fc2ブログ

山登りにキャンプにスキーに・・・季節のアウトドアを満喫しよう!

紅葉の涸沢カールから屏風の頭へパノラマ大絶景♪

夜明けの涸沢大絶景を心行くまで堪能し…
バリエーションルートであるパノラマルートを使って上高地に下山します。


大ピンチに本当にお世話になった涸沢ヒュッテ(^^;
涸沢カールと屏風の頭230930-072403blog
本当に助かりました~(^^;


パノラマルートとの分岐は、ヒュッテ直下にあります。
涸沢カールと屏風の頭230930-072519blog
難易度は、ザイテングラートと同程度かそれ以上との話…
テン泊荷物なので、ちょっと大変かもしれませんが、行ってみましょう!

分岐から緩やかな登り…
ちょこっと進んで振り返ると・・・
涸沢カールと屏風の頭230930-073602blog
涸沢カールの大展望♪
いや~、素晴らし景観!
さすが、パノラマルートです。

緩やかな登りはほどなく終わり・・・
涸沢カールと屏風の頭230930-074254blog
連続難所のはじまりはじまり(笑)
涸沢カールと屏風の頭230930-075042blog
残雪期にこのルートが閉鎖されている理由がわかりました。
直登できそうなルートもなく、雪氷期はとても通れませんね。

しばらく登って左手を見ると・・・
涸沢カールと屏風の頭230930-080013blog
おおっ~!!槍様登場!!
涸沢カールと屏風の頭230930-080052blog
さすが、北アルプスの盟主
存在感ありすぎです(^^;


これから登る屏風の耳と屏風の頭
涸沢カールと屏風の頭230930-080709blog
最盛期の紅葉と羊雲が秋らしさを醸し出してます。


登山道は、さらに険しくなり・・・
涸沢カールと屏風の頭230930-081358blog
急斜面の難所を登ったり下ったり・・・
涸沢カールと屏風の頭230930-081810blog
時折みえる南岳から槍ヶ岳の稜線が元気を回復させてくれます♪


尾根まで登ってきました!!
涸沢カールと屏風の頭230930-082654blog
徳澤方面の展望が開けます!!
梓川も小さいな~

この辺りの紅葉は最高潮!
涸沢カールと屏風の頭230930-083231blog
ナナカマドの紅葉と槍
絵になりますね~


屏風のコルに到着です。
涸沢カールと屏風の頭230930-083944blog
ここに荷物をデポして、屏風の耳を目指します。


赤と黄色と緑と空の青
涸沢カールと屏風の頭230930-085058blog
本当に美しすぎますね~


途中、水たまりがありました。
涸沢カールと屏風の頭230930-085124blog
水面に紅葉が映しだされ、すごく綺麗♪


紅葉尾根の空中散歩♪
涸沢カールと屏風の頭230930-085651blog
この大絶景を見ながらの空中散歩
涸沢カールと屏風の頭230930-085908blog
最高すぎます。


屏風の耳に到着
涸沢カールと屏風の頭230930-090344blog
三角点があります。

標高は、2,565メートル
360度の大展望です。


横尾谷から続くカールと、その山の向こうに槍ヶ岳!
涸沢カールと屏風の頭230930-090625blog
そこから、左手前に南岳、大キレットへと続く稜線・・・

こちらは、前穂に続く稜線と、そこから右へ、吊り尾根を経て奥穂高岳。
涸沢カールと屏風の頭230930-090636blog
すばらし大絶景です。
屏風の頭の向こうには、常念や大天井も見えるはずなのですが・・・

というわけで、せっかく来たので、屏風の頭まで行ってみます。


屏風の耳から頭までのルートは、道なき道(^^;
涸沢カールと屏風の頭230930-091616blog
バリエーションルート中のバリエーションルート
木々が生い茂って、ずーっと藪漕ぎ(^^;
耳から15分ほどですが、なかなかハードです。

でも、頭に到着してみると・・・
涸沢カールと屏風の頭230930-093203blog
耳からは見えなかった常念や大天井の素晴らしい稜線が目の前に!!


