山登りにキャンプにスキーに・・・季節のアウトドアを満喫しよう!

コールマン ステンレスファイアープレイスM

ステンレスファイアープレイスM

キャンプの必需品『焚き火台』です。
はい。本当に必需品です。
テントの次に必要なくらい、必需品です。

焚き火
↑ 我が家の火遊び ↑

キャンプに行って、何するの?って問いかけには、迷うことなく「焚き火」と答えます。
焚き火こそ、キャンプの最大の目的!
焚き火がキャンプの全て!
焚き火のないキャンプなんて・・・

とにかく、一度焚き火の魅力にとりつかれたら、もう病みつきになります。
焚き火をするためにキャンプに行く人って、決して少なくないはず!

というわけで、直火禁止のキャンプ場が多い中で、焚き火台は必需品です。

いろいろなメーカーから焚き火台が発売されていますが、我が家はこれ。
ごついですが、焚き火はもちろん、ダッチオーブン料理からバーベキューまでいろいろ活躍してくれます。
持ち運び収納時には、びっくりするくらいコンパクトになります。

コールマン ステンレスファイアープレイスM


コールマンから発売されているファイアープレイスは、大小2種類あります。
通常サイズ?が 税込価格: 12,915円

重量
約8.0kg
材質
ステンレス、他
付属品
焼網、収納ケース
使用時サイズ
約41×40×34(h)cm
焼面サイズ
約30×31cm
使用燃料
炭&薪

Mサイズが 税込価格: 22,890円
本体サイズ
焼面:約35×46cm
重量
約9.0kg
材質
ステンレス、他
使用時サイズ
約50×50×44(h)cm
焼面サイズ
約35×46cm
サイズ
約50×50×44(h)cm
付属
焼網、収納ケース

さて、どちらを選択するかが問題ですが、我が家はMサイズを選択しました。
で、使用感ですが・・・
大は小を兼ねるといいますが、でかいです。
12インチ程度のダッチオーブンであれば、通常サイズで十分。
大きな焚き火を楽しむなら(薪の消費は激しいですが・・・)Mサイズ!
あとは、好みでしょうね。
値段の差が大きいので、通常サイズが間違いなくお買い得なのでしょうが・・・
(アマゾンなら、8,000円台で入手できます)

キャンプをする方で、まだ焚き火をしていない方。
ぜひぜひ一度お試しあれ。 

   

関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダッチオーブン スペアリブ

ダッチオーブンについての情報を紹介しています。今話題になっているダッチオーブンの関連の情報も紹介しています。このダッチオーブンの情報があなたにとってお役に立てることができればうれしく思います。ダッチオーブンの最新情報は・・・さぁ~波に乗っていきましょう...
プロフィール

LAKEPOLICE

Author:LAKEPOLICE
京都発のオートキャンプと山登り、スキーや子育て遊び場などアウトドアの記録です。グッズの紹介も。

カテゴリ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

▲ポチっとな▼

人気ブログランキングへ

現在の閲覧者数:

最新記事
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
QRコード
QR