
槍クッキーもプリンも売り切れでした( ;∀;)
槍→南岳230805-071944blog
小腹を満たすために、豚汁とシーフードヌードル(笑)
今回の山旅、カップヌードルとご縁があるようです(^^;

しかしまぁ、山で食べるカップヌードルの旨いこと旨いこと(笑)
槍→南岳230805-072141blog
日本三位の山から日本一の山を展望しながらの至福の時間でした♪


~ その3につづく ~
続きを読む
関連記事

北アルプス三千メートル峰縦走(槍ヶ岳から南岳へ)~その3

槍ヶ岳山荘で至福の時間を過ごしたボクんち登山隊
槍→南岳230805-074558blog
槍ヶ岳から南岳まで三千メートル峰の稜線歩きスタートです。


槍ヶ岳山荘のテン場入口
槍→南岳230805-074929blog
ここでテント泊できたら最高でしょうけど・・・
とても重くて担いで来れない( ;∀;)


飛騨乗越
槍→南岳230805-075744blog
飛騨ルートをそのまま登ってくれば、ここに辿り着きます。
でも、やっぱり、千丈乗越からのルートの方がおススメかも・・・


カールにあるのが殺生ヒュッテ
尾根にあるのがヒュッテ大槍
槍→南岳230805-075818blog
その先の稜線上にあるのがヒュッテ西岳
その先の稜線上にあるのが常念小屋

4つの山小屋がほぼ一直線上に並んで見えますね~♪


槍ヶ岳に続く稜線・・・
槍→南岳230805-081517blog
この角度も、なかなかどうして素晴らしい!!


大喰岳登頂!!
槍→南岳230805-082040blog
標高3,101メートル
日本で10番目に高い山です。
槍をバックに、セルフタイマーで撮ってみました。


常念岳と手前に西岳
槍→南岳230805-082627blog
西岳にも行ってみたいな~


登山道直下に雪渓がありました。
槍→南岳230805-084303blog
おいおい、その雪玉どうするつもり?(笑)


中岳に続く稜線・・・
槍→南岳230805-085021blog
ご機嫌な空中散歩ですね~♪


中岳への最後の登り
槍→南岳230805-090022blog
ハシゴもあって結構険しい・・・

でも、景色は最高!!
槍→南岳230805-090919blog
右からジャンダルム、奥穂、涸沢岳、北穂・・・
南岳小屋も見えてきましたね~


中岳登頂!!
槍→南岳230805-091316blog
標高3,084メートル
日本で12番目に高い山です。
ここでも、槍をバックに記念撮影♪
もう、最高のルートですね~


中岳の南岳側で雷鳥とご対面♪
槍→南岳230805-092709blog
ヒナを3羽連れてました。

奥の方に、ヒナも映ってるんですが、わかるかな~♪

こんなに近くで姿を見せてくれるなんて♪
槍→南岳230805-092859blog
もう、すっかり長居してしまいました(^^;
天気がいいのに、出てきてくれてありがとう!!


中岳をぐっと下って振り返ると、尖った槍が素敵!!
槍→南岳230805-100428blog
ちなみに、雷鳥に逢ったのは、左の中岳の雪渓の上あたり。


天狗原との分岐
槍→南岳230805-101956blog
ここから、天狗原を経てババ平の方にもつながっているんですね。
天狗池はわからなかったなぁ・・・


南岳の手前で、またまた雷鳥に遭遇!!
槍→南岳230805-102434blog
今度は、ヒナを5羽も連れていました。
槍→南岳230805-102511blog
ここで、またまた長居です(笑)
ほんと、カワイイな~


南岳山頂に到着!!
槍→南岳230805-104249blog
標高3,32.9メートル
日本で17番目に高い山です。
槍→南岳230805-104316blog
この日だけで三千メートル峰を4座も制覇!!
素晴らしい天気で、いい一日になりました~


ちょっと雲が湧いてきましたが、穂高の荒々しい峰々が間近に!!
槍→南岳230805-104533blog
ホント、素晴らしい稜線歩きでしたね~


南岳小屋に到着しました!
槍→南岳230805-105530blog
ここから先、穂高方面は、かの有名な大キレット!!
槍→南岳230805-105756blog
ちょこっと覗いてきましょう♪


獅子鼻という大キレットの展望台から・・・
槍→南岳230805-105912blog
凄すぎる!!
この角度でみると、圧巻ですね~
いつか、ここも挑戦してみたいものです。


振り返ると、槍ヶ岳も雲の中・・・
槍→南岳230805-110823blog
大展望タイムもそろそろ終わりかな?


南岳小屋に戻って・・・

お待ちかねのランチタイム♪
ハヤシライスとチキンカレーをいただきました。
ようやくカップヌードル以外の食事(笑)
槍→南岳230805-112745blog
山で食べるカレーってホント旨いよね~
再び、至福の時間でした~

~ その4につづく ~
関連記事

北アルプス三千メートル峰縦走(槍ヶ岳から南岳へ)~その4

三千メートルの稜線歩きもここで終わり。
槍→南岳230805-120532blog
ちょっとガスってきた南岳新道を下ります。


木の橋・・・
槍→南岳230805-120648blog
なかなかの高度感・・・


尾根上の木道・・・
槍→南岳230805-122706blog
左右が切れていて、これまたなかなか・・・(笑)


救急箱です。
槍→南岳230805-124531blog
シーズン中は設置されているそうで、ありがたいことですね~


どんどん雲行きが怪しくなり・・・
槍→南岳230805-125528blog
ニッコウキスゲが咲いてました♪


で、この後、雨・・・
それも、結構な降り方・・・
南岳新道、急登で苔の生えた岩も多く、濡れると滑ります。
スリップの恐怖と闘いながらの下山・・・
疲れましたね~
これ、登るのも大変だと思います。


結構まとまった雨だったので、写真もなく・・・

無事、槍平小屋に下りてきました。
槍→南岳230805-143010blog
早速、至福の一本♪

雨の間、小屋内で飲みながら雨宿り(笑)

結構長く降りましたが、小一時間ほどで雨も上がり・・・
槍→南岳230805-183245blog
時には晴れ間もありましたが、パッとしない天気のまま夜を迎えました。

この日も、飲んで食ってのまったりタイムのまま、早めの就寝・・・zzz・・・



翌朝、山旅最終日
槍→南岳230806-050959blog
晴れてます。快晴です。
やっぱり夏山は早めの行動に限りますね~


朝食は、即席の親子丼と味噌汁
槍→南岳230806-054318blog
このお湯を入れたらすぐにできる丼やカレー、かなり旨いですね~


いい天気ですが、テン場は午前中ほとんど山の影
槍→南岳230806-071756blog
テントが乾くわけもなく(笑)
重くなりますが、濡れたまま撤収です。


お世話になった槍平小屋
槍→南岳230806-072603blog
できれば、もう少し軽食営業の時間を延ばして欲しい・・・(^^;


下りは、やっぱり足取りも軽く・・・
槍→南岳230806-081147blog
あっという間に滝谷です。
昨日の雨の影響もなく、問題なく渡れる様子。
よかったよかった(^^;

いい天気なので、笠ヶ岳の尾根もきれいに見えます。
槍→南岳230806-092123blog
こういう景色を見ていると、元気が出ますよね~


白出沢まで戻ってきました、
槍→南岳230806-092819blog
ここからは、長~い林道歩きです。


高度が下がってきたためか、暑くて暑くて・・・
槍→南岳230806-100136blog
ようやく穂高平小屋に到着です!
いや~長かった~

小腹が空いたので・・・
槍→南岳230806-100803blog
中華そば
槍→南岳230806-100838blog
そして、かき氷♪

いや~、生き返るわ~(笑)
またまた、まったりと至福の時間を満喫してしまいました♪


下りは、近道使ってみました。
槍→南岳230806-104001blog
途中までは、斜面を横切るいい感じの道ですが、
途中から、一気に急斜面を下ります。
槍→南岳230806-104542blog
下の登り口からしばらくが、かなりの急斜面

重い荷物を持ち上げるのはやっぱり大変だったんだろうな~
登りは、近道しなくて正解だったかも♪


近道分岐から25分ほどで、新穂高の登山口に到着!
槍→南岳230806-110709blog
お疲れさまでした~


で、この暑い中、鍋平まで歩いて登る気力もなく・・・
槍→南岳230806-110813blog
文明の利器、使っちゃいまいた~(笑)


あっという間に、鍋平高原
槍→南岳230806-113910blog
すぐにソフトクリームにありつけました(笑)
いや~、いい山旅でしたね~
本当に、お疲れさまでした~










続きを読む
関連記事
プロフィール

LAKEPOLICE

Author:LAKEPOLICE
京都発のオートキャンプと山登り、スキーや子育て遊び場などアウトドアの記録です。グッズの紹介も。

カテゴリ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

▲ポチっとな▼

人気ブログランキングへ

現在の閲覧者数:

最新記事
カレンダー
07 | 2023/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
QRコード
QR