プロフィール

LAKEPOLICE

Author:LAKEPOLICE
京都発のオートキャンプと山登り、スキーや子育て遊び場などアウトドアの記録です。グッズの紹介も。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

ボクんちのすきなこと♪
山登りにキャンプにスキーに・・・季節のアウトドアを満喫しよう!
北アルプスの中心で山の日を!5
平成28年8月10日(水)~13日(土)

今年の夏山は、北アルプスの中心に行ってきました!


山に入って4日目、8月13日(土)です。

この日は朝からガス。
テントも夜露でベッショリ(>_<)

これまでの天気が良すぎたんでしょうね。
贅沢言ってはいけません。

ふと見上げると・・・
朝靄の中、西鎌尾根樅沢岳方面に歩く人影がとてもキレイだったので、パシャリ。
160813-062758夏の北アルプス20160813001 
子どもたちも、出発前の談笑中。素敵な時間です。


ガスが少し晴れてくる中、出発です。
160813-065826夏の北アルプス20160813002 
この日は、一気に新穂高温泉の登山口まで下山予定。
長距離になりますが、頑張りましょう!


双六小屋が、もうあんなに小さく・・・
160813-070214夏の北アルプス20160813003 
ガスも晴れて来て気持ちがいい!


見上げると、槍穂高の稜線が朝靄の中からほんのりと姿を見せてくれていました。
160813-071300夏の北アルプス20160813004 
こういう景色を見ると、いつもながら元気が出てきます♪


鷲羽岳ともそろそろお別れ。
160813-071405夏の北アルプス20160813005 
いい思い出をありがとう!

160813-073203夏の北アルプス20160813006 
くろゆりベンチに到着です。
結構なアップダウンもありますが、基本下りなので、体は楽です。
 160813-073324夏の北アルプス20160813007 
くろゆりベンチ近くに咲くクルマユリ。
この日もキレイに咲いていました。


笠に続く稜線。
160813-074107夏の北アルプス20160813008 
花見平がすぐそこに見えています。


しばらく行くと、鏡平小屋が見えてきました!
160813-074323夏の北アルプス20160813009 
山の緑と屋根の赤のコントラストがキレイです。


白く光るチングルマ。
160813-074746夏の北アルプス20160813010 
朝露が太陽の光を反射してキラキラしてます。
160813-074854夏の北アルプス20160813011
花見平は、その名のとおり、たくさんの種類の花が咲き誇ってました。
 160813-074908夏の北アルプス20160813012 
青空も出てきてすごく気持ちの良い山歩き♪


弓折乗越に到着です!
160813-080240夏の北アルプス20160813013 
ここで荷物をデポして、ちょっと寄り道♪


弓折岳のピークがすぐ近くにあります。
160813-081424夏の北アルプス20160813014 
10分ほど歩くと、弓折岳山頂です。
160813-081448夏の北アルプス20160813015 
標高2,586メートル。
今回の山行最後のピーク。
笠ヶ岳がすごく近くに見えました♪


弓折乗越まで戻って、鏡平に向けて再出発!
160813-082616夏の北アルプス20160813016 
ここからは、ほとんど下り。
でも、よく整備されているので、すごく歩きやすい道です。

あっという間に、弓折中段。
160813-085010夏の北アルプス20160813017 
やっぱり、下りはずいぶん楽です。
すごく早くたどり着いたような気がしました。


そうこうしている間に、もう鏡平に到着です!
160813-091037夏の北アルプス20160813018 
ここまでの間、ヘリが大きな音を響かせて周辺を旋回していたのですが・・・
荷揚げのヘリかと思っていたら、なんと救助用のヘリだったようです。
160813-091156夏の北アルプス20160813019 
鍋平小屋の直近から、一人引き上げられていました。
けがでもされたんでしょうか。


鏡平小屋は、たくさんの人で賑わっていました。
9時過ぎの時間帯、登ってくる方と下りてくる方がちょうど重なる時間帯なのかもしれません。
160813-091227夏の北アルプス20160813020 
ここで、大休憩。
160813-091951夏の北アルプス20160813021 
せっかくなので、かき氷をいただきました!
すごくきめ細かい氷で、すっごく美味しかったよ~♪



さてさて、登りの時は、ここ鏡平までが本当にきつく、双六小屋まで12時間もかかったのですが・・・
下りは、双六小屋からここまで、2時間とちょっと。
ずいぶんいいペースで歩いてきました。
でも、ここからが本当に長い道のりなんですよね~


というわけで・・・・

~ つづく ~
関連記事

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://lakepolice.blog45.fc2.com/tb.php/291-9dc6bc41
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

にほんブログ村 アウトドアブログへ

▲ポチっとな▼

人気ブログランキングへ

現在の閲覧者数: