fc2ブログ

山登りにキャンプにスキーに・・・季節のアウトドアを満喫しよう!

蓼科山~スズラン峠から百名山日帰りピストン

令和5年8月25日(金)

8月最後の3連休!
今回も大好きな信州へ遠征登山♪
ただし、天気図がイマイチよろしくない・・・
日本海にある秋雨前線と、太平洋高気圧の縁を回ってくる南風・・・
どこに行っても午後からの雷雨は避けられないか・・・

テント泊や山小屋泊も考えたのですが・・・
この夏、天気に恵まれすぎて、山旅が順調過ぎて、お財布が悲鳴を上げてます(笑)
怪しい天気で小屋泊するほど金銭的余裕がないんですよね~(^^;

それでも行きたい、信州の山(笑)
そんなわけで、まずは、日帰り百名山してきました♪

蓼科山の数ある登山ルートの中から選んだのは、スズラン峠からのピストン
結構な急坂を登るルートですが、蓼科山の醍醐味を味わえそうなルートです。

スズラン峠の無料駐車場は、トイレ付です。
夜中2時前の到着で、駐車車両は数台程度。
さすがに少ないですね~
ただ、ドコモの電波はありませんでした。

朝、ちょっと寝過ぎました(^^;
蓼科山230825-073836blog
目を覚ましたら、既に7時(笑)
涼しいと、よく眠れますね~(^^;
まぁ、結局、この朝寝坊を頂上で後悔することに・・・

登山口は、駐車場から徒歩1分弱
蓼科山230825-073928blog
午前7時40分、登山開始です。

しばらくは、穏やかな登りが続き・・・
蓼科山230825-074136blog

そのうちに笹藪に突入です(^^;
蓼科山230825-080146blog
この笹が結構深く、足元が見えなくていろいろ躓いてしまいます(笑)


小1時間ほど登り、振り返ると・・・
蓼科山230825-083013blog
南アルプスでしょうか?
仙丈ケ岳と甲斐駒ヶ岳かな~
すでに、雲が結構上まで上がってきているのが気になるところですが・・・

急登と平坦な場所が交互にやってきます・
蓼科山230825-085021blog
ここは平坦な幸徳平
ここから先は、急登の連続になります。


八ヶ岳の峰々も姿を見せてくれました♪
蓼科山230825-085423blog
ただ・・・雲が多いな・・・
蓼科山230825-093329blog
そうこうしているうちに、雲がどんどんと沸き上がってきます。
蓼科山230825-093943blog
雲に追われながら、森を抜けたかな!!


上を見ると岩の山と青い空!!
蓼科山230825-093959blog
雲一つない青空が広がっているように見えますが・・・

振り返ると・・・
蓼科山230825-095027blog
ヤバイ!!雲に追いつかれる!!


岩々ゾーンを登りきると、山頂です!!
蓼科山230825-095647blog
まずは、三角点にタッチ!!

標高2,530メートル
蓼科山230825-095814blog
日本百名山の一座 蓼科山登頂です!!


蓼科山の山頂は、広ーい岩っ原
蓼科山230825-100011blog
その中央には、蓼科神社の小さなお社が鎮座されていました。
蓼科山230825-100117blog

山頂の北西端には、標柱も。
蓼科山230825-100421blog
何も書かれていませんが、以前は、山座同定板があったのかも・・・


展望は・・・やっぱり雲が邪魔して・・・(^^;
蓼科山230825-100505blog
麓の、池の平、白樺湖は見えるんですけどね~
車山が見えたり隠れたり・・・
美ヶ原は雲の中
当然、北アルプスなんて全然です(^^;

あと、2時間早く上がってきていればな~
朝寝坊を激しく後悔です(笑)


蓼科山頂ヒュッテに立ち寄り
蓼科山230825-111746blog
山バッチを購入

そして、ちょこっと腹ごしらえ♪
蓼科山230825-110211blog
ちゃんぽんとソーセージセットです。
ビールも欲しいところですが、後に運転が控えているので我慢我慢・・・


ちゃんぽんを食べていると、中学生らしい団体さんが続々と登ってきていいました。

どうやら、関西圏からこられた団体さんの様子・・・
4~5クラスはいたんじゃないかな~
蓼科山230825-111944blog
山頂標の前で、すごい渋滞・・・
あの団体に巻き込まれなくて良かった~


雲に覆われて、展望もほとんどなくなってしまったので、下山します。
蓼科山230825-112221blog
下山は、登ってきた道をそのまま戻ります。

結構な急坂だったので、下るのも気を使いますね~
蓼科山230825-112929blog
さぁ、森に突入!!