槍へと続く西鎌尾根の稜線もずーっと続いて見えます。
涸沢カールと屏風の頭230930-093331blog
それにしても、紅葉が美しい!!
この時期にしか見られない大絶景ですね~


涸沢カールも真正面から眺める位置
涸沢カールと屏風の頭230930-093356blog
ほんと、すごい景色ですよね~


屏風の耳から前穂高岳に続く稜線
涸沢カールと屏風の頭230930-093414blog
紅葉最盛期の稜線と、荒々しい前穂の姿がかっこよすぎです。


屏風の頭
涸沢カールと屏風の頭230930-093423blog
誰もいないピークで、のんびりと大絶景を楽しめました。
涸沢カールと屏風の頭230930-093531blog
この時、この景色はボクんちだけのもの。
すばらしい景観を(人''▽`)ありがとう☆!!


屏風の耳に戻ります。
涸沢カールと屏風の頭230930-095639blog
このルートはほんと無いに等しい・・・(^^;
藪をくぐりながら・・・途中、道を間違えると危険な箇所もあったので、要注意です。


屏風の耳まで戻ってくると、ヘリの音が・・・
涸沢カールと屏風の頭230930-101047blog
どうやらレスキューのヘリのようです。
横尾谷のあたりを捜索されている様子・・・
遭難事故でもあったかな~
(後日ニュースで出てました。やっぱり遭難事故だったようです。無事に救助されたそうで、良かったですね~。県警山岳救助隊の皆様、ありがとうございます。)


ふわふわ綿毛のチングルマ♪
涸沢カールと屏風の頭230930-102515blog
葉っぱが赤く染まって、きれいですね~


屏風のコルでデポした荷物を回収し、徳澤側に下山します。
涸沢カールと屏風の頭230930-111832blog
このルート、特に危険個所はありませんが、長くて急で、登るのはツラそう・・・(^^;



奥又白谷まで下りてきました。
涸沢カールと屏風の頭230930-121230blog
長かった~
ここで、奥又白池方面と分岐します。
奥又白池の方に行くと、前穂の東壁ですね。

そっちにはいかずに、徳澤方面に谷沿いを下ります。


林道まで下りてきました、
涸沢カールと屏風の頭230930-125446blog
梓川を渡る新村橋は架け替え工事中。
10分ほど下流に行ったところに仮橋が架けられています。
涸沢カールと屏風の頭230930-125656blog
ヤマレコの地図では、少し下流まで行き過ぎて折り返すルートが表示されていますが、実際は、林道から仮橋に最短でつながるルートがあります。


仮橋を渡れば、ほどなく徳澤。

徳澤園で、遅めの昼食をいただきました。

繁忙期のためか、軽食メニューはカレーとピザのみ。
涸沢カールと屏風の頭230930-131443blog
そのカレーも、我が家が注文したあと、ほどなく売り切れとなっていました。
危ない危ない、危うく食いっパグれるところでした(^^;

食後のデザートに、コーヒーソフト♪
涸沢カールと屏風の頭230930-132325blog
これ、コーヒーがすごく美味しく、ソフトクリームがそれをさらに引き立てて最高なんです。


明神まで戻ってきました。
涸沢カールと屏風の頭230930-142216blog
予報どおり、雲が増えてきました。
ただ、凛々しい山頂は見えているので、大満足です♪

登山道脇で、草の実を食むニホンザル・・・
涸沢カールと屏風の頭230930-143115blog
人間のことは殆ど気にしていない様子・・・
外国の方が、珍しそうに写真を撮っておられました。


河童橋まで戻ってきました。
涸沢カールと屏風の頭230930-151017blog
午後3時過ぎ・・・観光客がピークの時間帯なんでしょうか・・・
凄い人です。
そして、穂高の稜線は雲の中・・・
1日短縮して下りてきて正解だったかな?(笑)


涸沢カールと屏風の頭の紅葉と大展望
とんでもないハプニングはありましたが、結果的に最高の山旅になりました♪

おしまい。





この日の夜、平湯温泉で1泊したんですが、夜は雷雨でした。
涸沢カールも結構な雷雨に見舞われたんじゃないかな~・・・



関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

LAKEPOLICE

Author:LAKEPOLICE
京都発のオートキャンプと山登り、スキーや子育て遊び場などアウトドアの記録です。グッズの紹介も。

カテゴリ

にほんブログ村 アウトドアブログへ

▲ポチっとな▼

人気ブログランキングへ

現在の閲覧者数:

最新記事
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
QRコード
QR