・・・ただただ下りなので、これと言って話題もなく・・・


笹藪まで下りてきました。
蓼科山230825-123844blog
ほとんど全身が隠れてしまってます(笑)


そうこうしているうちに、登山口に到着です!
蓼科山230825-125739blog

登山口の車道を挟んで反対側には、女乃神茶屋
蓼科山230825-125741blog
営業されていないのが残念ですが、いい目印になりますね~


これで、百名山は29座目のはず・・・
いつでも行けるって思って後回しにしていた山ですが、なかなか登りごたえのある山でした。
やっぱり百名山の名は伊達じゃないですね~


麦草峠からにゅう、中山、高見石、丸山と周回トレッキング

令和5年8月26日(土) 晴れ後雨

蓼科山からの下山後、茅野市街で食料を買い込んで麦草峠へ
麦草峠の公共無料駐車場で車中泊させていただきました。
にゅう+α230826-052246blog
翌朝、なんとか晴れている様子♪
前日の反省から、この日は早出しました。

麦草ヒュッテのある峠に差し掛かったころ・・・
にゅう+α230826-052604blog
なんと、タイミングのいい!!
ご来光に出くわしました♪
峠のちょうど鞍部から太陽が昇ってきてました。
時期的にもナイスなタイミングだったみたいです♪


麦草ヒュッテは、朝ごはん提供の時間?
にゅう+α230826-052629blog
なんだか、まだひっそりとしています。

にゅう+α230826-052956blog
まずは、白駒池を目指します。
にゅう+α230826-054035blog
苔生した森の木立の間から、陽光が差し込みます。
にゅう+α230826-054134blog
このいい雰囲気の森は、黒曜の森というそうで・・・


今度は、日本庭園のような美しい奥庭♪
にゅう+α230826-054503blog
名前がついていました。
にゅう+α230826-054704blog
白駒の奥庭というそうです。


白駒池の有料駐車場から白駒池に続くルートは
にゅう+α230826-054913blog
こんな感じの広い木道です。
こうなってくると、登山道というよりは、観光ルートですね。

歩きやすくて楽チンなこの森は・・・
にゅう+α230826-055119blog
白駒の森と命名されてました。
にゅう+α230826-055343blog
高見石方面との分岐を越えてしばらく進むと・・・

白駒池です!!
にゅう+α230826-055828blog
なんと、美しい!!
紅葉期はもっとすごいことになるんでしょうね~
是非、紅葉の時期に来てみたいものです。

池のほとりにたたずむ白駒荘
にゅう+α230826-060020blog
館内では豪華そうな朝食の準備をされていました。


白駒池の畔に沿って少し歩くと・・・

青苔荘です。
にゅう+α230826-060855blog
こちらは、キャンプ場も併設されています。
にゅう+α230826-061534blog
森に囲まれて土台もあり、快適に過ごせそう・・・


青苔荘の先、池の畔に広がる苔生した森・・・
にゅう+α230826-062137blog
この辺りの森は、圧巻でした。
にゅう+α230826-062303blog
幻想的な雰囲気は、今にもコダマやシシ神様が出てきそう・・・
にゅう+α230826-062332blog
もののけの森というそうです。
某大作アニメ映画からの引用だと思いますが、なんともまぁ、ピッタリなネーミング・・・


もののけの森を抜けると、白駒池の畔から道は二つに分かれます。
にゅう+α230826-062923blog
左のにゅう方面へ。


開けた場所にでました。
にゅう+α230826-063957blog
白駒湿原というそうです。
小さな湿原ですが、木漏れ日が素敵ですね~

にゅう+α230826-065342blog
湿原の先には、にゅうの森
にゅう+α230826-065500blog
いい雰囲気の森には、こうして名前がついています。


白樺尾根方面との分岐です。
にゅう+α230826-065542blog
ここから、にゅう方面の急登へ。
にゅう+α230826-071809blog
この大きな岩を回り込んで、少し登ると・・・

展望が開けました!!
にゅう+α230826-072634blog
奥に見えるのは、北アルプス!!
槍穂高も見えていますね~


はい!おつかれさま~
にゅう+α230826-072811blog
にゅうの山頂です。
にゅう+α230826-073120blog
三角点もゲット!!


にゅうは、森から突き出た岩のピークです。
にゅう+α230826-073137blog
白駒池も見えてますね~
にゅう+α230826-073142blog
雲が湧いてきていますが、槍様にも逢えてよかった~
にゅう+α230826-073145blog
南方面には天狗岳
にゅう+α230826-073210blog
その先には、硫黄岳の爆裂火口もかろうじて見えています。

東方面は、大雲海!!
にゅう+α230826-073431blog
これはこれで圧巻ですね~

山頂で、大展望を満喫しているうちに、どんどんと雲が沸き上がってきていました。
これ以上展望がよくなることはなさそうでしたので、次を目指します。
にゅう+α230826-080114blog
まずは、中山峠方面へ。
にゅう+α230826-083351blog
森の尾根道を緩やかに登っていきます。

中山峠方面との分岐
にゅう+α230826-083940blog
コースタイム20分ほどで黒百合ヒュッテまでいける地点ですが、ここは寄り道せずに中山方面へ。

はい。
にゅう+α230826-085036blog
中山の山頂です。
山頂は展望ありませんが・・・

すこし西に進むと・・・
にゅう+α230826-085458blog
広ーい岩の展望台にでました~
にゅう+α230826-085724blog
雲がなければ、素晴らしい展望なんでしょうけど・・・
雲がどんどんと上がってきてダメですね~(^^;

待っていても展望はダメそうなので高見石方面へ
にゅう+α230826-093405blog
少し下ると、またまた雰囲気のいい森です。
にゅう+α230826-094657blog
オコジョの森というそうで・・・


高見石小屋に到着しました!!
にゅう+α230826-095301blog
なんだか、人が多くて賑やかです。

休憩前に、小屋の裏側の高見石へ。

大きな岩をチョイチョイと登ると・・・
にゅう+α230826-100434blog
すぐそこに白駒池!!

なかなかナイスな展望ですね~
にゅう+α230826-100550blog
雲がなければ、天狗岳まで見えそうな感じでしたが・・・


高見石小屋に戻ってきました。
にゅう+α230826-101210blog
ちょうど、軽食営業が始まったタイミングだったのか・・・

売店に結構な列ができてましたので、釣られてとりあえず並んでしまいました(笑)
にゅう+α230826-102958blog
ピザとコケモモジュース♪
にゅう+α230826-103327blog
そして、高見石小屋名物?揚げパンセット♪
どれも美味でしたよ~
たくさんの方が、これを目当てに並んでおられるんですね~
おかげ様で、お腹も一杯になりました~


さぁ、天気が崩れる前に、先へ進みましょう!
にゅう+α230826-105447blog
まずは、高見石小屋の裏側から丸山方面へ

10分ほどで、丸山山頂に到着!
にゅう+α230826-110714blog
三角点もゲット!!
にゅう+α230826-110940blog
ただし、展望はありません。

この丸山のいいところは・・・
にゅう+α230826-112411blog
山腹に広がる苔生した森です。
にゅう+α230826-112844blog
丸山の森というそうです。

麦草峠からほど近い場所で、お手軽に幻想的な風景に出会えます♪
そういえば、この森の中で、座って瞑想されていた方がおられたなぁ・・・


森を抜け、麦草峠が見えてきました。
にゅう+α230826-114407blog
峠の向こう側には、茶臼山や縞枯山が間近に見えるはずですが・・・
やっぱり雲のなかですね~
にゅう+α230826-114454blog
麦草ヒュッテも見えてきました。


麦草ヒュッテに到着です。
にゅう+α230826-114757blog

そのまま、麦草峠の公共無料駐車場へ。
にゅう+α230826-115105blog
駐車場は、満杯状態でした。
ただ、付近に路上駐車はありません。
素晴らしいマナーですね~
おかげで、最後まで気持ちのよい山旅でした~


駐車場について間もなく、雨がパラパラと・・・
早出して良かった~♪
続きを読む
関連記事
プロフィール

LAKEPOLICE

Author:LAKEPOLICE
京都発のオートキャンプと山登り、スキーや子育て遊び場などアウトドアの記録です。グッズの紹介も。

カテゴリ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

▲ポチっとな▼

人気ブログランキングへ

現在の閲覧者数:

最新記事
カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
QRコード
QR